【意味深】山口真帆さんのツイッタープロフから「NGT48」の文字が消える!菅原りこさん、村雲楓香さん、長谷川玲奈さんも!→ネット「ついに重要な決意をしたか」「彼女たちを応援しよう」

Pocket

どんなにゅーす?

NGT48山口真帆さん襲撃事件の余波が収まっていない中、山口さんの公式ツイッタープロフィールから「NGT48」の文字が消え、様々な憶測が飛び交っている。

・また、山口さんの他にも、菅原りこさん、村雲楓香さん、長谷川玲奈さんのツイッタープロフからも「NGT48」の文字が消えていることも話題になっており、彼女らに対して応援を呼びかける声が上がっている。

・重大な疑惑が向けられている運営は、第三者委員会を設置を発表した上で、早くも正規メンバーの通常公演を再開することを発表。事件の真相が一向に明らかにされていない中での動きに、ネット上から怒りと疑問の声が噴出している。

山口らSNSの「NGT」消える

NGT48のメンバーで、暴行被害に遭った山口真帆(23)のSNSから「NGT48」の表記が消え、ファンの間で心配する声があがっている。

山口はツイッターで被害のことを告白した1月8日以来、ツイートはしていないが、4日までに、NGT48を運営するAKSが暴行被害事件について第三者委員会を設置すると発表した関連ツイートをリツイートし、約1カ月ぶりに更新した。

そのタイミングで、プロフィールに記載されていた「NGT48」の表記が消され、ファンからは「え?NGTの文字消えてんねんけど?まほほん、辞めるん?」「NGTのプロフが無くなってます。山口さんが、重要な決意をされたと言うことですね」「NGT48を嫌いにならないで下さい。無理かも知れませんが。辞めないで下さい」などといったコメントが多数寄せられた。

また、山口のほかにも、菅原りこ、村雲楓香、長谷川玲奈の各ツイッタープロフィールからも同じく「NGT48」表記が消えたとして、ファンの間に動揺が広がっている。

【@niftyニュース(日刊スポーツ) 2019.2.4.】

NGT48、中止していた正規メンバー公演再開を発表 山口は出演せず

昨年12月にメンバーの山口真帆(23)が、新潟市内の自宅で男に手で口を押さえられる暴行被害騒動が発生したNGT48の、正規メンバーによる公演が再開されることが3日、グループの公式ホームページで発表された。今月9、11日に「ただいま!十人十色」公演が上演される。

~省略~

正規メンバーが劇場公演に出演するのは、1月10日の特別公演以来、約1カ月ぶりとなる。

「ただいま!十人十色」公演は、元1期研究生のメンバー6人によるオリジナル公演。昨年9月に行われた「AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会」に、ユニット「十人十色」を組んで出場した、角ゆりあ(17)、中村歩加(20)、奈良未遥(20)、日下部愛菜(16)、西村菜那子(21)、清司麗菜(17)が出演し、山口は出演しない。

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2019.2.3.】

↓現在の山口真帆さんのツイッター。これまでプロフ内に表記されていた「NGT48」の文字が消えている。

出典:Twitter(@maho_yamaguchi)

「NGT48」の表記を外した山口真帆さん、運営の対応に批判する声を次々リツイート!グループ内で山口さんを支援するメンバーが出てきた可能性も!

↓山口真帆さんがいいね&リツイートした運営への批判コメントの数々。

出典:Twitter(@surusurusururu)

今も襲撃事件の余波が全く収まっていないNGT48山口さん襲撃事件だけど、運営が正規メンバーによる公演再開を発表した中で、山口さんと他3人のメンバーがSNSのプロフから「NGT48」の文字を消したことが話題になっているわ。
そして、山口さん自身がネット上に渦巻く運営への怒りの声をたくさん「いいね&リツイート」していて、今でも相当に強い決意をもって、今後も腐りきった運営と徹底的に戦う意思を見せている状況だわ。

ここまで運営による理不尽なやり方によって、圧倒的に不利な立場に追い込まれてしまったというのに、それでも、彼女は全くぶれる様子なく、自身の正当性を徹頭徹尾主張し続ける意思を見せているね。
(ただし、リツイートについては、その後に削除をしたとのことで、今でも、彼女が激しい圧力を受けては、非常に厳しい環境下に置かれていることが予想される。)

この真っ直ぐな意志の強さと信念には心から敬意を表するし、ボクもこうして様々な情報を伝えていくことで、出来る限り彼女の支援を続けていこうと思うよ。
そして、こうした山口さんの意思の強さに心を動かされたのか、(はっきりした理由は不明なものの)3人のメンバー(菅原りこさん、村雲楓香さん、長谷川玲奈さん)が山口さんと同じく「NGT48」の表記を外したことがネット上で大きな話題になっているね。

運営の方は、「第三者委員会の設置」を発表しつつ、早くも正規メンバーでの公演を再開しようとしており、第三者委員会による調査も真相究明も全く始まっていない中でさっさと「平常運転」に戻ろうとしている動きが目立っているけど…こうした様子を見る限り、この「第三者委員会」というのもどこまで中立なのか怪しそうな上に、「真相究明やってる感」をアピールするだけで、都合が悪い情報は全て隠蔽させて終わらせようとしている可能性がありそうだね。

まさに今このタイミングで、日本の国家の信頼を大きく揺るがせている「勤労統計捏造事件」に対する安倍政権の対応とよく似ているし、何から何まで安倍政権の体質とそっくりね。
やっぱり、安倍総理の大のお友達だけあるし、「類は友を呼ぶ」としか言いようがないわ。

とにかく、犯罪まがいの行為を繰り返してきた悪質ファン軍団(ジョー会)と運営(AKS)が激しく癒着しつつ、実質的にメンバーの女の子たちにファン軍団の「接待」をやらせていた実情を葬り去ってはならないし、今回の襲撃事件は、間違いなく運営が引き起こしたものであるのを白日の下に晒すべきだ。
そして、事件の真相を全て表に明らかにさせた上で、NGT48そのものの活動(ひいてはAKB商法そのものを)を終了させるべきであると考えている。
それくらいに、今回の事件は非常に根が深いものだし、元を辿ると、暴力団や半グレと密着しながら、アイドルをダシに(多くの被害者を出す)悪徳商法を生み出した、秋元一派が諸悪の根源であるということだ。

AKB商法の実態や本質については、当サイトの↓下の記事などで詳しく考察しているから、そちらを参照してみてね。

●過去参考記事:【NGT暴行まとめ】稲岡氏(ジョー会)と今村前支配人、文春との深い繋がり!秋元一派による「悪徳アイドルビジネス」は性被害や犯罪の温床!

今回の事件の「本当の真相究明」も行なわずに全てを闇に葬り去ってしまったら、この先も山口さんのような被害者が出続けていくことは間違いないわ。

良心的なファンやボクたち自身が告発者の山口さんを支えていかないと、「正しいことをした方が潰される」という腐った社会がどんどん蔓延していってしまうし、もし彼女とともに運営に立ち向かっていくメンバーが出てきてくれたのなら、それは本当に喜ばしいことだ。
今後もこの事件については注意深く動向を見ていこうと思うし、山口さんを支える動きが内外にどんどん広がっていくのを願っているよ。

Pocket

 

 関連記事