【不信感渦巻く】香港政府が「逃亡犯条例の撤回」を発表!林鄭氏「争いを対話に置き換えて解決策を探そう」→市民からは疑いの声が噴出!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月4日、香港において市民と政府との衝突が激化している中、香港政府が「逃亡犯条例の撤回」を正式発表。林鄭月娥・行政長官がテレビ出演し、「暴力は解決策にならない。争いを対話に置き換えて解決策を探そう」と述べた。

・一方で、香港政府は、警察による暴力行為を調査する独立委員会の設置や、民主的な選挙制度の導入などの市民側の要求については拒否しており、デモ活動が今後沈静化していくかどうかは不透明な情勢だという。

香港行政長官、「逃亡犯条例」改正案の撤回を表明

【香港=木原雄士】香港政府トップの林鄭月娥・行政長官は4日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案を正式に撤回すると表明した。

~省略~

林鄭氏は4日、テレビを通じて演説し「暴力は解決策にならない。争いを対話に置き換えて解決策を探そう」と述べた。改正案撤回のほか、政府と市民の対話の枠組みや、社会問題を討議する専門家の委員会をつくると表明した。

~省略~

林鄭氏は警察の暴力行為を調べる独立委員会の設置や、有権者が1人1票を投じる普通選挙の導入など他の要求は拒否した。若者らの間では、警察の厳しい取り締まりや市民に向き合わない政府の姿勢に不満がたまっており、デモが収まるかは不透明だ。

~省略~

【日経新聞 2019.9.4.】

香港政府が「逃亡犯条例の撤回」を表明したものの、香港市民からは疑いの声が続出!「『完全撤回を動議する』と言っているだけだ」

出典:YouTube

香港政府の林鄭月娥・行政長官が「逃亡犯条例を撤回する」との発表を行なったとの報道が大々的に展開されていますが、香港市民の間では、早速にこれに多くの疑いの声が上がっています。
確かに、ここまで警察による激しい暴力行為や市民の死傷者が報告されている中で、多くの市民が強い不信感を募らせているのは当然かと思います。

一部では、今回の香港の反政府デモ激化の動きは「米中貿易戦争」の一部であり、「米英による習近平下ろし」の一環と見立てる声が上がっているけど、習近平は、ひとまずは、こうした米英支配層の挑発や誘導に乗っからなかったと見るのが良さそうだ。
しかし、「習近平下ろし」の機運はこのまま沈静化していくとは考えづらいし、習氏を権力の座から引きずり下ろされるまで、香港のデモ活動も米中貿易戦争も、しばらくは収まっていく様子が無さそうだね。

どういった理由で「習氏を失脚させる運動」が激化しているのかははっきり分かりませんが、グローバリストにとって”従順”で扱いやすい人物を中国の権力者に据えようとしている様子がうかがえますね。
とにかく、香港の社会情勢は依然混沌とした状態が続いており、市民(深奥部には米英勢力)と香港・中国政府とのにらみ合いが当分続いていきそうです。

Pocket