【ゲームオーバー】「柳瀬氏&藤原氏と加計・愛媛県・今治市が面会」を裏付けるメールを文科省が公表!柳瀬元秘書官の主張は完全崩壊!

Pocket

どんなにゅーす?

・文科省は、2015年4月2日当時に内閣府から送信された「柳瀬秘書官(当時)や内閣府の藤原次長(当時)と、加計学園・愛媛県・今治市が面会する予定」を伝えるメールが見つかったことを発表これをプリントしたものを公開した。

・メールに書かれている内容は、概ね愛媛県の職員が作成した記録文書と一致しており、柳瀬氏の「記憶の限り会っていない」との主張は、完全なまでに崩れ去る状況となっている。

「加計」訪問予定メール 文科省公開、柳瀬氏の名前記載

加計学園の獣医学部新設を巡って、文科省が20日、公開したメールの写しには愛媛県や今治市の担当者らが2015年4月2日の15時に「柳瀬総理秘書官とも面会するようです」と書かれていました。メールは内閣府から文科省に4月2日当日の12時48分に送られていました。

柳瀬元総理秘書官はこれまで、「記憶の限りでは会ったことがない」と、愛媛県側と面会したことを否定していますが、メールの内容と食い違うことになります。柳瀬秘書官は訪問先のアメリカから20日午後に帰国することになっていて、発言が注目されます。

また、メールには、同じ日の11時半から1時間、愛媛県や加計学園の関係者らが内閣府で当時の藤原地方創生推進室次長らと面会した内容も書かれています。藤原氏は「国家戦略・構造特区の共通提案に出してみては」などと発言したと書かれていて、これは、愛媛県が作成した文書に残っていた藤原氏の発言内容と一致します。柳瀬氏が「首相案件」と発言したとも書かれていた愛媛県の文書の信憑性が高まったといえます。

一方、文科省にメールを送ったとみられる内閣府の職員は、内部の聞き取りに「当時の記憶は残っていないが、写しがある以上、自分が作成・送信したものと思われる」と話しているということです。しかし、内閣府は、すでにメールは消去しているとして「存在は確認されなかった」と説明しています。

【TBS News 2018.4.20.】

 

ついに、政府側からも重要証拠が見つかり、柳瀬氏&安倍総理は「完全終了」!一方で、柳瀬氏は秘書官の仕事を嫌々やらされていた可能性も?

愛媛県の職員が作成した備忘録文書に続き、愛媛県庁から柳瀬氏の名刺が見つかったことも報道されていましたが、ついに政府側からも面会の事実を決定づけるメールが見つかりました。
書かれている内容はほぼ愛媛県側の記録文書と一致しており、文科省がこのメールを公開したことからも、半ば政府側も「もう逃げ切れない」と観念したものと思われます。

安倍総理も柳瀬氏の主張を「信頼する」などと答弁していたものの、こうなるといよいよ、柳瀬氏も「トカゲの尻尾切り」の対象にされていきそうな雰囲気になってきたね。

しかも、新たに出てきた情報によると、柳瀬氏は首相秘書官を務めていた当時に、「どうも官邸の“安倍さん命”という空気には私はついていけません」などと愚痴を漏らしていたらしく、安倍政権の”心臓部”である今井尚哉秘書官とも関係が上手くいってなかったとの話が出ている。

こうした様子を見た今井秘書官が「柳瀬はこっち側の人間じゃない」としながら、いじめまがいのパワハラ人事を行ない、これに恐怖を感じた柳瀬氏が「忠実な安倍奴隷」と化してしまったという内情があったようですね。

こういう”裏事情”があったとすれば、柳瀬氏はますます切り捨ての対象となってしまう可能性があるかもしれません。

こういう話を聞いても、今井秘書官というのがいかに恐怖政治さながらの独裁ぶりを発揮し、安倍政権の強権化に貢献しているのかが分かるけど、これらの情報を見る限り、安倍総理のために迷いなく”悪魔に魂を売った”佐川氏と違って、柳瀬氏は心に迷いがありそうなのと、特に最近は妙に生気がなくなっているようにも見えるので、この先どうなるかがちょっと心配だね。

柳瀬氏はあくまで「巨悪」に操られてきた側ですし、全ては「腐敗」の元を絶たなければ何の意味もありません
そうした本質を見失ってしまわないように、今後も徹底した追及を続けていく必要がありますね。

もはやどこにも逃げ道がなくなってしまった以上、柳瀬氏は腹を決め、「嘘をつき続けなければならなかった理由」も含め、証人喚問で素直に全てを話すのがいいだろう。
佐川氏の喚問時以上に、すでに安倍政権は「泥船が沈みかかっている状況」だし、そういう意味でもいくらか気が楽なのではないかな?

ここまで巨大化かつ悪性化してしまった”腫瘍(安倍帝国)”を取り除くのは容易なことではないけど、どういう形にせよ、日本の根底から腐りきった行政システムを一日も早くに”リセット”させる必要があるのを痛感しているよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket