【アホの国】東京五輪、史上最大級の「カネが掛かる大会」に!総額1兆6440億円規模まで予算膨らむ!→ネット「尋常じゃない」「その予算を今すぐ医療に回せよ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月22日、東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会が、東京五輪の予算の最新版を発表。新たに960億円もの新型コロナ対策予算などが盛り込まれ、総額1兆6440億円規模という、史上最大級の「カネがかかるオリンピック」になることが確実となった。

「2週間程度の祭典」に投じる予算がとてつもない額にまで膨らみ続けていることに対し、コロナ禍に苦しんでいる日本国民から怒りの声が殺到。「尋常じゃない」「その予算を今すぐ医療に回せよ」などの声が上がっている。

東京五輪、予算を増額 史上最大規模に

来夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会は22日、大会予算の最新版を発表した。会場での新型コロナウイルス感染拡大の防止対策に960億円を計上するなど、総額は大きく膨らんだ。

総額は昨年公表された予算から2940億円増え、1兆6440億円に膨らんだ。

これにより、東京大会はオリンピック史上、最も経費がかかる大会となる見込み。

組織委員会の武藤敏郎事務総長は、「高いと見るのかどうかは、いろいろな見方がある」と述べた。

~省略~

【BBC 2020.12.23.】

新型コロナ危機がますます深刻化する中、菅政権が「なけなしの税金」を東京五輪に湯水のように注入!→日本国民はますます「ウイルス+貧困」の地獄へ!

これこそ、「究極の税金の無駄遣い」といえるものではないでしょうか。
日本国民や全国の医療機関が、新型コロナ危機によってかつてなかったまでに疲弊しきっている中、私たちのなけなしの税金が、ますます東京五輪に湯水のように注ぎ込まれようとしています

たかだか2週間程度のお祭りに1兆6440億円ものお金を注ぎ込むなんて…もう完全に「狂気の沙汰」としか言いようがないわっ!!

これほどまでに税金を使う順序や優先順位が完全に間違っていることなんて、まさに前代未聞だし、もう「アホの国」という以外に適切な言葉が思いつかない
これというのも、究極的なまでに「アホな政治屋」を大量に国会に送りんでしまっては、彼らを完全に好き放題に放任してきた日本国民の責任が非常に重大だし、まっとうな国であれば、とっくに世論調査の政権支持率が一桁台になっては、もう少しましな政治家・政党を政権与党に据えているだろう。

この、東京五輪のコロナ対策に使おうとしている1000億円近くのカネを医療機関の支援や疲弊している国民に投じれば、一体どれだけ多くの困っている国民が救われるだろうか
それにもかかわらず、菅総理は年頭の記者会見でも、相変わらず、「東京五輪のゴリ押し開催」を声高に宣言している始末なのだから、もう救いようがない。

こうした「多くの国民の生活や生命を奪うことになってもなお、1%の巨大企業体の利益のための東京五輪に国民の税金を最優先に投じる」という実情そのものが、今の日本がどれだけグローバリズムに染まってしまっているのかを如実に物語っていますし、この状況を国民が指を咥えて見ている限り、私たちに待っているのは真性的な「奴隷化」や「破滅」「死」しかありません

この「国民の命よりも東京五輪」という姿そのものが、すでに日本の民主主義が完全に死に絶えてしまっていることを表しているし、今以上にボクたちが最大級の危機感を持って、今の日本の未曽有の腐敗とグローバリズムの深化に対して全力で反対の声を上げていかないと、いよいよ「1984」そのものの、真性的な”ディストピア社会”がやってきてしまうのは間違いないことだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事