■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【暗黒国家】入管内で死亡したウィシュマさんの収容中の映像、入管が公開拒絶!上川氏「理由を答えるのは差し控える」→劣悪な虐待行為が行なわれていた疑いも!

【暗黒国家】入管内で死亡したウィシュマさんの収容中の映像、入管が公開拒絶!上川氏「理由を答えるのは差し控える」→劣悪な虐待行為が行なわれていた疑いも!
Pocket

どんなにゅーす?

名古屋入管に収容中だったスリランカ人女性・ウィシュマ・サンダマリさん(当時33)が死亡した事件について、収容中の映像を公開するように遺族や野党が求めている中で、入管がこれを拒絶。一時は「最終報告書に記載する部分の映像は公開する」と譲歩する様子を見せていたものの、その後「保安上の理由」などとして公開を拒み続けている

上川法相は、映像の公開を拒絶している理由について、「理由を答えるのは差し控える」とコメント悪質な虐待行為が行なわれていたもののこれを隠蔽している疑いもあり、ウィシュマさんの遺族や日本国民からも怒りの声が上がっている。

【動画】入国管理局で死亡したウィシュマさん収容中の映像、非公開なぜ? 上川法相「答え差し控える」

名古屋出入国在留管理局で死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=の収容中のビデオ映像を公開するよう遺族や野党が求めている問題で、上川陽子法相は25日の閣議後会見で非公開の理由を問われても「答えるのは差し控える」と述べるにとどまった。
映像について出入国在留管理庁は、14日の与野党国対間協議などで「最終報告書に記載する部分の映像は公開する」と一時譲歩する場面もあったが、それ以外は一貫して「保安上の理由」で非公開としてきた。

~省略~

会見では、ウィシュマさんの妹らが遺体と対面する様子が放映された22日の民放テレビについても質問が出たが、上川氏は「いろいろな報道があることは承知しているが、いちいちコメントするのは差し控えたい」と話した。

番組は、黒ずみやせ細ったウィシュマさんの左手と、妹2人が「手を見てとても苦しんでいたのがわかる」と号泣する場面を写し出していた。(望月衣塑子)

【東京新聞 2021.5.25.】

【動画】ウィシュマさん映像の公開拒否、差別を疑う遺族に上川法相「考えたこともない」

名古屋出入国在留管理局で収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=の遺族が、施設内の監視カメラ映像を日本政府が開示しないのは「差別だ」と批判していることについて、上川陽子法相は21日の閣議後記者会見で「そういうとらえ方は全くしていない」と反論した。

上川氏は「私自身も海外で病気で入院したこともある。1人の命に向き合うということで、そういうこと(差別)は全く考えたこともない。客観的に判断し、結論をしっかりと説明する」と述べた。
また、最終報告の前後で上川氏が映像を自分で見るかについては「第三者が(調査で)ビデオを見ており、それを大事にしたい」と言及を避けた。

~省略~

【東京新聞 2021.5.21.】

入管映像非開示「隠しごとでも」 遺族の願い、国は聞いているか

「これが本当に優しかった姉なのでしょうか。信じられないです」。その言葉が記者の耳から離れない。名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で3月6日に亡くなったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)。変わり果てた姉の亡きがらと5月16日に対面した妹たちの言葉だ。

~省略~

DV被害、訴えたのに

ウィシュマさんは2017年6月に、日本で英語を教えることを夢見て日本語学校に留学したが、学費が払えなくなり、在留資格を喪失。20年8月に住んでいた静岡県で交番を訪れ、名古屋入管に収容された。

支援者には、収容前にスリランカ人の同居男性から「長い時間なぐられた」などドメスティックバイオレンス(DV)を受けたと訴えていた。遺品の中から、この男性から届いた「あなたを捜して罰を与える」などと書かれた手紙が見つかっている。だが、ウィシュマさんは不法滞在者として扱われ、DV被害者として保護されることはなかった。

「大好きな国」日本での生活は、入管施設での死という悲痛な結末に終わった。

~省略~

【毎日新聞 2021.5.21.】

その本質は、中国と同じ「人権蹂躙暗黒暴力国家」!その”魔の手”は着実に日本国民にも…!

出典:YouTube

名古屋入管に収容されていたウィシュマさんが死亡した事件について、入管側が収容中の映像の公開を頑なに拒絶
上川法相に至っては、「非公開の理由を答えるのは差し控える」と、その理由を説明することすら拒絶している有様で、遺族の方々はもちろん、日本国民からも怒りと疑いの声が噴出しています。

先の記事において、日本の入管について(深刻な人権蹂躙や暴力・虐待は当たり前の)「大日本帝国時代の体質や精神性を色濃く受け継いでいる、北朝鮮さながらの『狂気の組織』」と評したけど、こうした様子を見る限り、ますます収容中に残虐な虐待行為が行なわれていた疑いが強まってきたね。
中国や北朝鮮では、こうした政府による虐待・殺人行為を告発しようとしたり批判した人々までもが容赦なく捕まえられて殺されたりしているけど、入管の幹部や上川法相らも、本音では同じように「極めて暴力的なやり方」で反対や批判の声を根こそぎ排除し封じ込めたいと思っているはずだ。

「こうした姿(ウソを繰り返して自らの虐待・殺人行為を全力で隠蔽)」こそが、自民政権の日本政府の本質や実態であり、このまま自民党を放任し続けていると、間違いなくいずれは私たち一般の日本国民にもその矛先が向けられることになり、”憲法改悪”が実現されれば、いよいよ、最低限の人権や自由さえも許されない、中国ともそっくりの恐怖のディストピア社会がやってくることになります。

中国においても、ウイグル人などに対する暴力的な弾圧や虐待行為が行なわれているけど、この日本においても、政府内で(「殺人行為」といってもいいほどの)暴力行為や虐待が横行している現実をよく知る必要がある。
あまりにも理不尽で無残な死を遂げたウィシュマさんの遺族からの必死の訴えや怒りに対しても、「そういうこと(差別)は全く考えたこともない」などと極めて冷淡に言い放っている上川法相はまるで悪魔のようだし、ボクたち自身も、(マスコミ誘導などに流されて)半ば政治に無関心になってしまっては漫然と放任してきた自民政権について、「どれだけ危険で恐ろしい性質を持っているのか」についてもっとよく認識する必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事