■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】中日・木下雄介投手(27)が新型コロナワクチン接種で死亡か、東京と大阪の百貨店で最悪規模のクラスター発生!、管理人の新型コロナ(プチ)症状報告!

【ゆるねと通信】中日・木下雄介投手(27)が新型コロナワクチン接種で死亡か、東京と大阪の百貨店で最悪規模のクラスター発生!、管理人の新型コロナ(プチ)症状報告!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年8月6日号)

中日・木下雄介投手(27)が新型コロナワクチン接種で死亡か!?マスコミは「死因・ワクチンとの因果関係ともに不明」と報じる!

ドラゴンズ木下雄介投手死去 練習中に意識を失い入院・3日に死去 27歳

~省略~

木下さんは7月6日、名古屋市のナゴヤ球場で練習中に意識を失い、救急車で搬送され入院しました。そして、転院した病院で8月3日に亡くなったということです。

木下さんは大阪市出身。2016年の育成ドラフトで中日ドラゴンズに指名され入団。2018年に支配下登録選手となり、昨シーズンは1軍でセーブをあげるなど18試合に登板しました。

今季は更なる活躍が期待されていましたが、3月のオープン戦で右肩を脱臼し、復帰に向けリハビリを続けていました。

木下さんは6月28日に新型コロナワクチンの1回目の接種をしていました。

死因は明らかにされていません。

【CBC 2021.8.6.】

中日・木下雄介投手がワクチン接種後に「重篤」危機 専門家は「接種を忌避しないで」と訴え

~省略~

木下投手は2016年秋のプロ野球ドラフト会議で中日から育成選手枠1位の指名を受け、将来を嘱望されていた一人だ。

「木下はコロナのワクチンを接種したばかりでした」

と語るのは、さる球団関係者だ。

「接種から数日後、彼は名古屋市内の練習場でかなり力の入った激しい運動をしていました。その最中に倒れ、大学附属病院に運び込まれたのです。容体は現在、重篤で……」

声を詰まらせて続けるに、

「まず心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んでいます。人工呼吸器を外すこともできません。奥さんが付きっきりですが、ショックを受けておられて気安く声をかけられるような雰囲気ではない。この事実を知っているのは、与田剛監督はじめ首脳陣と、ごく限られた一部の選手だけです」

~省略~

ともすればワクチン忌避感情を助長しかねないこの一件。東京歯科大学市川総合病院の寺嶋毅教授は、過度に接種を恐れる必要はないと指摘する。

「ワクチンの恩恵をもっとも受けるのは高齢者ですが、20~30代の若年層であっても重症化する危険性や後遺症に悩まされるリスクがそれなりに存在する以上、接種のメリットは大きいと言えます。また、ワクチンは自身の感染を予防しながら、それを通じて周囲への感染拡大を防ぐという効果も期待されています。家族や大切な人たちを守ることを考え、また自らが感染を広げる一因とならないためにも、やはり接種は推奨されるべきでしょう」

~省略~

【Yahoo!ニュース(デイリー新潮) 2021.7.28.】


出典:Wikipedia

当サイトで以前に大きく伝えた、新型コロナワクチン接種後に倒れ、重篤な状態に見舞われてしまっていた中日・木下雄介投手が、そのまま息を引き起ったとのことです。
前の新潮の報道を見聞きする限り、かなり状態が良くないことを感じていましたが、ご覧のように、木下投手以外にも、新型コロナワクチン接種後に心臓や脳に深刻な異常が発生する事例が多発しております。
まったくもって、なんという恐ろしい「殺人ワクチン」なんだ。。。
弱冠27歳の若者ですらも「接種後1週間は激しい運動厳禁」とは、、、一体どれほどの危険な成分が入っているんだろう。

おまけに、ネット上でも、ワクチン接種後に(木下投手とよく似た)心臓や脳に深刻な症状を訴えるケースが大量に寄せられているし、本来であれば、一刻も早くに接種を一旦中止すべき事態なのではと思うけど…行政やマスコミの動きを見ると、史上最悪の感染爆発を口実に「受けていない人は一刻も早くワクチン接種を」とより強く呼びかけているありさまだ。

まさに、(イベルメクチンの入手もますます困難になりつつある中)「コロナに感染するか」「人体実験ワクチンを接種させられるか」の2択を迫られつつある状況であり、まさしく、グローバリストの計画が、いよいよ”詰めの段階”に差し掛かってきているのを感じます。

「殺人ウイルス」に「殺人ワクチン」、どちらもグローバル資本勢力による長年の研究成果として生み出された世にも恐ろしい「兵器」であり、なんと、菅政権は、この両方を日本国民に無理やりあてがおうと、あらゆる汚い手を尽くしているような状態だ。
それにしても、ついに木下投手が帰らぬ人になってしまったけど、上の新潮の記事で「過度に接種を恐れる必要はない」「やはり接種は推奨されるべき」と言っている東京歯科大学市川総合病院の寺嶋毅教授は、今も全くその意見は変わらないままなのかな?
そうだとしたら、「多くの人に重篤な副反応が襲い、それなりの人が死ぬけど、それでもワクチンを全ての人が受けるべき」ということになるし、すでに、今の世の中は、悪魔崇拝の狂気の優生思想の連中に完全に侵されてしまった(長く壮大な暗黒時代に突入した)といっていいだろう。

まさしく、過去の2度の大戦とは全く異なった、新しい形の「第三次世界大戦」のさ中にあるということですね。
この先も、(数々の恐ろしい人体の機能を狂わせる基軸が組み込まれた)新型コロナの最新株とワクチンで、おびただしい数の世界市民が死ぬことになるのは確実ですし、グローバリスト政府や大手マスコミの洗脳から完全に脱した、知性と教養ある人々同士で、知恵を出し助け合い、有機的に繋がり合いながら守り合っていくことしか、自分たちの命と健康を守る術はないことを強く再認識しています。

 

東京と大阪の百貨店で最悪規模のクラスター発生!阪神梅田本店128人、阪急うめだ本店34人、伊勢丹新宿店73人、ルミネエスト新宿59人…

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事