衆院補選、自民がともに敗戦!沖縄は野党系・屋良朝博氏が、大阪は維新・藤田文武氏が当選!共産・宮本岳志氏は惜しくも敗戦

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月21日に大阪12区・沖縄3区で投開票が行なわれた衆院補選において、自民党がともに敗戦した。

・沖縄では、玉城知事率いる「オール沖縄(野党系)」が支援した屋良朝博氏が、安倍政権が推薦した島尻安伊子元沖縄北方担当相を破って勝利。大阪では、自民が故・北川知克元環境副大臣のおい・晋平氏を擁立し「弔い選挙」を演出したものの、大阪で高い人気を誇る維新の藤田氏に及ばなかった。

衆院補選、自民2敗 大阪は維新・藤田氏 沖縄は屋良氏

衆院大阪12区、沖縄3区の両補欠選挙が21日、投開票された。大阪12区で日本維新の会が擁立した新人の藤田文武氏、沖縄3区で野党が支援した無所属新人の屋良朝博氏がそれぞれ初当選した。第2次安倍政権の発足以降、自民党が補選で敗れるのは、不戦敗だった2016年の衆院京都3区補選を除けば初となる。

大阪12区補選は自民党の北川知克元環境副大臣の死去に伴う。投票率は47%で前回比0.5ポイント減となり過去最低だった。

自民党は北川氏のおい、晋平氏を擁立し「弔い選挙」を訴えた。維新の藤田氏は7日投開票の大阪府知事・市長のダブル選の勝利を追い風に戦いを制した。旧民主党政権で総務相を務めた樽床伸二氏、元共産党衆院議員の宮本岳志氏は「非自民・非維新」の受け皿を狙ったが支持に広がりを欠いた。

玉城デニー氏の沖縄県知事転出を受けた沖縄3区補選は与野党が対決する一騎打ちの構図となった。投票率は43.99%で前回に比べ10.06ポイント下がり過去最低となった。

立憲民主党や国民民主党など野党が支援した屋良氏は安倍政権が進める米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対を主張した。移設を容認し沖縄振興を訴えた自民党新人の元沖縄・北方相の島尻安伊子氏は及ばなかった。

普天間基地の辺野古移設をめぐっては、18年9月の県知事選、今年2月の県民投票に続いて反対派が勝利した。

2補選は、安倍晋三首相が18年9月の自民党総裁選で連続3選して以降、初めての国政選挙となった。首相が20日に大阪入りするなど各党は期間中、幹部を連日現地に送り込んだ。選挙結果は参院選に向けた各党の動きに影響を与えそうだ。

~省略~

【日経新聞 2019.4.21.】

沖縄では、辺野古基地反対の屋良氏が快勝!改めて、沖縄の強力な民意が示される!一方、大阪は維新勢力の増長で安倍政権に追い風か!

出典:YouTube

大阪と沖縄で行なわれた衆院補選ですが、大阪は維新の藤田氏、そして沖縄は野党系(オール沖縄)の屋良さんが当選となりました。
色々な見方が出来そうな結果ですが、ひとまず、沖縄で野党系候補が勝利したのは本当によかったです。

うむ。沖縄に関しては、(当初より与党の劣勢が伝えられていたけど)本当にいい結果が出たね。
やはり、安倍政権のグローバリズム(民主主義蹂躙の”隷米”主義)に対して確固たる「NO」を突きつけ続けている沖縄の高い民意は大いに見習うべき部分があるし、ボクたち本土の庶民にとっても、本当に有り難くも心強い限りだ。

その一方で、大阪の方は、確かに自民党は敗北したものの、安倍総理本人はもしかしたら、維新が勝った方が「嬉しかった」部分があったかもしれない。
上のツイートで非常に的確な指摘があるけど、まさしく維新とは、安倍政権の方向性をより”先鋭化”させた政党であり、1%のグローバル資本勢力を徹底的なまでに優遇しつつ、残りの99%の一般庶民を極限的なまでに搾取・蹂躙し、市民をかつてない貧困に追いやる方向性で一致(いわゆる「竹中メソッド」している状況だ。

自民党の内部を見ると、旧来の穏健なグローバリズムや、やや反グローバリズム寄りな勢力が含まれているけど、安倍政権の中枢勢力は、今や維新の方が親和性が高い、「急進的なグローバリズム路線」だ。
それに、”憲法改悪”などを強力に推進している、安倍一派を支援している日本会議などのグローバルカルト(エセ愛国カルト)教団勢力の動きにも完全に同調しているし、ちまたのマスコミでは、しきりに「安倍政権に打撃」なんて伝えられているけど、これにあんまり惑わされない方がいい気がするぞ。

これらのマスコミ報道は、野党(市民)側を油断させる目的でミスリードしている可能性もあるかもしれません。
今回の選挙結果だけでは、「安倍政権の勢力が弱まってきている」とは言い難い部分がありそうですし、野党側は相当気を引き締めて野党共闘を進めていかないと、次の選挙で惨敗する可能性があるでしょう。

その上で、今回の選挙で惜しくも敗れてしまった宮本岳志さんも、また次の選挙で私たちが全面的に支援し、再び国会の場に送り出していく必要がありますね。

その通りだね。
とにかく、単純な「自民2連敗」ではないように思えるし、野党側は、今回宮本氏を団結しながら応援した経験を生かし、次の選挙でより質の高い共闘路線を打ち出してもらいたいところだ。

Pocket

 

おススメ記事&広告