内田樹氏「韓国で『北のミサイルについての市民の反応は?』と訊くと『は?』という反応。危機を煽っているのは日本政府とトランプだけのようです」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月8日に思想家・哲学者の内田樹氏が韓国を訪問した際に体験した、北朝鮮危機に揺れている「日本と韓国との違い」について触れたツイートについて、ネット上で話題になっている。

韓国の人々は政治に強い関心がある分、北朝鮮危機を冷静に見ている?

内田樹さんが韓国に訪れた際に体験された上記のツイートが、ネット上で話題になっているようです。
日本の私たちは大手メディアからの一方的に「作られた」情報しか見ていないので、その正確な実態は知るよしもありませんが、これは一つの参考になり得る情報なのかもしれません。

日本でも、政治や時事、国内外の内情をより深く知っている人ほど、今回の北朝鮮危機について離れた距離で見ている人が多いけど、日本よりも政治に対する関心が日頃から強い韓国の人々は、日本よりもこういう見方が広がっているってことかな?

実際の所、ひとたびアメリカが北に先制攻撃を仕掛けた暁には、北朝鮮の国境と非常に近いソウルがたちまち戦火に包まれて、百万人規模以上に上るほどの人的被害が発生するのは確実と言われている上に、在韓米軍基地も甚大な被害を受けることをトランプ本人も分かっており、「実際に攻撃に踏み切る可能性は高くない」との見立てが多く出ているし、「別の目的」があってトランプはここまで北朝鮮危機を煽っているのでは?と見る声もあるからね。

その「別の目的」の一つに数えられるのが、軍需産業が製造した(型落ち・処分品などの)武器や兵器のセールスであり、特に日本は、既存のマスメディアの世論誘導にとても流されやすい国民性があることから、軍産配下のマスメディアと安倍総理が結託して、言い値同然で次々とこれらの武器や兵器を言われるがままに買い続けそうな様相になっていますね。

 

トランプと安倍総理は、「親友」でも「似たもの同士」でも何でも無い

また、日本のマスメディアや一部のネットメディアにおいても、トランプさんと安倍総理を「親友」などと報じたり、あるいは「似たもの同士の極右」などと揶揄する動きも見られますが、これは、そのどちらの捉え方も正しくないものと考えます。

まず、トランプと安倍総理を「親友」なんてもてはやすマスメディアだけど、トランプは、来日直前にわざわざハワイを訪問して「リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)」などと訪日に水を差すような”挑発”をしているし、「これで日本は安全だ」などと言いながら、次々と一方的に武器や兵器を売りつけようとしているのを見たって、どこからどう見ても”親友”などとはほど遠いものだろう。

また、トランプと安倍総理を「似たもの同士」というのもおかしな話で、トランプは日本に対して一切の気遣いもせずに、好き勝手にアメリカの利益のためだけに要求を突きつけ続けているのに対して、安倍総理はそのトランプの勝手気ままな要求を、有無も言わずに「はいはいどうぞ」と丸呑みさせられているだけであり、その関係はまるで「家の主と小間使い」みたいなものだ。

もし、トランプと安倍総理がほんとの「似たもの同士」なのなら、お互いが自分の国の利益のために一方的に主張し合うばかりで、全面的にぶつかり合って交渉が破談になるはずだ。
つまり、この二人の立ち位置を正しく
言うならば、トランプは自国の利益第一の「右翼政治家」で、安倍総理はトランプの言われるがままに日本の富をどんどん差し出す、右翼の皮を被った「売国奴隷政治家」ということになるだろう。

どこをどう見ても「似たもの同士」でも「親友」でもないし、くれぐれもこうしたミスリードを誘うような世の中の言説に惑わされないように気をつけよう

全くその通りですし、全く情けない限りです…。

まだまだトランプさんの北朝鮮危機の背景にあるものが見えづらい部分がありますが、どちらにしても、軍産複合体や国際銀行家(グローバリスト)の思惑が色々と絡みながら私たちを誘導しようとしている動きが見られますので、これらについては細心の注意を払っていく必要がありそうです。

おススメ記事&広告

 
Pocket