【陰湿】女子フィギュア、露メドベージェワ選手に中傷の手紙!「悪魔よ、日本から出て行け」「日本人は皆お前を嫌っている」

Pocket

どんなにゅーす?

・ロシアの女子フィギュアスケート選手、エフゲニア・メドベージェワ選手に陰湿な誹謗中傷の手紙が送りつけられていたことが判明。メドベージェワ選手とともにアイスショーに出演したジョニー・ウィアーさんが自身のTwitterで怒りのメッセージとともに明らかにした。

・手紙には、「悪魔よ、日本から出て行け。日本でお前の顔を見たいと思っている人はいない。日本人は皆お前を嫌っている。ロシアに帰れ!日本から出て行け、そしてTCC(トロントクリケットクラブ)から出て行け!」と手書きで書かれており、その犯人像について様々な推測が飛んでいる。

「日本から出て行け!」フィギュア女子・メドベージェワ選手宛てとみられる中傷の手紙をジョニー・ウィアーさんが公表
メドベージェワ選手は「このようなこと(中傷)は一度や、二度、三度目でもない」と綴っている

「日本人は皆、お前を嫌っている。日本から出て行け」

平昌五輪フィギュアスケート女子・銀メダリストで、現在日本で開催されているアイスショーに出演中のエフゲニア・メドベージェワ選手へ宛てたとみられる中傷の手紙が、物議を醸している。

アイスショーに同じく出演したジョニー・ウィアーさんが6月8日、自身のツイッターで辛辣な言葉が並んだ手紙を公表し、明らかにした。

ウィアーさんのツイッターに「IMPORTANT(重要)」と題し、「我々のスケート仲間のある一人が今日、“ファン”からこのメッセージを受け取りました」とした上で、一通の手紙の画像を添付した。

~省略~

ウィアーさんは、選手の名前や誰に当てられた手紙かなどの情報を明らかにしていないが、メドベージェワ選手は8日、自身のインスタグラムのストーリーズ機能を更新しており、手紙が同選手に当てられたものと推測できる。

投稿には、「支えと優しい言葉をありがとう。私は全く気にしてないの。この手紙に私は傷ついてはいないわ。このようなことは一度や、二度、三度目でもないのよ。今日のアイスショーは、この事とは関係なしに素晴らしかった。楽しんでくれることを願ってます。P.S.ジョニー・ウィアーのような最高の友達は私にはもったいない。愛しているわ」と綴り、ウィアーさんへの感謝を伝えていた。

【ハフポスト 2019.6.9.】

犯人は熱狂的な羽生選手のファン!?以前より、メドベージェワ選手と羽生選手の仲を疑ったり、「二人の距離感」に気を揉む声が…

メドベージェワの匂わせインスタに羽生結弦ファンが気を揉む

~省略~

フィギュアスケートのシーズンが開幕し、9月に行われた『オータム・クラシック』で羽生は1位、メドベージェワは2位と幸先のいいスタートを切った。

現在、2人はカナダ・トロント郊外にある「クリケットクラブ」を練習拠点にし、ブライアン・オーサーコーチ(56才)に師事している。

「今季から、メドベージェワ選手が練習拠点をロシアからカナダに変更しました。当時、大の“ゆづファン”である彼女が羽生選手を追いかけたのではないか、という声も少なくなかったです」(スポーツ紙記者)

メドベージェワが、羽生の熱狂的ファンであることは有名だ。恋の相手としても意識していると噂になったこともある。

「共に出場した平昌五輪の控室で仲よくデュエットする姿が目撃されるなど、2人の仲のよさが報道されました。他にも一緒の大会に出るときは、常に羽生のそばにいて周囲の目をはばからずスキンシップをとっている姿が見られています」(フィギュアスケート関係者)

~省略~

そうしたことを知っている羽生ファンは、羽生も写る冒頭の写真を見て息をのんだ。

「てっきりブラウンと親しい仲だと思っていたので、またメドベージェワのインスタにゆづが写っていたのには驚きました。メドベージェワはカナダへ渡る前の5月に、インスタからゆづとのツーショット写真をすべて削除しました。チームメートになるためのけじめだと受け止めていたので、また始まったのかと、ショックを受けています…」

別の羽生ファンも語る。

「彼女は思わせぶりな行動をよくとります。今回もゆづとブラウンが隣同士で写っているのも意味深ですし、“匂わせ彼女”のようなことをするのは、ゆづのファンとしては気が休まりません」

ただの集合写真に見えるが、ファンの心中は穏やかではないようだ。

~省略~

【NEWSポストセブン 2018.10.27.】

出典:YouTube

↓ジョニー・ウィアーさんが公開した、メドベージェワ選手に送りつけられた誹謗中傷の手紙。

ロシア・女子フィギュアのエフゲニア・メドベージェワ選手に対して、陰湿な誹謗中傷の手紙が送りつけられていたことが発覚して、大きな話題になっているわ。
「悪魔よ、日本から出て行け」「日本人は皆お前を嫌っている」なんて、彼女に対する「相当に凄まじい憎悪」を感じるし、私たち多くの日本人からしても迷惑この上ない行為だわ。

ネット上では、「日本のイメージを貶めようとする朝鮮人の仕業なんじゃないか?」なんていう、嫌韓カルト一派による「お馴染みのパターン」の憶測も飛び出てきているけど…ボクが見たところ、どうやら、羽生選手に憧れているメドベージェワ選手を快く思っていない(というか、激しく憎み嫉妬している)「熱狂的な羽生選手のファン」による女性の仕業である可能性がありそうだ。

”それ”を強く示唆しているのが、「TCC(トロントクリケットクラブ)から出て行け」という一文で、18年にメドベージェワ選手が、母国ロシアからカナダ・トロント郊外にある「クリケットクラブ」に練習拠点を移したことについて、「羽生選手と同じ環境で練習したいがために、わざわざ彼女が拠点を移したのではないか?」との声が当初より上がっていたようだね。

ただの”嫌露”のヘイトスピーチ目的だとしたら、この「TCCから出ていけ」との一文は完全に意味不明なフレーズよね。
つまり、羽生選手に積極的に近づこうとしているメドベージェワ選手に激しい嫉妬心や憎悪を持っている女性が、彼女に何度も「執拗に嫌がらせの手紙」を送りつけているものと考えるのが自然のように思えるし、(彼女のコメントをみても)彼女自身もそのことを分かっている可能性がありそうね。

英文の手紙をざっと見ても、完全に冷静さを失っては「怒りの感情」が暴走しかかってる様子を感じるし、明らかに普通の状態ではないように感じられるね。
(ちなみに、デイリーの記事においては、「TCCから出ていけ」の”重要な一文”がなぜかカットされている状況だけど、事の内情や真相を隠そうとする意向が働いたのだろうか?)

というわけで、今回の誹謗中傷は、国家や民族に対するヘイトスピーチというよりも、個人的な嫉妬や恨みの感情が引き起こした犯行の可能性が高いように思えるけど、どちらにしても、このような行為は、日露の関係や交流にも悪影響を及ぼしかねないものだし、メドベージェワ選手本人だけでなく、国内外の多くの人々にマイナスの影響が降りかかりかねない、かなり悪質度の高いものであるといえるだろう。

ほんとにそうだわ。
私自身も、メドベージェワ選手の表現力と情感豊かな演技がとても好きですし、どうか、今回の騒動に悪影響を受けることなく、今シーズンも素晴らしい演技を多く見せて欲しいところだわ。

Pocket