【意味深】トランプ大統領、来日前にハワイの「アリゾナ記念館」を訪問し、「真珠湾を忘れるな」とツイート!→日本政府は一切触れずにトランプを大歓待!

Pocket

どんなにゅーす?

トランプ米大統領が来日する直前の2017年11月3日、ハワイにある「アリゾナ記念館」を訪問し、その夜に「Remember PearlHarbor.(真珠湾を忘れるな)」とツイート。これについてネット上で話題になっている。

・トランプ氏は日本のことについては触れておらず、その真意は不明なものの、来日直前にアリゾナ記念館を訪問した意味などについて、様々な推測が出てきている。

スポンサーリンク

「リメンバー・パールハーバー」 トランプ氏つぶやく

「リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)」。アジア歴訪を前に米ハワイを訪れているトランプ大統領は3日夜、76年前の旧日本軍による真珠湾攻撃の追悼施設「アリゾナ記念館」を訪れた後、自身のツイッターで、こうつぶやいた。

トランプ氏はメラニア夫人と共に船で、真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナの上に建てられたアリゾナ記念館を訪問。ハリス太平洋軍司令官に案内されながら、犠牲者に献花し、慰霊した。

「リメンバー・パールハーバー」は、第2次大戦中、日本が真珠湾を奇襲したことを受け、米政府が国民を戦争遂行に動員する標語として使われた。トランプ氏はツイッターで日本には言及しておらず、真意は不明。「我が国の偉大な軍に感謝する」とねぎらい、ハワイに到着してから同記念館でメラニア夫人と献花するまでの様子を収録したビデオも投稿した。(ホノルル=峯村健司)

【Yahoo!ニュース(朝日新聞) 2017.11.4.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トランプによるこの謎めいた(挑発)パフォーマンスに込められた意味とは?

日本の大手メディアではほとんど話題に上がってないみたいだけど、トランプさんが来日直前にハワイのアリゾナ記念館を訪問して、「真珠湾を忘れるな」ってツイートしたことが話題になっているわ。

このトランプさんの行動、色々な見立てが出来るかと思うけど、まあいかにもトランプさんらしいし、これについて一切触れようとしないで、ひたすらトランプさんを熱烈に歓待して仲良くゴルフに興じる安倍総理もいかにも…って感じよね。

まったく、「極右」やら「保守」なんて言われている安倍総理なのに、ここまでトランプに半ば挑発に似たような舐めきった態度をされても、尻尾を激しく振ってお出迎えして、これについても一切問いただすこともなしに仲良く一緒にゴルフに興じたっていうんだから、もう笑っちゃうよね。

トランプは今までの行動を見てきても、挑発や褒め殺しや暴言や賛辞など、色々な態度を使い分けながら相手の反応や出方をうかがう手法を多用しているし、今回も、わざわざこうした挑発的で謎めいた動きを取ることで、日本政府側の”隷属度”を測っているようにも見えるし、これに加えて、トランプの原理主義的な保守層の支持者への配慮やリップサービスとも受け取れる。

そもそも、太平洋戦争で日本が自滅の道をひた走った背景や、真珠湾攻撃についても色々な謎が残されていて、開戦当時にも、大日本帝国の軍部や政治勢力の中にグローバリストのエージェントが入っていたとの話も多く出てきてるわよね。

江戸幕府が倒れたと当時に明治政府が樹立された際にも、倒幕を主導した長州テロリスト勢力の背後に、グラバーらをはじめとしたグローバリストが暗躍していたことは近年判明しつつあることだけど、明治政府そのものが、欧米軍産勢力の後ろ盾があったものだったのなら、太平洋戦争開戦時にも大日本帝国の幹部にフリーメイソンのメンバーが入っていても、日本を意図的に敗戦に導くことで、連合国に日本の全てを売り渡す役目を負ったグローバリストのエージェントが入っていてもなんらおかしくはないからね。

トランプはどこまでこれらの歴史の内側を知っているのか分からないけど、当時の長州テロリストの末裔で大日本帝国の幹部の子孫である安倍政権がグローバリストの支援を受けている充実なエージェントであることをよく知っているのなら、彼が「真珠湾を忘れるな」などと挑発しても、安倍政権がこれに全く抗議をしようともしないことも分かっているはずだ。

そういう意味では、トランプはあえてわざわざこのようなパフォーマンスを行なってみせることで、安倍政権の本質(正体)をほんのりと炙り出させようとしているようにも見えなくもない。

いずれにしても、これに不快感を見せようともしない安倍政権は、どこをどう見ても保守でも何でも無いどころか、真性的な売国勢力であり、原爆を落とされたことに対しても何とも思っていないくらいの「日本なんかどうなってもいい」と思っている勢力であるということだね。

ほんとに、色々な仕掛けや暗示的な行動を繰り返しているトランプさんだけど、相変わらず正体不明な面も多いわね。
今後も注意深く観察しながら、トランプ政権の動きと世界情勢をよく見ていこうと思うわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket