【朝生】竹中平蔵氏に国民の怒りが殺到!森ゆうこ議員から「利益相反ではないか?」との指摘にムキになって否定!「政府の真ん中なんかに居ない」「利益相反ではない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年11月27日の「朝まで生テレビ」に、菅政権で成長戦略会議のメンバーを務める竹中平蔵パソナ会長が出演森ゆうこ議員から、竹中氏が主導した関空の民営化事業について「利益相反ではないか」と指摘され、ムキになって否定する一幕があった。

・森ゆうこ議員は、政官に強い影響力を及ぼしながら民間企業の取締役を通じて莫大な利益を得ている竹中氏を批判した一方で、竹中氏は「政府の真ん中なんかに居ない」「利益相反ではない」などと否定。さらに、各地の医療機関をひっ迫しているコロナ危機に対して「重症患者430人で日本の医療が崩壊するなんておかしい」などと無知を晒すシーンもあり、竹中氏に対し国民から怒りの声が殺到している。

退場の潮時を迎えた竹中平蔵氏

~省略~

未来投資会議で竹中氏が熱心に取り組むのはコンセッションである。空港や上下水道などの公共施設について、施設の所有権を公的機関に残したまま、運営を企業が担う「民営化」だ。

一方で竹中氏は、民営化ビジネスに企業人として関わる。社外取締役を務めるオリックスはコンセッションに商機を見いだし、関西国際空港、大阪国際空港(伊丹空港)、神戸空港の運営に携わっているほか、近年浜松市の水道民営化に参入したばかりだ。

コンセッションに関わる非公表の重要資料を、オリックス取締役が「未来投資会議分科会長」の立場を利用して国交省から取得するのは利益相反行為である。だが、『週刊朝日』の取材に竹中氏は、「私が役員を務める会社に提供することはない」と答えて済ませている。

複数企業の経営者である竹中氏には、パソナ会長でありながら労働規制の緩和に関わるなど、常に利益相反問題がついてまわる。「民営化」や「規制緩和」を企業のビジネスチャンスとしか捉えていないことを裏づける事実でもある。

小泉純一郎政権の「構造改革」を閣僚として指揮した竹中氏は、安倍政権では未来投資会議だけでなく、自らの提言で実現させた国家戦略特区諮問会議の中枢メンバーでもある。未だ「構造改革」を継続する“改革の第一人者”だ。

だがいま、新型コロナウイルスが招いた経済危機は、医療従事者や非正規労働者など長年にわたる「構造改革」で疲弊した人々を急襲している。

~省略~

【週刊金曜日オンライン 2020.6.17.】

またも朝生に登場してきたパソナ竹中氏がネット上で大炎上!「利益相反なんかやってない」との白々しい主張に、国民から怒りの声が殺到!

出典:Twitter(@lolpallolpal)

前回の放送での「首を切れない社員なんて雇えないですよ」の暴言に国民から怒りの声が殺到したばかりなのに、ま~た懲りずに朝生に出てきたのねっ!!
これまで、小泉・安倍・菅政権下で隠然と影響力を発揮しながら散々「利益相反」で私腹を肥やしてきたくせして、よくもまあこんなことを白々しく言えるものねっ!

そもそも、自民や維新に絶大な影響力を発揮しつつ、パソナの会長を務めながら非正規雇用をどんどん増やす政策を政府に提言したり、外資が深く食い込む水道事業に投資しながら水道民営化を政府に提言したりと、まさに「利益相反の嵐」といってもいいような状態だし、彼の意欲的な”働き”によって、一体どれだけの日本国民が甚大な損害を被ったのだろうか。
おまけに、菅総理は竹中平蔵氏を自らの出世を助けてくれた「恩人」と感じているみたいで、(このまま菅政権が続く限り)満を持して成長戦略会議のメンバーに招集された竹中氏の政権への影響力がますます強大になっていくのは間違いないだろう。

幸いにも、竹中氏の悪行の数々はかなり多くの日本国民に知れ渡ってきているみたいで、ネット上を軽く観ただけでも、竹中氏に対する怒りの声やツイート数がすごいことになっている。
菅&竹中の政権が続く限り、日本国民がますます貧乏にさせられては、しまいには餓死や自殺に追い込まれる人が続出するような事態になりかねないし、この勢いで、菅政権に対する抗議の声をどんどん盛り上げては、竹中氏の腐敗した影響力を徹底的に削いでいく必要がありそうだ。

私も、周りの友達に竹中氏の悪行の数々を説明していくし、これ以上、日本の大事なインフラや労働環境をメチャクチャにされないように、国民みんなで最大級の反対の声を上げていく必要がありそうねっ!!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事