■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【これが現実】新型コロナワクチン副反応への補償が決定も、たったの29件&アナフィラキシーの事例のみ!グローバル製薬企業からの圧力により「最も深刻な被害」は全て握り潰される見通し!

【これが現実】新型コロナワクチン副反応への補償が決定も、たったの29件&アナフィラキシーの事例のみ!グローバル製薬企業からの圧力により「最も深刻な被害」は全て握り潰される見通し!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年8月19日、新型コロナワクチンの副反応による健康被害の訴えが相次いでいる中、厚労省は、29件において「接種との因果関係が否定できない」とした上で、医療費と医療手当の支給を決定した。

・一方で、接種後の死亡者は7月末時点で919人に上っている中で、これについては因果関係について全て「評価不能」としており、「最も深刻な健康被害」については(グローバル製薬企業からの圧力により)事実上完全に握りつぶされる可能性が高いことを指摘する声が上がっている。

コロナワクチンの健康被害で初救済 29人、因果関係否定できず

厚生労働省の審査分科会は19日、新型コロナウイルスワクチンの接種後に健康被害を訴えた29人について、接種との因果関係が否定できないとして予防接種法に基づき医療費と医療手当の支給を決めた。新型コロナワクチンでの患者の救済決定は初めてとなる。

~省略~

新型コロナワクチンも対象に含まれ、19日の分科会で、申請があった計41件を審査した。18~83歳の女性37人、男性4人で、いずれも通院や入院に要した医療費・医療手当を請求。重い副反応の一つのアレルギー反応「アナフィラキシー」や急性アレルギー反応、アナフィラキシー様症状の健康被害があった。死亡一時金の申請はなかった。このうち29件を認定し、12件は判断を保留した。否認はなかった。

厚労省によると、新型コロナワクチンを接種後、アナフィラキシーと診断されたのは、7月25日までに米ファイザー製は約7413万回接種のうち360件、米モデルナ製は約358万回接種のうち8件あった。死亡は7月末までに計919人で、副反応について検討する専門部会は接種との因果関係は評価できないとしている。【矢澤秀範】

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2021.8.19.】

厚労省、(分かり易い)アナフィラキシーによる副反応の補償で「やってるフリ」パフォーマンス!→本当に重篤で深刻な事例については(グローバル製薬企業からの圧力で)全て隠蔽へ!

出典:pixabay.com

ようやく、厚労省が新型コロナワクチンの健康被害を訴えている人々に対して一部について補償する方針を決めましたが、やはり、様々な裏やカラクリがあるみたいです。
簡単に言えば、(当初から公に指摘されてきた)非常に分かり易いアナフィラキシーによる副反応のみにおいて因果関係を(消極的に)認めつつ、本当に重篤で深刻な事例については(グローバル製薬企業からの圧力により)全て隠蔽する方針のようですね。

(ネット上での報告も含めて)ここまでおびただしい数の副反応が報告されている中で、全てを「意地でも認めない」となると、さすがにかなり多くの国民から批判が殺到するだろうし、今回もまたまた、菅政権お得意の、適度にガス抜きしつつ問題の本質を全て覆い隠す「やってるフリパフォーマンス」ということだね。

すでに日本は、TPP日米FTAなどの締結により、名実ともにグローバル企業(巨大外資)の完全なる支配下に置かれているのが現状だけど、今回の新型コロナワクチンにおいても、(これまで当サイトが指摘してきたように)こうした原則が適用されることになり、ワクチンに関する様々な不具合や欠陥などの諸問題について、全てがグローバル製薬企業の主導により処理される(日本政府は完全にされるがままに追従させられる)ことになるってことだね。

やはり、「そういう構図」が強固に存在しているわけですね…。
これは、日本政府に限らず、その他の(グローバル資本勢力の支配下にある)先進国にも同じことが言えますし、言ってみれば、すでに、地球規模で、グローバル巨大企業が民衆の生殺与奪を完全に掌握するシステムが確実かつ着実に構築されつつある状況にあるということですね。

どうやら、各国政府によってその濃淡はある(韓国においては、死亡例についても初めてワクチンとの因果関係を認めたとのこと)みたいだけど、日本においては、より大胆で過激な棄民政策(国民虐殺政策)が行なわれている一環により、ワクチンにおいても、グローバル製薬企業の利益を最優先にさせた判断が行なわれる可能性が大だ。

いずれにしても、多くの国民が、グローバル資本勢力によって(自作自演の”バイオテロ”の一環で)製造された新型コロナワクチンを深く信頼し、これを有難がって摂取し続けていく限り、深刻な副反応がますます増えていくだけでなく、今のところは目立った被害がみられない場合でも、数年後などに思いもよらぬ健康問題が発生していくことも考えられる。

過去最悪レベルの新型コロナの感染爆発拡大のピークも依然として全く見えていない状態ですし、相変わらず、事態は非常に良くない方向に進んできているといえそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事