■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【気象操作】政府が「人為的に台風を弱くさせる研究」に支援を行なう方針!台風の目に航空機で「大量の氷の結晶」を撒くことなどを検討!

【気象操作】政府が「人為的に台風を弱くさせる研究」に支援を行なう方針!台風の目に航空機で「大量の氷の結晶」を撒くことなどを検討!
Pocket

どんなにゅーす?

・近年、台風の勢力が大きく増してきていると言われている中、政府が「人為的に台風を弱くさせる研究」に支援を行なう方針であることが報じられた。

台風の目に航空機で大量の氷の結晶を撒くことで、台風のエネルギーを削ぐことなどが模索されているといい、大々的な気象操作の研究に政府が支援を行なうことに対し、ネット上では様々な声が上がっている。

人為的に「台風制御」 国が研究支援へ

~省略~

近年、温暖化の影響で日本近海の海面水温が上昇し、台風の勢力が一段と強まることが懸念される中、内閣府は、2050年にかけて重点的に取り組むべき研究課題の1つに「台風制御」や「気象制御」の分野を選定し、今後、研究費などを支援していく方針であることがわかりました。

航空機で台風の目に大量の氷の結晶をまき、台風のエネルギーを削ぐことなどが模索されていて、専門家チームが2年前の房総半島台風のケースでシミュレーションした結果、最大風速を3メートル減少させ、家屋への被害を3割程度減らすことができたということです。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日テレNEWS24) 2021.9.16.】

日本政府が「台風制御」の”気象操作”研究に支援を行なう方針!世界ではかなりの以前より様々な”気象操作”が日常的に行なわれていると考えるべき!

気象制御

~省略~

目的

気象制御の主な目的は、少雨や大雨、高温や低温、突風など、人間に被害を与える又は与える可能性のある気象現象を軽減することである。具体的には、少雨の地域に雨を降らせたり(人工降雨を参照)、熱帯低気圧を弱めたりその進路を変えたりといったことが研究されてきた。

他方、人間に被害を与える気象現象を軽減するのではなく、増強させることを目的とした軍事的な利用もある(気象兵器)。1977年5月18日、軍縮NGOの「環境制御会議(Environmental Modification Convention)」において気象兵器を平和目的での使用に制限する環境改変兵器禁止条約(環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約;Convention on the Prohibition of Military or Any Other Hostile Use of Environmental Modification Techniques。略称はENMOD)がジュネーヴにおいて採択された。

~省略~

【Wikipedia(気象制御)】

高周波活性オーロラ調査プログラム

高周波活性オーロラ調査プログラム(こうしゅうはかっせいオーロラちょうさプログラム、英: High Frequency Active Auroral Research Program、略称:HAARP、ハープ)とは、アメリカ合衆国で行われている高層大気と太陽地球系物理学、電波科学に関する共同研究プロジェクトである[1]。

概要

アメリカ空軍、アメリカ海軍、国防高等研究計画局 (DARPA)、アラスカ大学(英語版)などの共同研究であり[2][1]、HAARPによれば、研究の目的は地球の電離層と地球近傍の宇宙環境で発生する自然現象を探求し、理解することにある[3]。「電離層ヒーター」ともいわれている送信施設は、アラスカ州・ランゲル・セントイライアス国立公園の西にあるOTHレーダーの跡地に建設され、1980年代の終わりから建設が始まり、2005年の終わり頃に完成したとされる。HAARP研究施設の建設には、2億9000万ドルもの投資が成された。

プロジェクトにはアラスカ大学をはじめとして、スタンフォード大学、ペンシルベニア州立大学 (ARL)、ボストン大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) など14以上のアメリカ国内の大学が関わっており、日本の東京大学も誘導磁力計 (induction magnetometer) を提供している[4]。

~省略~

【Wikipedia(高周波活性オーロラ調査プログラム)】

「台風を人工的に弱める研究」に日本政府が支援する方針であることが報じられたわ。
言い換えれば、「気象操作」の研究に日本政府が本格的に関わっていくってことだけど、そもそも、「気象を人工的にコントロールする」といった考えは、ずっと昔から世界支配層(グローバル資本勢力)を中心に本格的に研究が進められてきたことであり、すでに世界中で様々な気象操作が行なわれていると考えるべきだわ。

近年、日本において台風や豪雨の被害が深刻化してきているようにみえるけど、これも本当に「完全なる自然現象」なのかどうかも分からないし、どこかでわずかな実験や操作を行なっただけで、思いもよらないような(離れた)地域で非常に大きな影響や変化が発生する可能性も大いにあるはずだ。
また、少し前にオーストラリアで異常なまでに山火事が多発し、10万匹を超えるほどの野生動物が死んでしまった事態が起こったけど、あれだって、「地球温暖化」を盛り上げていくためのグローバリストによる自作自演の「放火テロ」の疑いが出ているし、もしそうなのだとしたら、これも立派な「気象操作」の一つであるといえるのではないかな。

とにかくも、昔から「気象操作」の研究が覇権国で競うように行なわれてきたのは紛れもない事実である以上、すでに一般市民が認識していない中で「グローバル支配層にとって都合がいい気象」が世界のあちらこちらで作り出されていると考えておいた方がいいだろう。

今回の研究においては、航空機から大量の氷の結晶をばら撒くことで、台風の威力を弱めることが構想されているみたいだけど、この際に純粋な氷の結晶だけでなく、何らかの有害な物質をばら撒けば、自然環境や人体にとって大きな悪影響を及ぼすことになるでしょうし、言うまでもなく、こうした「台風制御」が本格的に実用化されれば、思いもよらない深刻な事態を引き起こす危険性があるわ。

てか、すでに米軍機などを通じて日本の上空に有害な物質を撒かれている疑いもあるし、こうした「航空機を通じた有害化学物質の散布」については、以前より米国などの世界各国で様々な疑念がくすぶってきた。
いずれにしても、重要なことは、「『気象操作』について、ずっと昔から世界の支配層が大々的に研究や実験を行なってきた」ことを知ること、そして、「(気象兵器やウイルス兵器など)ボクたち一般市民が認識しているよりも、ずっと最先端で危険な技術がすでに開発されていては、様々な形で実験が行なわれている」と考えておくべきだということだ。

そうした内情を認識するためにも、今回のニュースはとても有用なものだと思うし、現在グローバル資本勢力が「既成事実」として世界の政府や市民にしきりに吹き込んでいる「地球温暖化」についても、もう少し俯瞰的かつ懐疑的な目を持ってよくよく見つめていくことが重要なのではないかしら。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事