山形県で野生キノコ「サクラシメジ」から基準値3倍のセシウム検出され、自主回収!福島県でもアミタケ、マイタケなどから基準値超のセシウム

Pocket

どんなにゅーす?

山形県の山形市や尾花沢市で採取された野生キノコ「サクラシメジ」から、基準値の3倍にあたる放射性セシウムが検出され、現在自主回収を進めているという。大江町の「道の駅おおえ」で販売されていたものについては、すでに350グラム入りが6箱販売されたとのこと。

・また、福島県の昭和村や柳津町産のアミタケやサクラシメジ、福島市で製造されたマイタケの加工品から基準値超の放射性セシウムが検出されており、現在も各地の山林において放射性物質が多く蓄積している実情が浮かび上がっている。

野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収 山形

~省略~

これは、厚生労働省が9月19日に行なった買い上げ調査で判明した。県によると、大江町の「道の駅おおえ」では、販売していた山形市産のサクラシメジから基準値の3倍にあたる1キロあたり300ベクレルの放射性セシウムが検出された。すでに1箱350グラム入りが6箱販売され、現在自主回収を進めている。

また、尾花沢市の「道の駅尾花沢」で販売していた市内産のサクラシメジからも、基準値を超える放射性セシウムが検出された。こちらの販売は、厚生労働省が調査のため買い上げたものに限られ、他への流通はないという。

県は25日以降に山形市と尾花沢市とその周辺市町から採取した検体を調べ、基準値を超えた場合、採取地の市と町に野生キノコ全てについて出荷の自粛を要請する。

【Yahoo!ニュース(さくらんぼテレビ) 2018.9.22.】

基準値超えキノコを販売 福島・猪苗代町の直売所

福島県は20日、同県猪苗代町の直売所「中原直売アキ子の店」が、国の出荷制限対象となっている野生キノコ4種類を販売していたと発表した。2種類は食品衛生法での放射性物質の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超えていた。県は販売停止と自主回収を要請した。

この店は5月にも基準値を超える山菜を売っていたとして、県の指導を受けていた。

県によると、店では同県昭和村産のアミタケなどを販売し、少なくとも84パックが売れた。経営者の女性が出荷制限を知らずに知人から買い受け、店頭に置いていたという。

今月19日、県職員が巡回中に発見。残っていた柳津町産のサクラシメジからは1キログラム当たり210ベクレルが検出された。県内産の野生キノコ類は、会津地方の4町村を除き出荷や提供が制限されている。

【iza 2018.9.23.】

セシウム
マイタケ加工品から基準値超検出 福島 /福島

福島市は23日、市内で製造されたマイタケの加工品「舞舞パウダー」から、基準値(1キロあたり100ベクレル)を超える同160ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。既にJAふくしま未来の直売店「ここら」など市内7店舗で245袋が販売され、市は業者に対し自主回収と出荷の自粛を要請した。

【毎日新聞 2018.9.24.】

今年(2018年)も、各地で野生キノコから基準値超の放射性セシウムが検出・自主回収が相次ぐ!

↓山形県で自主回収されたサクラシメジは、人気の野生キノコの一つ。

出典:Wikipedia

山形県の山形市や尾花沢市で採取された野生キノコ・サクラシメジから基準値を超える(最大3倍程度)放射性セシウムが検出され、行政が自主回収を進めているとのことです。
また、福島でもサクラシメジやアミタケ、マイタケの加工品など、各地で基準値超の放射性セシウムが検出され、自主回収が相次いでいるようですね…。

福島原発事故からすでに7年以上が経過しており、日本国民の間でも当時の事故の衝撃の記憶が徐々に薄れつつある中で、今でも原発事故の影響が確実に続いていることを改めて思い返されるニュースだね。
山形市や尾花沢市など、いずれも福島第一原発から比較的離れている地域にもかかわらず、最大で基準値3倍程度のセシウムが検出されたというのも、改めて事故時にはかなりの広範囲に放射性物質が飛散しては、今でも山林に蓄積されている実情を感じる上に、すでに販売されてしまった商品もあるとのことで、行政による検査や規制はかなりザルに近い状態であり、国民自身が危機管理意識を持ちながら、なるべく放射性物質を取り込まないためにも各自で気を配っていく必要性を感じているよ。

この様子では、地元の直売所や道の駅など、ろくに検査を受けていない野生キノコが多く販売されては、すでに国民の胃の中に収まってしまっている可能性も否定できませんね…

最近では、福島原発事故や放射性物質関連のニュースが一気に少なくなってしまったけど、目に見えないところで、徐々に日本国民の間に放射性物質が蓄積しているのは確かだろうし、当時の事故の規模を鑑みても、はっきりと因果関係が分からない範囲で、健康上の何らかの影響がすでに少しずつ出てきている可能性も否定できないからね。

あの衝撃的な事故を永遠に忘れないようにしながら、各自が自分自身の健康を守っていくための思考を持ち、適切な行動を継続していくことの大切さを感じているよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket