■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【勝負あり】カンニング竹山氏に小池都知事が「完敗」!都が”謝罪要求”を取り下げた上に、子飼いの都議がネット番組出演をドタキャン!竹山氏「残念です」

【勝負あり】カンニング竹山氏に小池都知事が「完敗」!都が”謝罪要求”を取り下げた上に、子飼いの都議がネット番組出演をドタキャン!竹山氏「残念です」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年3月28日の「アッコにおまかせ」(TBS)の中で、小池知事が出演するコロナ対策を呼び掛ける動画について「4.7億円もかかった」と発言したカンニング竹山氏に対し、東京都が「動画制作で実際にかかったのは8本で計1800万円」と番組と事務所に抗議文を送りつけ”恫喝”した騒動において、竹山氏が「強制謝罪」を事実上拒否し”反撃姿勢”をみせていたところ、都側が謝罪要求を取り下げ、事実上の”白旗”をあげていたことが分かった。

・さらに、竹山氏の要望で、自身のネット番組で小池シンパの都議と小池都政を批判してきた都議とで”公開討論”を行う予定だったものの、小池都知事子飼いの都議が番組出演をドタキャン。竹山氏が都民の税金の無駄遣いを引き続き追及する姿勢を見せていることに対し、小池氏側が「敵前逃亡」する形になっている。

小池都政“白旗”!「抗議文」から一変「注意文」の裏事情

~省略~

東京都がタレントのカンニング竹山に発言訂正を求める抗議文を送っていた問題で、竹山本人の発言に注目が集まっている。

5日のTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」において、所属事務所「サンミュージック」に抗議文を送ってきた都側が、急に「謝らなくていい」と通知してきたと明かしたのだ。

竹山は先月28日に出演した「アッコにおまかせ!」(TBS系)の場で小池都政の広告費を巡る事実誤認発言をした経緯を説明。TBSは4日放送の同番組で謝罪したが、竹山とサンミュージックが正式に謝っていない理由をこう語った。

「4日前くらいに、サンミュージックが都ともう1回話し合いをした。そしたら都が『謝らなくていい』と言ってきた。『あれ抗議文じゃなくて注意文ですから。謝る必要ない』と言ってきたんです」

竹山が言う4日前とは、今月1日のこと。当日は日刊ゲンダイ「激オコ小池都政“辛口”カンニング竹山に『猛抗議文』送付の仰天」の記事がネットに公開された。都の抗議文送付は先月29日。日刊ゲンダイが都の政策企画局に取材した際、担当者は「都庁に抗議電話が殺到し迷惑している」と怒り心頭だった。

それが、たった3日間で「謝らなくていい」と一変し、「抗議文」も「注意文」にトーンダウン。竹山はラジオで「謝られると何か不都合なことでもあるのか」と発言していたが、どうなのか。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.4.7.】

小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

~省略~

コトの発端は竹山が先月末のTBSの番組で、小池出演の動画制作費を「4.7億円」と誤認発言したこと。番組内で訂正したが、都の巨額広告費に注目が集まった。昨年4月から今年3月末の支出は11億円超に上る。

そこで竹山は、3日深夜のネット番組「カンニング竹山の土曜The NIGHT」(ABEMA)で、広告費の正当性について10日放送回で議論すると予告。上田令子都議と元中央卸売市場次長の澤章氏、それに小池知事が特別顧問を務める都民ファーストの会の尾島紘平、岡本光樹両都議が出演予定だった。

ところが、尾島都議が出演をドタキャンした。「ABEMA」は9日午後、公式ツイッターに〈出演取り止めの申し出があったため企画中止となりました〉と投稿。その直後、尾島は〈都とTBS、サンミュージックとの間ですでに解決済のところ、あらためて私が出て行き議論を蒸し返すことは適切でない〉と辞退理由をツイートした。

「議論を蒸し返す」と論点すり替え

尾島が言うところの「解決済」とは、竹山発言をめぐって、所属事務所のサンミュージックとTBSが都に謝罪したことを指しているようだ。要するに「もう話がついたから出ない」というわけだが、竹山が提案しているのは「広告費の正当性」の検証。謝罪うんぬんとは別問題なのに、論点のすり替えで逃げるつもりなのか。

尾島都議は小池知事の秘書出身で、練馬区議時代に行動を共にした子分だ。

~省略~

実は、ドタキャン劇の裏で「知事のご意向」が働いたという。

~省略~

竹山本人は尾島都議のドタキャンについて〈残念です〉とツイート。後ろめたいことがないのなら、正々堂々やれるんじゃないか。

【日刊ゲンダイ 2021.4.10.】

カンニング竹山 小池都知事からの抗議文に「謝罪はしない」本当の理由

~省略~

抗議文の発端となった「4.7億円」の部分は、上田さんから「公文書を持っている。公文書とは都が公にしているデータです」と前置きした上で、そのデータからYouTubeに「4.7億も使っているんです」と話が出た。

僕は「なんだ、そんな大金! YouTubeでそんなにお金かかります?」ってなるわけですよね。ここで「YouTube1本で4.7億円」と話してしまいましたが「1本」というのは「1シーズン」という意味でした。半年間での広告費が4.7億円でYouTubeに出演した方たちはボランティアで参加した方もいる、お金をもらってYouTubeに出演している人もいる。そういうのも合わせての金額です。都からの文書にあった1800万円という数字もその公文書に出ていました。1本で4.7億円と言い間違えてしまったことは謝ります。しかし、他の広告も含め、半年で4.7億円もの莫大なお金を使っているということには正直ビックリした。

