■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【すごい】埼玉選挙区から出馬の高橋やすし氏が話題に!(奴隷化)ワクチン&改憲に反対!「WHOはゲイツ財団の資金で賄われている民間機関」「現在の日本は民間資本勢力にコントロールされている」

【すごい】埼玉選挙区から出馬の高橋やすし氏が話題に!(奴隷化)ワクチン&改憲に反対!「WHOはゲイツ財団の資金で賄われている民間機関」「現在の日本は民間資本勢力にコントロールされている」
Pocket

どんなにゅーす?

・今参院選において埼玉選挙区から出馬している元千葉大学特任教授の高橋やすし氏(無所属)の政見放送が話題になっている。

・高橋氏は「まず私が訴えたいことは、今の政治・マスコミ・教育から、ウソ、デマ、偽善、欺瞞を払しょくすること」としたうえで、日本社会の深刻な疲弊について「この状況を招いた原因は、政府・マスコミ・教育が率先してウソ・デマ・偽善・欺瞞を垂れ流しているから」と強調。その上で(人工的に醸成されたパンデミックによる)緊急事態条項の導入に反対しつつ、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の資金で運営されているWHOにコントロールされている現在の日本政府に強い危機感を表明。政見放送が一時YouTubeから強制削除されたこともあいまって、ネット上で多くの反響と共感の声が上がっている。

~省略~

高橋やすし ご挨拶

高橋易資です。

まず私が訴えたいことは、今の政治・マスコミ・教育から、ウソ、デマ、偽善、欺瞞を払しょくすることです。

「コロナは怖い感染症」のウソ、「コロナワクチンは安全」のデマ、「お祖父さんお祖母ちゃんさんのためにお孫さんへワクチンを」の偽善、「自己責任」の欺瞞、「温暖化で地球が破壊される」のデマ、「再エネで CO2 排出ゼロ」のウソ、「ウクライナは可哀そう」の偽善、「国の借金を次世代に残さない」の欺瞞、「右派左派二元論」の欺瞞、等々 、今の日本はウソ・デマ・偽善・欺瞞であふれている。

このままでは日本は立ち行かなくなる。

この状況を招いた原因は、政府・マスコミ・教育が率先してウソ・デマ・偽善・欺瞞を垂れ流しているからです。科学分野も侵されている。それはお金に踊らされているから。世界は金融の罠にはまっている。そう言っても過言ではありません。

多くの国民は、既に「何か可笑しい」と感じています。しかし何が可笑しいかまでは分からない。人と違う意見を言うと、周りの目が気になる。孤立するのは嫌だ。自己責任と言われ、悪いのはお前だと攻め立てられる。そして、夢や希望を見失なう若者、引きこもりや心の病、自殺する若者が増えている。

~省略~

もしこの状態を野放しにしたらどうなるでしょうか?

温暖化問題。政府が打ち出すCO2削減目標は、2030年マイナス46%、2050年カーボンニュートラル。技術的に全く不可能な目標が示され、国民がそれに向かって進みだす異常事態が起きています。

この行き着く先はどこでしょう。技術革新を考慮しても、2030年に人口マイナス30%、2050年に日本消滅となります。

~省略~

そしてワクチン被害者、この人たちを自己責任で片づけるべきではありません。政府が接種を主導した以上、政府の責任で救済すべきです。これはコロナワクチンも、子宮頸がんワクチンも同じです。

いま憲法改正が話題になっております。緊急事態条項は、ウソの緊急事態宣言で国民の自由や命を奪うことに繋がります。改憲は断固反対です。

今回、何故コロナ騒動が起きたのでしょうか? それは、日本政府がWHOの指示で動いているからです。WHOは国連の一部です。憲法は国の最高法規ですが、条約はその上にあります。改憲を阻止しても、WHOを中心とするパンデミック条約を締結すると、WHOの指示で日本でもロックダウンやワクチン強制接種が行われることになります。その時、日本は完全に主権を失うのです。2024年に審議が予定されている条約。日本人は自らの主権を守らなければなりません。

ここでWHOの運営資金について皆様に知って頂きたいと思います。

この運営資金は、各国からの分担金約2割と、幾つかの財団からの寄付金約8割で賄われております。財団の一つにビルゲイツ財団があり、その拠出金は日本政府の約2.4倍にもなります。これは、ウィキペディアに載っています。調べてみて下さい。

お金の力は絶大です。日本政府がWHOの指示に従うということは、日本国民が民間企業の支配下に置かれる、ということです。

こんなことがあって良いのでしょうか?

~省略~

【参議院選挙2022 埼玉選挙区 立候補者 高橋やすし(易資)特設サイト】

現在の人間社会の腐敗の根源を全て言い当てている高橋やすし氏に賛同の声が広がるも、一方で「非自民(護憲候補)の票の分散」で悩み苦しむ声も…!

出典:YouTube

にゃにゃ~~!!この人すごいにゃ!!
管理人さんが日頃から言ってきたこととほとんど同じことを指摘してるし、政見放送がYouTubeで強制削除されるのも前代未聞の事態だにゃ!!

さすがは近年「グローバルファシズム」に向かって急速に突き進んでいるYouTube(Google)という感じですね。
高橋さんがおっしゃっていることは極めてまっとうで問題の本質を完全なまでに言い当てているのですが…しかし、一方で、埼玉県の有権者のみなさんが誰に投票するか悩み苦しんでいるのも非常に頷けますね…。

多くの野党候補がこうした現在の人間社会の問題の根源をしっかりと指摘しつつ、「憲法改悪反対」「(グローバル企業製)ワクチンおよびワクチンパス反対」「ワクチン被害者救済」「ウクライナへの資金援助反対」「消費税廃止」を明確に提示し一致団結すればほとんど全ての問題が解決するんだけどね…。
これまでもボクが何度も指摘してきたように、すでに野党の内部にもグローバリストによる浸食が進んでおり、自公維勢力と明確な対立軸を打ち出すことが出来ていないことから、盛り上がりに欠けている上に投票率が大きく伸び悩む懸念が強まっているうえに、グローバリストによる「日本破壊計画」がますますスムーズに実行されていく危険が高まってきている。

とても簡単に言うと、与野党ともに”国連至上主義”が完全に定着してしまっており、(高橋やすしさんがおっしゃっているように)ビルゲイツ財団からの莫大な資金援助によって運営されているWHOに完全にコントロールされる体制を受け入れてしまっていることが最大の問題ということですね。

日本政府や野党勢力までもが、こうした民間資本勢力のコントロール下に置かれてしまうと、行き着く先は、超権力的な民間資本勢力が世界市民の生命・健康・権利までをも直接的かつ完全に掌握する「グローバル共産主義社会」であり、本来であれば、こうしたディストピア社会を何としても防ぐために、野党が「反グローバリズム」で一つにまとまっていかなければならないはずだ。
とにかく「最悪の事態を防ぐためにある程度妥協することを選択」するのであれば、(仕方なく)別の野党候補に入れることになるのだろうけど、本当に難しい上に困った事態だ…。

今の日本社会で野党勢力が生き延びていくためには、ある程度のグローバリズムを受け入れるしかないということですし、そうなると、今回の選挙で投票する際に主眼点に置くべきポイントになるのは「憲法改悪反対」と「消費減税(廃止)」になりそうですね。

こう考えると、「創憲」やら「新しい自主憲法」などと主張している政党は消えるし、少しは全体の見通しが良くなってくるかな。
いよいよ投票日が迫ってきたけど、ボクも残りの数日の間によりよく考えようと思うし、改めて、日本社会がかつてなかったまでのグローバリズムの浸食により危機的状況に陥っていることを痛感しているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事