■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

れいわ山本太郎代表、都内の選挙区から排除されるも、野党共闘のため「大人の対応」を徹底!太郎氏「恨み節を出すと思ったら大間違い。そんな小っちゃなところで生きてない」

れいわ山本太郎代表、都内の選挙区から排除されるも、野党共闘のため「大人の対応」を徹底!太郎氏「恨み節を出すと思ったら大間違い。そんな小っちゃなところで生きてない」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年10月15日、東京都内の選挙区における野党統一候補が発表されたものの、山本太郎氏が代表を務めるれいわ新選組の候補者は一人もおらず。「立憲と調整済み」として東京8区からの出馬を表明していた山本氏は、東京以外の選挙区から出馬を強いられることになった。

・立憲幹部による「山本&小沢潰し」の謀略が行なわれたことを疑う声が強まっている中、山本氏は街頭演説の中で、「自分の選挙区が一回ダメになったから恨み節を出すと思ったら大間違い。そんな小っちゃなところで生きてない。目的がある」と語り、野党共闘を優先するために「大人の対応」に徹することを表明。ネット上では、山本氏の理性的な対応に多くの賞賛の声が寄せられている。

山本太郎代表、立憲民主に言いたいことは?「恨み節を出すと思ったら大間違い」

次期衆院選の東京8区からの出馬を取りやめた、れいわ新選組の山本太郎代表が13日夜、街頭演説を行い、衆院選出馬について「やる気満々です」と語った。

~省略~

山本氏は記者から質問を受ける形で、街頭で演説。記者は「話を聞くと、立憲民主党と密にやり取りできてない気がする。こういう状況になったことで、立憲民主党に言いたいことはあるが?」と質問した。

これに対し、山本氏は「目的は東京8区で石原伸晃さんを倒すという目的だけで生きているわけじゃない。目的は私たちの政策、消費税を廃止にしたいということを前に進めるためには、まず消費税5%に減税するという意志を持っている野党側が力を合わす」と強調。

さらに「自分の選挙区が一回ダメになったから恨み節を出すと思ったら大間違い。そんな小っちゃなところで生きてない。目的がある」と語った。

【東京新聞 2021.10.15.】

「東京8区騒動」で”大人の対応”に徹した山本太郎氏に、賞賛と応援の声!テレビ出演でも「一番分かり易かった」との声が多数!

出典:YouTube

「東京8区騒動」でいきなりピンチに見舞われてしまった山本太郎さんですが、さすがは太郎さんというべきでしょうか。
立憲幹部に対してチクリと苦言を呈した後は、野党共闘を壊さないように「大人の対応」に徹しつつ、東京以外の選挙区から出馬することを明らかに
自らが厳しい状況にあるにもかかわらず、他者の顔を立ててこれ以上の批判を封印した太郎さんに、賞賛と応援の声が相次いでいます。

当サイトは、どの政党や候補者とも一定の距離感を置きつつ、「おかしい」と感じたことは忌憚なく指摘・批判するスタンスを続けてきたけど、これは太郎氏を大きく評価する他にないだろう。

報ステやNEWS23の党首討論でも「最も分かり易かった」「端的に日本社会の根深い問題を鋭く切ってくれた」「よくテレビでここまで言ってくれた」との共感と賛同の声が多く上がっているけど、やはり太郎氏は多くの市民の心を掴むのがとても上手いね。
太郎氏は、今の日本国民が最も苦しんでいる問題(貧困・不景気・非正規労働者・少子化など)にぴたりとスポットを当てて、これらを解決するための政策をシンプルかつスムーズにアピールしていたけど、その一方で、岸田総理の話が終始不明朗だったのは言うまでもなく最も存在感を発揮すべきであるはずの立憲・枝野代表の話がどうもピントがずれていて、多くの国民の心に響き辛い内容に終始していたことが非常に気になったね。

やはり、最も明確に反グローバリズム的な政策を掲げているれいわの勢力を地道に大きくしていくしかないことを痛感しましたが、立憲の内部に本格的にグローバリズムが浸透してしまってきている以上、どこまで「野党統一候補」としてれいわの候補者が認められるのかが極めて不透明ですし、そもそも、太郎さん自身がどうなるのか、いまだにはっきりしていない状況です。

よほどグローバル資本勢力から凄まじい脅しがかかっているのか、立憲(特に枝野氏)の劣化がかなり酷いし、いくら下層の議員が真面目で優れていても、幹部がこんな調子では、多くの優秀な議員が飼い殺しにされかねない
改めて、ことに最近の枝野氏は民衆の心を掴むアピールが全くできていない(そもそも本気で政権交代を目指しているのかどうかも疑わしい)ことを感じたし、少なからず、野党の共闘については、ますます強い不安を感じざるを得ないようなテレビ討論となったね。

いずれにしましても、立憲が連合などの「上流労組」の顔色ばかりをうかがってグローバリズムに傾斜し続けていく限り、一般国民の未来は真っ暗ですし、この先、太郎さんやれいわ全体がどのような形で出馬することになるのか、固唾をのんで見守っていこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事