その翌日、正確には土曜深夜の生放送から数時間後、「アッコにおまかせ!」に行ったら僕が番組内で展開するパネルにひと言モノ申すコーナーができていて、

~省略~

「前日の深夜の番組で〜」という前置きをしたうえで都のお金の使い方の話をしたわけです。そうしたら、言い間違えて「1本、4.7億」(正しくは1シーズン4.7億)と発言してしまい、CM中に正したほうがいいねとなった。CM明けに「ちょっといいですか、4.7億は広告費全体でした」と僕から訂正し、謝罪しました。また、もしよければ公文書があるから調べてみてくださいとも話した。

そうしたら、数日たって、TBSと僕の所属事務所のサンミュージックに都から訂正を求める文書が届いて、番組内での発言が誤解を招いていると。TBSとサンミュージックが話し合って、TBSは番組の終わりで謝罪することになりました。サンミュージック側にはホームページで謝罪をするか検討していたので、「僕がYouTubeで謝罪しようか?」と事務所には提案もしました。「余計な事を話すからそれはいい」と断られましたがね(笑)。いい間違えたことは謝罪するにしても、ウソの数字は言っていない。公文書として都が公表している数字のひとつを話しただけ。でも、いい間違えたこととテレビ局など関係者にご迷惑をかけてもということで謝罪の方向で話を進めていました。

「小池都知事が竹山に抗議文」といろいろなメディアで報じられ騒ぎが大きくなってしまい、結局、サンミュージックと都の話し合いが行われました。そこで都が言い出したのは「抗議でなく注意です」と。だから、「謝罪する必要はないです」となりました。謝罪しなくていいと都から言われたから、それ以上は僕は何も言わない。

都と話し合いも済んでいるのに、それでも謝罪するとなったら都の方にもご迷惑がかかるだろし、そもそも謝罪する必要もないことだし。何度も言いますが、いい間違えたのは謝りますよ。だから、サンミュージック側も僕も謝罪はしませんでした。というのが事実。TBSは局全体の考えもあるから、「アッコにおまかせ!」の番組内で謝罪しました。

~省略~

【gooニュース(AERA dot.) 2021.4.7.】

小池都知事による「竹山氏を血祭りにあげる計画」が完全に失敗に!「僕は謝罪しない」と毅然と立ち向かった竹山氏に小池側が”敵前逃亡”!

出典:YouTube

小池知事が出演するコロナ対策を呼び掛ける動画について、カンニング竹山さんが「4.7億円もかかった」と発言したことから勃発していた一連の騒動ですが、ご覧のように、都側は竹山さんへの”謝罪要求”を取り下げ
さらには、竹山さんが提案していた「公開討論」すらも子飼いの都議がドタキャンし、実質的に小池知事側が「完敗」する形で幕を閉じることになりそうです。

やったぁ!!
管理人さんも、竹山さんが「僕はこれ以上謝罪しない」との姿勢を示したことについて、「彼は大正解の対応を選んだ」と言ってたけど、本当にその通りの結果になったわねっ!!

ああ。ボクが言ったとおりだったろ。
小池知事側にとっては、当初は普段から政治腐敗に対して忌憚のない批判をしてきた竹山氏について、これを機に一気に”血祭り”にあげて、彼自身の口を封じるだけでなく、その他の芸能人に対しても圧力と脅しをかける目的で、何としても「強制謝罪」に持ち込むつもりだったんだろうけど、予想に反して竹山氏が都側の脅しに屈せず、逆にきちんとした根拠を示して、「東京都が”コロナ対策”との名目で血税の無駄遣いをしてきた」ことを指摘
これに多くの人が強い関心を向けたことで、慌てて都側が謝罪要求を取り下げ、竹山氏側の”追撃”(公開討論)すらも逃亡することで、強引に幕引き(自らの腐敗を隠蔽)を図ったという形だ。

先の記事でも述べたけど、まず、「間違った情報を出したこと」については、(竹山氏のように)気がついた時点で逐一訂正し、これについて真摯に謝ることは必要だろう。
しかし、「悪意のあるデマの流布ではない」上に「一般市民に寄り添った意見」だった以上、周りもこうした姿勢を評価した上で寛大な対応をすることが重要だし、情報発信者の側も、不必要に謝り続けたり口を閉ざす必要は全くない
多くの有名人や言論人が、まさに、過剰なまでに腐った権力に忖度し、「社会弱者に寄り添った視点」で意見することに対して異常なまでに恐れてしまっている実情がある中で、竹山氏は「ベストの対応をとった」ことは間違いないし、多くの有名人もこうした対応を見習い、民主主義社会としてあるべき視点や倫理観に基づいた発言をどんどんしていくべきだと思うよ。

その通りだと思います。
多くの人が「些細な間違いやミス」を恐れて口を閉ざしてしまうと、それこそ、民主主義とは正反対の「情報統制が徹底された独裁社会」が出来上がってしまいますし、「災い転じて福となす」ではないですが、今回の竹山さんの一件をきっかけにして、多くの有名人の方々が腐敗した権力による脅しや圧力を恐れずに、積極的に市民に寄り添った意見を発信していくことを願っています

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事