強制わいせつ容疑の「山口達也メンバー」が無期限謹慎を発表!国分太一「絶対に許される行為ではありません」

Pocket

どんなにゅーす?

・強制わいせつ容疑で書類送検された、TOKIOの「山口達也メンバー」が記者会見を開き、今回の件を涙ながらに謝罪無期限謹慎することを発表した。

・メンバーの国分太一は、山口メンバーがアルコール依存の治療を受けていることを明かし、自身が出演している番組内で「山口が起こしてしまったことは、絶対に許される行為ではありません」と語り、神妙な面持ちで謝罪をした。

山口達也、会見で涙 芸能活動無期限停止を発表

TOKIO山口達也(46)が26日、都内で会見を開き、今年2月に都内の自宅マンションで、女子高生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が強制わいせつ容疑で書類送検された件を謝罪した。

山口は事務所の弁護士を同席して登場すると涙を流した。冒頭、弁護士が謝罪を含めた言葉を口にした。

~省略~

本件当日は朝早くに仕事が終わったことから、当時彼は入院していて、入院先から仕事に出たりした。仕事が終わって、退院ということで自宅に帰り、荷物の片付けをしているうちに、飲みたくなって1人で夕方まで飲んでいるうちに、かねて知り合いの被害者に電話しているうちに、うちで話をしたいと彼から誘い、被害者とご友人が自宅にいらした。彼女たちは飲んでいないが30~1時間、飲んで酩酊(めいてい)で記憶が明確でない部分がありますが、話している最中に被害者の1人にキスしたのは間違いない。本人は認め深く反省しており、誠心誠意お詫びいたしまして結果、お許しはちょうだいしております。会社としては本人の今後の芸能活動は無期限の謹慎で決定いたしております。

【日刊スポーツ 2018.4.26.】

山口達也、アルコールの問題で通院 国分太一認めた

同グループのメンバー、国分太一(43)が26日、司会を務めるTBS系生放送番組「ビビット」の中で認めた。

山口の通院は、16年に離婚した後、一部で伝えられた。アルコール依存症の治療に定評のある病院に通っていると報じられた。ジャニーズ事務所は、通院は認めたが、アルコール依存症は否定していた。

しかしこの日、国分は共演者からの質問に答える形で「病院に行って、お酒と向き合っているという話は聞いたことがあります」と明かし、「お酒が好きなのは間違いないです。お酒につられてしまうことがあるからこそ、病院に通っていたということもあります。(お酒を)断絶したいという気持ちがあったと思うんですけど、なかなかできなかった」と話した。

【日刊スポーツ 2018.4.26.】

またも大手テレビ局は「山口達也メンバー」の表現を一斉に使う!アルコール依存症の治療を受けていたとの話も

出典:YouTube

山口達也メンバーさんが会見を開いて、無期限謹慎を発表しましたぁ。
「稲垣メンバー」「草彅メンバー」に続いて、またも大手テレビ局で「山口メンバー」の表現が一斉に使われだして、ネット上も騒然としていますですぅ!

またも、ジャニーズ事務所の芸能界およびメディア界における特権性を感じる事態となっているね。

国分太一氏も自身の番組上で謝罪したようだけど、どうやら、山口メンバーはアルコール以前症に罹っており、離婚以降症状が悪化していた可能性がありそうだ。

思い出せば、山口メンバーの離婚時にもマスコミは気持ちの悪い”絶賛報道”をしていたし、今回も一部で山口メンバーに同情しては、女子高生の側を批判するような声も出てしまっているようだ。

まあ確かに、山口メンバー本人も悩んでいた部分があったんだろうけど、一部では女子高生に酒を勧めたとの報道も出ているし、まだ社会経験も判断力も十分でない未成年を自宅マンションに呼び、一方的にわいせつ行為に及ぼうとしたのであれば、言うまでもなく社会的責任と法に触れる部分が出てくる

したがって、ある程度の処分は仕方ないだろうし、まずはアルコール依存症を治療し、精神状態を安定させることが先決だろうね。

ご本人はまたTOKIOで復帰をしたい思いがあるみたいですけどぉ、確かに、まずはお酒の依存をどうにかしないと難しい気がしますですぅ。
まずは今回の行為をきちんと反省をして、一から出直してもらいたいところですねぇ。

おススメ記事&広告

 
Pocket