【森友】「ゆうサテ」に自殺した近畿財務局職員の父が登場!財務省OBも実名で強い危機感を口に!「公務員の判断で公文書改ざんなど、有り得ない!」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月25日放送のゆうがたサテライト(テレビ東京)にて、森友事件の公文書改ざんが原因で自殺に追い込まれた近畿財務局職員の父親が登場その無念の思いと安倍政権に対する強い不信感を語った。

・さらには、6名の財務省OBが実名・顔出しで登場。現在の安倍政権による未曾有の行政腐敗について、強い危機感と怒りを口々に語った。

大手マスコミとしては”異例”ともいえる渾身で中身の濃い特集に対し、ネット上では称賛の声が相次いでいる。

森友問題 公文書改ざん 自殺職員の父が語る遺書の中身

学校法人「森友学園」への国有地売却問題。 この問題が明らかになってから1年半以上が経ちました。 公文書の「改ざん」を強いられ、近畿財務局の職員が自殺してから半年、Aさんの父親が初めてテレビのインタビューに応じました。 テレビ東京の独自取材です。

【ゆうがたサテライト 2018.9.25.】

多くのテレビ番組が「無価値同然」の貴乃花特集に溢れかえっている中、テレ東ゆうがたサテライトが”珠玉の特集”を放送!7分ほどの中に日本の行政のかつてない腐敗と危機が凝縮!

こ、これは、久々にスゴい特集だわっ!!
森友公文書の改ざんによって自殺に追い込まれた近畿財務局職員お父さんが初めてテレビの前で心境を語った上に、6名もの財務省OBの方々が顔出し・実名で登場して、現在の安倍政権を元凶とした未曾有の行政腐敗に危機感を唱えているわっ。

多くの番組が、朝から晩まで(ほとんど無価値同然の)薄っぺらい「貴乃花特集」に明け暮れている中で、まさにジャーナリズムの本来の意味を真正面から問うているような、「ゆうがたサテライト」による珠玉かつ渾身の特集だ。
7分ほどの特集が現在こちらの公式ページから見られるようになっているけど、これを観るだけで、日本の中でいかに「異常な事態」が発生しているのかということと、ここまでの重大事件にもかかわらず、事件の責任者が一切何の責任も取らず、まるで何事もなかったのかのように平気でのさばっている「恐ろしすぎる実態」がとてもよく分かる。

返す返すも、森友事件が戦後の日本史に残るほどの一大疑獄事件であり、複数の犠牲者すら発生したものの、彼らを死に追いやった連中が、今でも何の責任も取らずにのうのうと日本の権力の座に居座っている狂気の現実を再認識することが出来たし、番組の取材に応じた自殺した職員のお父さんと、素直な危機感を口にしてくれた財務省OBの人たちには深い感謝の気持ちを伝えたいね。

私も、改めて、この森友事件をこの先も絶対に風化させてはいけないことを、この特集を通じて強く肝に銘じさせられたわっ。
やっぱり、森友や加計疑獄は、「民主主義国家」としての健全性を根底から大きく揺るがす戦後有数の大事件だし、これらを全て闇に葬って、いよいよ民主主義を徹底的に破壊し尽くそうとしている安倍政権に対して、私たち国民が最大級の追及を続けていく必要性を改めて強く認識させられたわっ!

そうだね。
ボクたちも今後とも出来る限りの行動を続けていこう!

Pocket

 

おススメ記事&広告