【ウォシュレット…】安倍政権(内閣府)による「クールジャパン」戦略の資料のレベルが”アレ過ぎる”と話題に!ネット「マジで泣けてくる」「これを役人が真剣に?」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が進めている「クールジャパン」の国内外への宣伝戦略について、内閣府の知的財産戦略推進事務局が制作した資料のクオリティが、「あまりに酷い」「軽薄すぎる」などの批判が集まっている。

出典:Twitter(@information3264)

最新の資料では、「ウォシュレット」は「温水洗浄便座」に直された模様…

↓内閣府のページに現在アップされているもの。

出典:内閣府

これは一体なんなんですかぁ~!
これが、安倍政権が全力で進めている「クールジャパン」の全貌なんですねぇ!!

にゃはあ!なんじゃこりゃ~~!?
「原宿ストリートファッション」とか「ウォシュレット」とか、「神話」とか「コンビニ」とか「スイーツ」とか何とも笑える単語がてんこ盛りだにゃ!

おまけに「ポップ」「深遠」とは…これはちょっとボクも頭が痛くなってきたよ…
ウォシュレットがTOTOの登録商標なのを後から知って、これは「温水洗浄便座」に訂正されたみたいだけど…ちょっとどこから手を付けていいか分からないほどの悲惨な事態だ。

これを見ていると、ついつい安倍政権が政官を挙げて肝いりで推し進めていた「下町ボブスレー」の悲惨な現状ともどうしてもリンクしてきてしまうけど…一言で言ってしまうと、日本の政府そのものが、「軽薄化」と「俗物化」などによる”反知性化”が進んでおり、日本そのものの質の劣化が急速に進んでいるというコメントしか思いつかない。

よく「フールジャパン」なんて揶揄されることもあるけど、やはり現状の安倍政権の跋扈によって日本政府の質の劣化は深刻なまでに進んでおりより中身の伴わない「表面的で象徴的なもの」を追い求めては、国内外にもそうしたコンテンツを氾濫させていこうとしていることがこれを見ても分かる。
これも一つの「3S政策」が長年行なわれてきた今の日本の姿だろうし、何とも深刻な状況だ。

ほんとに、これが国民の代表である役人さんのお仕事かと思うと、哀しくなってきますですぅ。
管理人さんがよく聞かせてくれている、「国家や社会に思考停止や反知性が蔓延しきった先に待っているのは、戦争と破滅しかない」との言葉が重く感じられますですぅ。

うむ。最近のニュースを追っていても、何かと色々とヤバイ兆候が出てきているけど、まさしくこれも、最近の日本の危機的状況を象徴する一件だね。

おススメ記事&広告

 
Pocket