■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【これが現実】安倍国葬の出席可否、締め切り過ぎても多くの国から返事すらなし!外務省「現時点でまだ多くの国から返事を頂いていない」「『早く教えて欲しい』と働きかけを続けている」

【これが現実】安倍国葬の出席可否、締め切り過ぎても多くの国から返事すらなし!外務省「現時点でまだ多くの国から返事を頂いていない」「『早く教えて欲しい』と働きかけを続けている」
Pocket

どんなにゅーす?

・安倍一族と反日朝鮮カルト・統一教会との癒着の実態が大きく報じられている中、安倍氏の国葬について、締め切りを大幅に過ぎているにもかかわらず、多くの国から出席可否の返事が届いていない内情が明らかになった。

・外務省は「各国・地域には8月中旬をメドに回答していただきたいと伝えています。とにかく早く教えて欲しいということで、働きかけを続けています」としているものの、ますます国葬そのものが大失敗に終わる可能性が高まっている。

安倍氏国葬は参列希望殺到どころか…〆切り過ぎても「諸外国から返事が来ない」と外務省困惑

“ビッグネーム”は軒並み不参加──。

9月27日に行われる安倍元首相の国葬は、米国のバイデン大統領、フランスのマクロン大統領に続き、訪日を検討中と伝えられていたドイツのメルケル前首相も参列を見送ることが分かった。

~省略~

政府は国葬費用として、すでに今年度予算の一般予備費から2億4940万円の支出を閣議決定している。これに加えて警備費や海外からの要人対応の費用など総額いくらになる見込みなのかという野党の質問に対し、外務省の担当者はこう答えた。

「外務省が担当するのは外国から来る要人の接遇経費ですが、現時点でまだ多くの国から返事を頂いていない。そういう国に対して返事の刈り取りを進めている」

「各国・地域には8月中旬をメドに回答していただきたいと伝えています。とにかく早く教えて欲しいということで、働きかけを続けています」

■“弔問外交”も期待外れ

岸田首相は国葬を決めた理由のひとつとして「安倍元首相に対する諸外国の弔意と敬意」を挙げている。31日の会見でも「諸外国から多数の参列希望が寄せられている。国として礼節をもって応える必要がある」と言っていた。

ところが実際は、多数の参列希望どころか、8月中旬の締め切りを大幅に過ぎて9月になっても多くの国から返事がないというのだ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.9.5.】

多くの日本国民が反対している安倍国葬に海外の国々もそっぽ!?締め切りを大幅に過ぎても多くの国から出席可否の返事すらなし!

出典:テレ朝news

やっぱり、こんなアホなイベント、最初っからやるべきじゃなかったんだわっ!!
安倍シンパの連中は「世界の要人が参列したがっている国葬を何としても開催すべき!」などと主張してたけど、ご覧の通り、多くの国が出席可否の返事を出す気すらないじゃないのよっ!!

最初から出る気が全くなかった(相手にすらしていない)か、ここまで多くの日本国民が反対している上に、安倍氏が反日朝鮮カルトとズブズブだった実態が明らかになったのを受けて、自分たちのブランドイメージが傷つくのを嫌がって関わるのを避けたか…そんなところだろう。
マクロンやメルケルも参加を取りやめたけど、多くの首脳がこんな腐りきった茶番イベントに出席している暇はないということだろうし、この安倍国葬を何としてもやりたがっているのは、統一教会やそれと近しいカルト宗教の関係者か、国葬関連業務を独占的に落札した「ムラヤマ」(と親会社の日テレや電通)くらいなのが現状だろう。

結局は、「桜を見る会」と大差ないような、自民党のお友達企業を丸儲けさせるだけの腐った茶番イベントになるのは確実ですし、このままでは東京五輪やアベノマスクに続いて、またしても私たちのなけなしの税金が大量にどぶに捨てられてしまうわっ!!

全く意味がないどころか、こんなもの初めからやらない方がよっぽど国民のためになるだろう。
こんな風に、国民から搾り上げた血税を次から次へとお友達企業に無制限に横流ししていれば、どれだけ増税しても国民に利益が還元されることは永久にないし、そのうち国民も干からびてしまっては日本の国家そのものが滅んでしまう

「桜」でも常連だった「ムラヤマ」が国葬業務を担当することになったこと自体が全てを物語っているし、まさしく日本政治の腐敗と衰退を象徴した「新たな黒歴史」の1ページに刻まれることになるのは間違いなさそうだわ!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事