■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【納得】「外国人が住みたい・働きたい国」日本が世界ワースト6位に!(日本の1つ上はキプロス、1つ下はエジプト)「給料が安すぎる」「仕事環境が悪い」が最大の理由に!

【納得】「外国人が住みたい・働きたい国」日本が世界ワースト6位に!(日本の1つ上はキプロス、1つ下はエジプト)「給料が安すぎる」「仕事環境が悪い」が最大の理由に!
Pocket

どんなにゅーす?

・「インターネーションズ」が、「外国人が住みたい・働きたい国ベスト・アンド・ワースト」の最新版(21年版)を公表。日本がワースト6位にランクインしたことが話題になっている。(ベスト1位は台湾)

・ワーストランクの周辺を見ると、日本の一つ上のワースト7位はキプロス、一つ下のワースト6位はエジプトで、日本に住みたくない・働きたくない理由として、「給料が安すぎる」「仕事環境が悪い」といったものが多かったほか、「ワークライフバランスは世界最悪だ」との声や「独特の文化になじむのが大変」との声も多く出たという。

日本は“納得”のワースト6位。「外国人が住みたい、働きたい国」ランキング【2021年版】

~省略~

世界59カ国・地域に住む、174カ国からの外国人居住者1万2420人を対象にした調査で、滞在先での生活を37の観点から7段階で評価してもらった(調査実施は2021年1月)。

さらに、各観点の評価を組み合わせて13のサブカテゴリに仕分け、それを使って「生活の質」「定着の容易さ」「仕事環境」「家計の状況」「生活費」という5つの指数を導き出した。

ただし、外国人居住者50人以上の評価(回答)が得られなかった国はランキングから除外した。

まず、2021年「外国人が住みたい・働きたい国」ランキング首位の座は、3年連続で台湾が占めた。2位以下は、メキシコ、コスタリカ、マレーシア、ポルトガルと続いた。

主要20カ国・地域(G20)からは、6位にオーストラリア、9位にカナダがランクインした。

ここからランキングのワースト10、言い換えれば「外国人が住みたくない・働きたくない国」を10位から最下位まで順に見ていこう。

~省略~

【ワースト10位】マルタ

~省略~

【ワースト9位】インド

~省略~

【ワースト8位】トルコ

~省略~

【ワースト7位】キプロス

~省略~

【ワースト6位】日本

英金融大手HSBCによる海外駐在員の生活調査レポート(2019年)でも、33カ国中32位と芳しくない評価だった日本。

同様にインターネーションズの調査でも、「定着の容易さ」で世界58位(ワースト2位)だった。多くの外国人居住者から、日本は独特の文化になじむのが大変との声があがった。

また、「仕事環境」も世界50位(ワースト10位)で、あるアメリカ人居住者は「ワークライフバランスは世界最悪だ」と答えているが、それは多くの日本人が感じているところだろう。

「生活費」は意外にも世界38位で高くもなく低くもなくといった結果だったが、日本人からもよく聞かれる「給料が安い」との不満通り、外国人にとっても「家計の状況」は厳しく、世界54位(ワースト6位)だ。

外国人にとっても日本人にとっても嬉しくない環境がなかなか変わらないというのは、まさに日本の現状そのものではないか。

【ワースト5位】エジプト

~省略~

【ワースト4位】ロシア

~省略~

【ワースト3位】南アフリカ

~省略~

【ワースト2位】イタリア

~省略~

【ワースト1位】クウェート

~省略~

【Yahoo!ニュース(BusinessInsider) 2021.6.3.】

安倍&菅政権が「外国人労働者(奴隷)大幅拡大政策」を推進する中、すでに外国人は日本を拒絶!「ライフワークバランスが世界最悪」との声も!

安倍&菅政権が、外国人労働者の大幅な拡大(実質的な「使い捨て奴隷大量確保政策」)を強力に推し進めている中、すでに大多数の外国人が日本を拒絶している実情が見えてきました。

うわわぁ~~っ!!
先日には、日本に働きに来ていたスリランカ人の女性が入管に収容されている最中に殺されてしまうという、あまりにも悲惨で残忍な事件が発生しましたけど、世界の人々は私たちが思っている以上にこの国のことをとてもよく見ているんですねぇ~!!

●過去参考記事:【暗黒国家】入管内で死亡したウィシュマさんの収容中の映像、入管が公開拒絶!上川氏「理由を答えるのは差し控える」→劣悪な虐待行為が行なわれていた疑いも!

ワースト10にランクインした国を見てみると、見事なまでに、衰退しつつある国や生活環境が悪い国、経済が大きく立ち遅れている国ばかりだし、これでG7の一員として(「先進国の顔」として)ドヤ顔をしながら莫大な国富を世界中にバラ撒き続けていること自体、完全なお笑い沙汰というか、ここまで立派な見た目や肩書に対して中身が全然伴っていないのも珍しいんじゃないかな。

とにかくも、日本がワースト6位にランクインしたのは、なんといっても「馬車馬のようにハードワークさせられているのに、あまりにも給料が安すぎる」の一言に尽きるだろう。
まさに、「どれだけ必死に働けど、一向に豊かになれないどころか、”じり貧状態”でどんどん貧しくなり続けている」というのが今の日本の実情であり、なによりも、外国人だけでなく日本国民も全く同じ状態に見舞われているというのが最大の問題だ。

さらに問題なのは、こうした実情があるにもかかわらず、多くの日本国民が「なぜここまで懸命に働いているのに、一向に豊かになれないのか?」という根本的なことについて真剣に考えることもせず、ますます「グローバル資本勢力の奴隷」として、いいように搾取され続けてしまっている現実があるということです。

本来であれば、こうした根源的なおかしさや問題点をよくよく考えて、それが「政治や社会システム(グローバリズム)」に大きな問題があることが気が付き、今の自民政権(グローバル資本勢力の犬)に全力で反対し、ジャパンハンドラーの使用人同然の”悪徳売国議員”を徹底的に落選させては、「日本国民最優先」の愛国的な議員を多く国会に送っていかないといけないはずなんだけど…現実を見ると、ますます投票率は下がる一方だし、そりゃ、必然的にこんな不幸な社会になってしまうわけだよ。

結局は、回りまわって、私たち国民自身が「搾取されている大元」を完全に放置してしまっているせいで、このような(どれだけ働いてもどんどん貧乏になり続ける)酷い状態を作り出してしまったってことですねぇ…。

この前に発生した、入管による「スリランカ人女性(虐待)死亡事件」の衝撃も世界に大きく拡がっただろうし、ここまで日本の劣悪な労働環境や社会情勢が世界レベルで認識されてきている以上、どれだけ菅政権が外国人労働者を呼び寄せようとしても、大多数の外国人が拒絶する可能性が高いだろう。
こうなるとますます、(政府が率先して)国内経済や内需を一刻に早くに活性化させていかないと、この先確実にやってくる未曽有の少子高齢化によって、ますます「負のスパイラル」に陥っていくだろうし、このままいくと、冗談抜きでこの国が破綻し、日本国民の大多数が滅びる時がやってきてしまうかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事