■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

ついに日本国内に「ラムダ株」が上陸!東京五輪直前の7月20日に発見されるも、菅政権はこれを全力隠蔽!→海外メディアが報じたことで今頃になって認める!

ついに日本国内に「ラムダ株」が上陸!東京五輪直前の7月20日に発見されるも、菅政権はこれを全力隠蔽!→海外メディアが報じたことで今頃になって認める!
Pocket

どんなにゅーす?

・現在、日本国内にデルタ株が猛威を振るっている中、新たに南米ペルーなどで報告されている「ラムダ株」が日本国内に侵入していたことが判明した。

・NHKの報道によると、7月20日にペルーから羽田空港に到着した30代の女性からラムダ株が検出されたという。

・しかし、海外メディアによると、「東京五輪の開催直前」にラムダ株の日本上陸が見つかった中で、(国際機関には報告したものの)菅政権は国民対してはこれを隠蔽。国民がこの事実を全く知らない間に、すでにラムダ株の深刻な感染拡大が国内で進んでしまっている可能性がある。

国内初 ペルーで確認「ラムダ株」羽田空港検疫 感染確認の女性

~省略~

厚生労働省によりますと、7月20日のペルーから羽田空港に到着した30代の女性が、検疫所の検査で新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。

その後、検体の遺伝子を解析した結果、ペルーなどで確認されている変異ウイルスの「ラムダ株」が検出されたということです。

検疫を含めた国内でラムダ株への感染が確認されたのは初めてです。

国立感染症研究所によりますと、ラムダ株は去年8月にペルーで最初に報告されて以降、南米を中心に感染が広がり、WHO=世界保健機関が「注目すべき変異株」に分類しています。

一方、国立感染症研究所は「感染力やワクチンへの抵抗力が従来のウイルスより強い可能性はあるものの、データが限られている」として、現時点では「注目すべき変異株」に位置づけていません。

厚生労働省は、ラムダ株について「情報が限られているため、現時点では評価が難しい。引き続きWHOや各国政府、専門家と情報を共有しながら監視体制を強化していきたい」としています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.8.7.】

Tokyo Covered Up Arrival of Deadly New COVID Variant Just Before the Olympics

TOKYO—Three days before the Olympics began, on July 20, Japan’s National Institute of Infectious Diseases (NIID) reported to an international organization that the highly infectious Lambda variant had been detected in an airport test in Japan for the first time, but did not announce it widely to the public.

訳:東京オリンピックが始まる3日前の7月20日、国立感染症研究所(NIID)は、日本の空港試験で感染性の高いラムダ変異体が初めて検出されたと国際機関に報告しましたが、一般に公開しませんでした。

~省略~

【dailybeast 2021.8.6.】

東京五輪そのものが事実上の「日本破壊バイオテロ」である重要なファクターがさらに発覚!五輪直前に「ラムダ株」が入り込んだものの、菅政権はこれを全力で隠蔽!

出典:国立感染研

やはりそうでしたか…。
私たちは、東京五輪そのものを「グローバル資本勢力とその下部組織の菅政権による、日本破壊のための一大バイオテロ」であると一貫して疑ってきたけど、実にタイミングよく、五輪開催の3日前に新たな変異株である「ラムダ株」が日本に入り込んでいたものの、菅政権は(当然のごとく)これを全力で隠蔽していたことが発覚したわ。

なんせ、すぐにこれを公表してしまうと、綿密に計画してきた”生物テロ”(東京五輪)が完全に失敗に終わっちゃうからね。
この、日本へのラムダ株の侵入も、あらかじめ「計画されていた流れ」なのだろうし、報道では「ペルーから羽田空港に到着した30代の女性から見つかった」ということになっているけど、これもどこまで本当なのか分からない
海外から来日した選手から自然にウイルスが広がっていっただけでなく、グローバリストの工作員が意図的に研究所で培養したウイルスをばら撒いた疑いだってあるし、とにかくも、「ありとあらゆる可能性」を想定しつつ「何でもあり」との前提で物事を考えていかないと、今や物事の本質を把握したり真相にたどり着くことは難しいだろう。

どちらにしても、今回の報道を見ても、日本列島が史上最悪の感染大爆発に見舞われているのは、「菅政権による東京五輪強行」が直接的に関係しているのは100%確実ですし、この他にも、日本を”地獄絵図”に導くために施された、重大な「秘密の悪行」が数多く隠されていると考えておくのが良さそうね。

ああ。特に東京とその周辺の首都圏地域の感染爆発が尋常ではないことを見ても、人為的な「感染爆発作戦」が行なわれた疑いが極めて強いし、簡単にいえば、ボク自身の嫌な予感が、完全に(ある意味予想していた以上に)的中してしまったということだね…。
このラムダ株が一体どこまで恐ろしいものなのかが現時点ではまだはっきりしていないけど、そう遠くない未来に、その(恐怖の)全貌が明らかになってくるのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事