麻生財務相がまたもヒトラーがらみで問題発言!「何百万人殺したヒトラーは、いくら動機が正しくても駄目だ」→批判殺到し、撤回!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権の麻生財務相が、またもヒトラーに関連する問題発言を行ない、後に撤回、釈明する騒動が発生した。

・2017年8月29日、麻生大臣は派閥の研修会における講演の中で「(政治は)結果が大事だ。何百万人殺したヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくても駄目だ」などと話し、ヒトラーが正しい動機の元に政治を行なったとスピーチ。

・この発言が報道されたと同時に各所から批判が殺到。これを受けて麻生大臣は発言を撤回し、「ヒトラーは動機においても誤っていたことは明らかである」などと釈明した。

スポンサーリンク

「ヒトラー、動機正しくても駄目」=麻生氏が再び問題発言

麻生太郎副総理兼財務相は29日、自らが率いる自民党麻生派の研修会で行った講演で、「(政治は)結果が大事だ。何百万人殺したヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくても駄目だ」と述べた。

ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺の「動機は正しい」と擁護したとも受け取れる発言で、野党などから批判が上がりそうだ。

麻生氏の発言は、所属議員に政治家の心構えを説く中で出た。ヒトラーへの言及に続き、「国民に確たる結果を残して初めて名政治家だったと言われる。人がいいだけでやれるような職業じゃない」と語った。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2017.8.29.】

麻生副総理、“ヒトラー発言”を撤回「動機も誤っていたのも明らか」
またナチス関連の発言を撤回…

麻生太郎副総理兼財務相は30日、派閥の研修会の講演で「ヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメ」と発言したことについて、「ヒトラーを例示としてあげたことは不適切であり撤回したい」とのコメントを出した。

麻生氏は「私の発言が、私の真意と異なり誤解を招いたことは遺憾」とした上で、「政治家にとって結果を出すことがすべてであることを強調する趣旨で、悪(あ)しき政治家の例としてヒトラーをあげた」と釈明。「私がヒトラーについて、極めて否定的にとらえていることは、発言の全体から明らかであり、ヒトラーは動機においても誤っていたことも明らかである」としている。

【ハフポスト(朝日新聞) 2017.8.30.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヒトラーが大好きな麻生財務相がまたも問題発言!批判が殺到し撤回するも、すでに手遅れに…

出典:Sharetube

まーた麻生大臣がナチス・ヒトラー関連の放言をぶちかましたのねっ!
一体どこまでこの人はナチスやヒトラーが好きなのよ!!

ネット上では、自民党サポーターたちが、「ヒトラーの政治家を目指した動機が正しいと言ったのであって、麻生大臣の発言は全く問題ない!」と、一生懸命に麻生氏を擁護しているけど、後になって麻生氏は「ヒトラーは動機としても間違っていた」として全て撤回しているぞ。

ユダヤ人の大量殺害だけでなく、T4作戦による障害者の大量安楽死政策や、優生学思想に基づく人種差別政策など、ナチスドイツは結果だけでなく、課程や思想においても重大な問題が多くあり、そのような意味でも麻生氏の発言はとんでもないものだろう。

ていうか、なんでわざわざこの話の下りでヒトラーが例え話で登場するのかが全く分からんし、「ナチスに学べ」という過去のメガトン級の問題発言といい、この人はよっぽどナチスやヒトラーが大好きで四六時中頭の中がそれらで一杯だとしか思えない

自民党や安倍政権の熱烈な支持者である高須院長もそうだけど、やっぱり日本会議や統一教会などのカルトと繋がる安倍政権は、優生学思想や大日本帝国やナチス、さらには日本に原爆を落とした米戦争屋勢力を賛美する宗教観を持っているとみて間違いなさそうだ。

まったく、とんでもなく危険な集団が、私たちの日本を完全に乗っ取っている状態じゃないのよぉ!!
こんなデンジャラスすぎる奴らがのさばっている限り、私たちの生活が良くなるはずなんか絶対にありゃしないわっ!!

安倍政権や日本会議を見ていると、ドイツのヒトラーもアメリカのトルーマンも、そして大日本帝国の岸信介も、同一の思想や「ある宗教」のもとに、”利益共同体”として一つに繋がっていたことがぼんやりと見えてくるね。

大日本帝国の子孫たちによる現在の政権は、当時の第二次世界大戦を引き起こした危険な戦争屋直属の政権であることがよく分かるし、今回の北朝鮮のミサイル騒動などもまさにそれを象徴しているけど、そろそろボクたちもこうした実態に気がついて、100年以上も前から続いてきた「壮大な詐欺」に気がつくべき段階にさしかかっているんじゃないかな。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket