【イメージUP?】国民民主・玉木代表が「ケチって火炎瓶」に言及!「安倍総理には説明責任がある」→ネット「少しだけ見直した」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月18日、国民民主党の玉木雄一郎代表が、記者会見において、安倍総理による「(通称)ケチって火炎瓶事件」に言及し、話題になっている。

・記者からの質問に対し、玉木氏は慎重に言葉を選びながら、「裁判で認定されているのであれば、安倍総理は説明責任を果たすべき案件だと思う」と回答した。

・こうした玉木氏の対応について、ネット上では「少しだけ見直した」などの声が上がっている。

玉木雄一郎 国民民主党代表 記者会見で「#安倍晋三宅放火未遂事件」の質問が初登場!

2018年9月18日(火)、国民民主党の玉木雄一郎 代表の記者会見において、「安倍晋三宅放火未遂事件」に関する質問がされました。

本事件が国民民主党の記者会見で質問されたのは、初めてのことです。

文字起こしを下記に記載します。

■ 及川健二 氏 @esperanto2600(日仏共同テレビ局フランス10)の質問

フランス10の及川と申します。
各党に伺っているんですが、安倍総理と反社会勢力の関係について伺いたいと思います。

1999年の下関市長選挙で安倍総理の事務所が、ブローカーで、当時、前科8犯で、暴力団と関係の深い、小山佐市氏に対して、対立する陣営の選挙妨害を依頼しました。
そして、見返りの約束を破られたとして、2000年、安倍さんのご自宅などを含めて、安倍さん関連の事務所など、5ヶ所に火炎瓶が投げ込まれまして、2003年、小山さんと工藤会系の組長と組員が逮捕されました。

~省略~

さらに、言いますと、これは判決文や公判とは違いますが、ジャーナリストの方が取材をして、小山さんと安倍総理がサシで会ったと、そして、その時に、小山さんと安倍さんがツーショットで写った写真がありまして、それはネットでも、公開されています。
司法が、安倍総理と暴力団関係者との関係について認定しているわけですが、認定しているというのは、これは、選挙妨害を依頼したということですけども、国民民主党としては、この件について、追及する考えはあるのかどうか、伺えればと思います。

■ 玉木雄一郎 氏(国民民主党 代表)の回答

はい、まぁ、ネットなどで、いわゆる、「ケチって火炎瓶」と言われる事件だと思いますが、あの、被害者は、これは、安倍総理側だと思います、まず。
ただ、えぇ、反社会的勢力に依頼をして、選挙妨害をしたということが、一定程度、おー、裁判で認定されるのであればですね、その点に関して、まぁ、疑惑を持たれることについては、安倍総理として、しっかり説明責任を果されるべき案件だと思っています。

【note 2018.9.18.】

(山本太郎議員以外)野党も揃って及び腰な「安倍総理と暴力団との関係」について、国民民主・玉木氏が「安倍総理には説明責任がある」と発言!

↓話題のシーンは5分34秒くらい~。

出典:YouTube

国民民主党の玉木代表が、安倍総理の巨大疑惑の一つである「(通称)ケチって火炎瓶事件」について、慎重に言葉を選びつつ「安倍総理には説明責任がある」と発言しました。
山本太郎議員以外、多くの野党議員が(大手マスコミ同様に)この件にあまり触れたがらない中で、玉木さんがこのような発言をしたことに、ネット上では「少しだけ見直した」との声が上がっていますね。

見たところ、多くの野党議員も、(安倍総理を支援している)ネオコン軍産系グローバル資本からの攻撃が恐いのか、また、暗殺された石井紘基議員の事例を知っているからか、本気で安倍政権を倒す気概を今ひとつ感じられない上に、日本を包み込んでいる「本当のタブー(腐敗の元凶)には触れようとしない有様だからね。
現在命懸けでここに切り込もうとしているのは、見たところ(政治的影響力をあまり持っていない)山本太郎議員だけだし、そんな閉塞感に包まれた中では、玉木氏は今回比較的頑張った発言が出来たかもね。

現在の日本は、与党のみならず、野党側でもグローバル資本(軍産複合体・国際銀行家)の顔色を伺う空気が支配しており、これが健全な民主主義の実現をますます困難にしてしまっていますからね…。
したがって、国民一人一人が「1%対99%」の対立軸をよりはっきりと認識した上で、与党議員のみならず、野党議員やマスメディアに強くプレッシャーをかけていきながら、権力の腐敗と暴走を食い止めていく必要がありそうです。

そうだね。現時点で「世界的な権力層による戦略変更」くらいしか安倍総理の失脚の要素が見当たらないけど、ボクたちは適切な視点や思考を持ちながら、地道に「国民主体の政治」の実現に向けて行動を続けていくことが大切だね。

おススメ記事&広告

 
Pocket