【ペットの投薬】どうしても薬を飲んでくれない犬猫の「最終兵器」がコレ!

Pocket

にぼしパウダーが最もリスクなく最強の投薬法と思われたものの…

スポンサーリンク

管理人以前に独自に編み出した猫に薬を飲んでもらう方法として、「にぼしパウダー」を紹介したけど、やはりこの方法は100%の方法ではなかったことが明らかに…。

それまではこのやり方(にぼしパウダーに薬をしのばせる)でバッチリ上手くいっていたものの、ある日にエレナがふと薬の存在に気がついてしまってから、成功と失敗が交錯する状況に。

このままだと、成功率がますます落ちる可能性もあったことから、手作りの服薬ゼリーを作ることも検討したけど、その完成度に不安があったことから、やむなく市販のものを探すことに

色々なものが出ている中、ボクが見つけて実際に注文したのが↓これ。

 

その名も「おくすりちょーだい」
味はチーズ味で、水あめを使用していることからかなり粘度が高く、苦い薬を万全に包み込むことが出来るとか。
乳製品はあまり摂らせたくなくないけど、ステロイドを飲んでくれるために少量は止むを得ないと決め、アマゾンで購入。

商品が届き、実際に見てみると、確かにかなりベトッとしていて、薬をしっかり包み込めそうだ。

そして、いざ実際に使用してみる。
なるべく多すぎないように、チューブから少量絞ったものを割りばしに取り、アメ細工のように二本の割りばしで細かく練りながら、ステロイドの小さめの錠剤を完全に包み込む。

そして、いつものご飯(缶詰)の中にちょこんと載せ、軽くその上にご飯を載せてドキドキしながらエレナに食べさせてみた

最初は、いつもと違う匂いにしばし様子を見ていたものの、やがてパクパク食べ始め、最後はきれいに食べてくれた
さすが、かなり粘度が高い上にチーズ味が気に入ったのか、薬が入っていたことは全く気づいていなかったみたいだ。

・・・よって、この「おくすりちょーだい」を使用する作戦は大成功!

始めてから1ヶ月近く経つけど、今のところ、一度も薬を吐き出されたことがなく成功し続けているので、今後もこの商品を愛用し続けようと思う

ステロイドを全く飲んでくれなくなった時は焦ったけど、この商品があって本当に良かった!
ちなみにエレナは、最近少し下痢がぶり返してしまっているけど、体重もほとんど変わらず、元気をキープしている。

・・・

にゃこちゃんセーラーニコニコssaおお!!
エレナちゃん、この服薬ゼリーで、無事に前みたいに薬を飲んでくれるようになったんだにゃ!

それに、ちょっとお腹の調子はイマイチみたいだけど、相変わらず元気みたいでよかったにゃ~!

管理人ありがとう!
かかりつけの先生は今でも腸の腫瘍(リンパ腫)を疑っているみたいだけど、この診断から8ヶ月近く経つので、本当に奇跡だと思っている

今後も引き続き、何かあるごとにエレナの調子をレポしていこうと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA