■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

菅政権、9月30日に全国の「緊急事態宣言&まん延防止の一斉解除」の方針を固める!→(ワクチンパス普及のために)今冬の感染大爆発を促進!

菅政権、9月30日に全国の「緊急事態宣言&まん延防止の一斉解除」の方針を固める!→(ワクチンパス普及のために)今冬の感染大爆発を促進!
Pocket

どんなにゅーす?

・全国的に新型コロナの新規感染数が大きく減ってきているとして、菅政権は、9月30日に全国の緊急事態宣言とまん延防止等重点措置を一斉解除させる方針を決定。この動きに対して、ネット上で危機感を唱える声が上がっている。

緊急事態宣言 まん延防止措置 今月30日で全て解除の方針 政府

新型コロナウイルス対策で、東京や大阪など19の都道府県に出されている緊急事態宣言と8つの県に適用されているまん延防止等重点措置は、いずれも30日が期限となっています。

これについて、菅総理大臣は午後5時半すぎから総理大臣官邸で西村経済再生担当大臣や田村厚生労働大臣ら関係閣僚と会談し、対応を協議しました。

その結果、期限の30日ですべて解除する方針を固め、与党側に伝えました。

政府は28日、こうした方針を感染症などの専門家でつくる基本的対処方針分科会に諮り、了承が得られれば対策本部で決定することにしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.9.27.】

19都道府県の緊急事態宣言、30日で解除へ…行動制限は段階的に緩和

~省略~

米国から帰国した菅首相は26日夕、首相公邸で厚生労働省の樽見英樹次官らから最新の状況報告を受けた。

田村厚生労働相はこれに先立ち、同日のNHK番組で「新規感染者の減少傾向は止まっていない。この状況で行けば、9月末での宣言の解除は実現できる」と明言した。全国的な感染状況の改善に加えて、自宅療養者数や入院率なども「非常に早いペースで数値が改善している」と指摘した。

宣言から重点措置への移行は、感染症の専門家や自治体の意向を踏まえて判断するが、政府高官は「移行の必要はない」と述べた。

宣言解除後、政府は日常生活に関わる行動制限を段階的に緩和する。宣言解除後について、田村氏は「すぐに元の生活に戻るかというと、段階的にやっていかざるを得ない」と語った。

~省略~

【ヨミドクター(読売新聞) 2021.9.27.】

東京 コロナ 11人死亡 154人感染確認 約半年ぶりに200人下回る

~省略~

東京都は、27日都内で新たに10歳未満から90代までの男女合わせて154人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

1週間前の月曜日より148人減り、およそ半分です。

200人を下回るのは、ことし3月22日以来、およそ半年ぶりです。

500人を下回るのは4日連続、300人を下回るのは2日連続です。

また、27日までの7日間平均は341.6人で、前の週の44.3%となり、感染確認の減少が続いています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.9.27.】

出典:NHK NEWS WEB

(史上最悪の感染爆発とワクチンパス本格導入のために)菅政権が緊急事態宣言&まん防を全面解除の方針を決定!→全てはグローバリストのシナリオ通りに事が進行!

出典:Wikipedia

全国的に新型コロナの新規感染数が減少している中、菅政権が全国の緊急事態宣言&まん延防止措置を一斉に解除させるという、「荒業」を繰り出す方針を決めました。
誰でも容易に想像できることですが、これにより、自粛に疲れ切っている人々が一斉に活発な活動を再開することで、この冬に、先の感染爆発を超えるほどの凄まじい感染大爆発が起こることが予想されます。

一定程度の感染爆発が起こった後に、その感染力や毒性を急激に弱めていくこと自体は、ウイルスの活動パターンとしてはごくごく普通のことだし、自然発生的に生まれたウイルスであれば、このまま収束し「元の世界」に戻っていくはずなんだけど…しかし、人工的に研究所で生み出されたウイルス(兵器)となれば話は別だ。
今回の緊急事態宣言&まん防の一斉解除によって、人々が堰を切ったように活発な社会活動を再開させた際に、「最新鋭の変異株」を解き放ったら一体どうなるか?
詳しく説明しなくともおおよそ想像がつくだろう。

さらに恐ろしいのは、今冬にかつてなかったまでの感染大爆発が起こるのと同時に、(現在本格導入に向けて歩を進めている)ワクチンパスポートが急速に社会の中に広がり、浸透していく恐れがあることです。

すでに、デルタ株においては2回のワクチン接種が何の感染抑止力もないことがはっきりした中で、次に出てくる「最新鋭の変異株」は、2回接種済みでも重症化するケースが大量に出てくることが予想される。
こうなると、3回以上の接種(ブースターショット)が「社会の標準」となり、それと同時に、「未接種者・未感染者・ワクチン拒否」の人々は社会的にどんどんと追い詰められ、最後は「ワクチンをどうしても打たざるを得ない」状況に追い込むための、様々な”罠”を仕掛けてくるはずだ。

簡単に言えば、今回の一斉解除も「グローバル資本勢力によるシナリオ通り」の展開であり、菅政権は、最後の最後までグローバリストの意向通りに”忠実に働いている”ということですね。

すでに、ワクチンを使わずにコロナに「感染しない・重症化させない」ための有効な方策は複数あることが分かっているものの、政府・マスコミ・御用専門家が意図的に「これらの方策を隠している・排除している」ために、多くの人がこれを知る機会を奪われてしまっているせいで、自らの健康や命をグローバル支配層に差し出してしまっているような状況だ。
今回の菅政権による「一斉解除」も(五輪強行時と同じように)想像超えるほどの深刻な事態を引き起こす可能性があるし、今の段階から「最大限の警戒と備え」をしていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事