竹田恒泰氏が最悪の”皇室不敬発言”!「歴史学者は極左集団」「歩いてたら後ろから蹴り入れていいぐらい」→皇太子さまや三笠宮さまなど、皇室内に複数の歴史学者が!

Pocket

どんなにゅーす?

・旧皇族の子孫(明治天皇の玄孫)であるのを売りにタレント活動を行なっている竹田恒泰氏が、史上稀にみる皇室への不敬発言をしたとして批判が殺到している。

・竹田氏は、自身がレギュラーを務める「虎ノ門ニュース(DHCテレビ)」の中で、「だいたい歴史学者というのは基本的に歴史学自体が極左の分野ですから」 「だから街中、歴史学者が歩いてたら取りあえず後ろから蹴り入れといていいぐらい。いや本当そうですよ」「憲法学と歴史学と考古学、これは極左集団なんですよ」 などと発言。

・しかし、次期天皇即位を控える皇太子さま2016年に亡くなった三笠宮さまなど、皇室内に著名な歴史学者が複数存在しており、竹田氏による根拠のない思い込みによるカルト的な「反天皇思想」の暴言に怒りの声が相次いでいる。

タレントの竹田恒泰氏「歴史学者は極左集団」「歩いてたら後ろから蹴り入れといていいぐらい」→皇太子さまは歴史学者です

~省略~

今回問題となったのはこの動画。竹田恒泰氏と無断転載・コピペが問題となった「日本国紀」の編集者・有本香さんが出演した番組のワンシーンを引用したものです。

会話の内容を書き起こすとこんな感じ。歴史学を「極左の分野」とした上で、携わる人々について「歩いてたら取りあえず後ろから蹴り入れといていいぐらい」と言い放っています。

竹田恒泰「だいたい歴史学者というのは基本的に歴史学自体が極左の分野ですから。」
有本香「そうなの?(笑)」
竹田恒泰「そうです。だから街中、歴史学者が歩いてたら取りあえず後ろから蹴り入れといていいぐらい。いや本当そうですよ」
有本香「そうおっしゃってましたよね」
歴史学者を「極左集団」と決めつけ、「保守系の論文を書ける学会誌が存在しない」などとする竹田氏。

各種資料をもとに検証や考察を重ねて過去を紐解く歴史学に右翼も左翼もなく、「通説に異論があれば、しかるべきプロセスを踏めばいい」というのは、誰にでも分かりそうなものですが……。

竹田恒泰「憲法学と歴史学と考古学、これは極左集団なんですよ。」
有本香「例えば憲法学というのは、いいって話じゃなくて分からなくもないんですよ。だけど何で歴史学者が極左なんですか?」
竹田恒泰「皇室の歴史を否定したくて歴史学者になった人が多いんです。これは考古学もそう。考古学では有名な重鎮の先生たちは『自分は神話を否定したくて考古学者になった』と明言してる人も多い。それで掘れば掘るほど『神話が本当だった』というのが分かっちゃって、ざまあみやがれという事なんですけどもね。歴史学者というのは極左集団。学会見たらわかりますよ。だからあの保守系の論文を書ける学会誌が存在しない。」
まもなく新天皇となられる皇太子さまは、生物学などを専攻する皇族が多い中で学習院大学やオックスフォード大学にて史学を専攻した正真正銘の歴史学者。

旧皇族の血筋をアピールし、ことあるごとに皇室や皇族について語る竹田氏がそのことを知らないはずがないだけに、今回の発言は波紋を呼びそうです。

~省略~

【BUZZAP! 2019.4.1.】

これまでも詐欺まがいの問題行動が目立ってきた竹田恒泰氏が、最悪レベルの「皇室不敬発言」を炸裂!

出典:YouTube

これまでも、借金踏み倒し問題や悪徳マルチ商法騒動など、数々の詐欺まがいの問題行為を繰り返してきている竹田恒泰さんが、「歴史学者は極左集団」「後ろから蹴りを入れていいくらい」なんていう、最凶レベルの反知性発言を炸裂させたわ。
しかも、皇太子さまや16年に亡くなられた三笠宮さまなど、皇室内にも著名な歴史学者が複数存在していることから、これは皇室に対する最上級の「不敬発言」といってもいいものね。

竹田恒泰氏と言えば、こうした過去の詐欺まがいの行為に加え、以前には森友学園の講演会にも出席し、散々籠池氏の教育方針を褒めそやしていたものの、ひとたび自分たちにも”火の粉”が降りかかりそうになると、あっさりと籠池氏を見捨てた上「籠池は悪魔だな」と平然と言い放つほどに、背筋も凍るほどの薄情さや卑劣さを兼ね備えた問題人物だ。

今回の発言を見ても、その異常なまでの知性の低さと、思い込みと幻想に満ちた、ドン引きするほどのカルト思想を開陳させているけど、何よりも問題なのは、このように以前から犯罪まがいの行為を繰り返してきたにもかかわらず現在も主要なテレビ局が彼を積極的に起用しては、コメンテーターとして多くの番組に頻繁に出演し続けている事実だろう。
インターネットの一部のカルト番組に出ているくらいなら、そこまでの悪影響は無さそうだけど、日本中の多くの人が視聴しているテレビ番組に「常軌を逸したカルト思考」を持つ彼を出演させるのは、非常に危険だ。

こういった実情を見ても、すでに日本のテレビ局は、日本会議や統一教会などの、「ネオコン軍産系カルト宗教」の影響力が多く入ってしまっていることを思わせるけど、これらの集団は、(竹田氏の思想を見てもよく分かるように)皇室を敬う思想も微塵も持ち合わせていない長州安倍一派と安倍一派をコントロールしているグローバル軍産資本勢力に利益誘導する目的で日本国内に生み出された(右翼・保守を騙った)「グローバルカルト集団」といってもいいだろう。

こうした類いの勢力は、意図的に日本国内のモラルや伝統的な価値観を壊しつつ、グローバリストが推し進めている「日本の反知性化」や「国家組織の劣化や弱体化」「国境の破壊」などに徹底的に協力しているようにしか見えないし、今後もこの連中がますますメディア界で幅を利かせていくことに注意した方が良さそうだね。

ほんとに、彼の発言を聞いていても、なんだか現在の皇室に対する「強い恨み」があることすら感じさせるわ。
すでに、この国では、正統派の右翼や保守が絶滅寸前になってしまっているし、それと引き換えに、「ニセ保守勢力」のグローバリストが安倍政権の強権化とともにますます跋扈しつつある状況ね。

Pocket

 

 関連記事