【異常】派遣風俗の女性をホテルで殺害!昭和医大生・四十宮直樹容疑者(20)を逮捕!事前にトルクレンチを購入、リュックに忍ばせホテルに向かう!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年2月9日、派遣型風俗店でアルバイトしていたタイ人女性・セーンネ・パニダさん(当時19)を18年12月に東京・台東区のホテルの一室で殺害した容疑で、昭和大学医学部2年四十宮直樹容疑者(20)が逮捕された。

・警察によると、悲鳴を聞いた別の人からの通報を受け、署員が駆けつけたところ、部屋の中で全裸で倒れているパニダさんを発見。容疑者は署員が駆けつけた際に、窓から飛び降り、頭蓋骨骨折などの重傷を負い入院していたとのこと。

・四十宮容疑者は、”棒”で殴ったことは認めたものの、殺意については否認。現場に残されていたリュックには、血の付いたトルクレンチが残されており、大学を出た後にトルクレンチを雑貨店で購入、これをリュックに入れてホテルに持ち込んだという。

女性殺害容疑で医大生逮捕「たたき過ぎて」 殺意は否認

ホテルで女性を殺害したとして、警視庁は9日、昭和大医学部2年、四十宮(よそみや)直樹容疑者(20)=千葉県船橋市前貝塚町=を殺人容疑で逮捕し、発表した。

~省略~

下谷署によると、容疑は昨年12月18日午後8時半~同55分ごろ、東京都台東区根岸1丁目のホテルの一室で、タイ国籍の派遣型風俗店アルバイト、セーンネ・パニダさん(当時19)=同区=に暴行を加え、殺害したというもの。四十宮容疑者は暴行を加えた直後、ホテルの窓から飛び降り、入院していた。

現場に残された四十宮容疑者のリュックから、セーンネさんの血がついたトルクレンチが発見されていた。四十宮容疑者は、大学を出て雑貨店でトルクレンチを購入し、ホテルに向かっていたという。署は、トルクレンチでセーンネさんの頭部を殴るなどしたとみて、動機とともに調べている。

【朝日新聞 2019.2.9.】

20歳の医大生が初対面の風俗店女性をホテルで殺害!大学を出た後トルクレンチを購入、リュックに忍ばせホテルに向かう!

出典:YouTube

昭和大学医学部2年の男による衝撃的な殺人事件が話題になっているわ。
トルクレンチをあらかじめ購入しておきながら殺意を否認しているのもおかしいけど、そもそも、何から何までこの容疑者の行動はおかしいわ。

大学生が派遣型風俗(いわゆるデリバリーヘルス)を利用するというところまではよくある話かもしれないけど、学校を出た後にトルクレンチを購入し、リュックに忍ばせた上でホテルに向かっている時点で、これは完全に異常だ。
最初から、部屋にやって来た女性を殺害するつもりだったと思われても仕方ないし、しかも初対面だったというからね。

最初から殺害するつもりだったとしても、殺意はなかったとしても、どちらにしても、脳に深刻な異常をきたしているとしか思えないし、彼の相手をすることになってしまった女性はあまりにも不運で悲劇だったとしか言いようがない。

この前も、派遣型マッサージ店の女性が有名俳優の新井浩文さんに性的暴行を受ける事件が発生したけど、こうした異常性や凶暴性を持っている人間がいる限り、密室で男性の相手をするサービス業の女性は、常に大きなリスクが付きまとうとしか言いようがないわね。

子どもに対する信じがたいような虐待・殺害事件も後を絶たないし、(脳に深刻な異常をきたしているとしか思えない)成人の男による不可解かつ常軌を逸した暴力・殺人のニュースが非常に多い
なぜ、彼らは(明確な動機もはっきりしない中)「自分よりも弱いもの」に対して、ここまで容赦のない暴力を振るっては、殺害行為にまで至ってしまうのか
こうした事件が相次いでいる背景や原因について、今以上に深く考察し、分析していくことが必要なのかもしれないね。

Pocket