【大炎上】柴山文科相が、入試”改悪”に反対する国民をTwitterで攻撃!文科省前では学生らによる「柴山やめろ」デモが開催される!

Pocket

どんなにゅーす?

・英語の民間試験の導入など、学生から多くの反対や批判の声が上がっている「大学入試改革(改悪)」を進めている柴山文科相に対する反対運動が高まっており、文科省前で柴山氏の辞任を求める反対デモが開催された。

・また、入試制度の改悪に怒っている学生や教師らに対し、柴山氏がツイッター上で恫喝や非難を繰り返しており、火に油を注ぐ形で柴山氏への批判が殺到する事態になっている。

「大学入試改革に絶対反対」「柴山文科相は辞職を」文科省前で反対集会

大学入試改革を主導する柴山昌彦文部科学相への批判が高まっている。2020年度から始まる共通テストへの英語民間検定試験導入に反対する声に加え、街頭演説中の柴山氏に直接、入試改革反対を訴えた男子大学生について、柴山氏が記者会見で「(演説の場で)大声を出すことは権利として保障されているとは言えない」と発言したことなどで、閣僚としての資質を問う声も上がっている。6日には東京都千代田区の文科省前で大学教授らが抗議集会を開き、「入試改革に絶対反対」「柴山氏は辞職を」と訴えた。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

【毎日新聞 2019.9.6.】

開始まで7カ月、英語民間試験3割「未定」 文科省が4年制大学調査

二〇二〇年度開始の大学入学共通テストに導入される英語民間検定試験を利用するかどうかについて、全ての学部や選抜区分で「未定」とした四年制大学(専門職大学は除く)が公立大で三校、私立大で二百一校の計二百四校に上ることが二十七日、文部科学省の調査で分かった。未回答の私立大も二十二校あった。

民間試験が始まる来年四月まで七カ月となる中、全国の国公私立大の三割で利用の有無が明らかになっていない事態が浮かび、受験生の不安が高まりそうだ。

~省略~

柴山昌彦文科相は二十七日の閣議後記者会見で、民間試験を実施する六団体中、ベネッセコーポレーションなど三団体が、参加を正式確定する協定書を大学入試センターと締結したと明らかにした。日本英語検定協会など残る三団体とも交渉がまとまりつつあるという。

~省略~

【中日新聞 2019.8.27.】

柴山文科相に批判の嵐 英語民間試験に異議の学生を強制排除

また問題大臣だ。今度は、柴山昌彦文科相のツイッターが炎上している。コトの発端は、来年4月から導入される「英語民間試験」についての書き込みだ。

現在、実施されているセンター試験に代わる「英語民間試験」には、高校生や保護者、学校関係者から「不公平」や「不透明」など懸念が噴出し、実施団体「TOEIC」まで離脱。「AERA」が実施した教員、保護者、生徒へのアンケートでは、「中止すべき」が72%、「延期すべき」が23%と圧倒的多数が「ノー」だった。

~省略~

そこで、聞く耳を持たない大臣にシビレを切らした慶大生が24日、埼玉県知事選の応援に来た柴山氏の演説中、大宮駅前西口で、「若者の声を聞け」などと記したプラカードを掲げ「柴山辞めろ」「入試改革を白紙撤回しろ」と発言した。すると、スーツ姿の警察官に3人がかりで引っ張られ、排除された。ベルトがちぎれたという。

■高校生の抗議に「業務妨害」

警官が学生を強引に排除するだけでも大問題だが、柴山文科相はこの強制排除に対して、〈少なくともわめき散らす声は鮮明にその場にいた誰の耳にも届きましたけどね〉(26日付)とまるで騒音扱い。怒った高校生が、ツイッターで公開されている文科省の電話番号を記し、抗議を呼びかけると、柴山氏は高校生相手に〈業務妨害罪にならないよう気をつけて下さいね〉(26日付)と半ば脅す始末だ。

~省略~

【exciteニュース(日刊ゲンダイ) 2019.8.28.】

柴山氏による、「入試改革」をお題目にした「民間業者参入」の動きに怒りの声が殺到!ネット「ベネッセからいくら貰ったんだ?」

出典:柴山昌彦公式ブログ

柴山文科相が強行的に推し進めている「入試”改悪”」に対し、学生から怒りの声が殺到しています。
文科省は、大学入学共通テストに(ベネッセなどの)民間業者を参入させるシステム導入を推し進めており、ネット上では柴山氏に対して「ベネッセからいくら貰ったんだ?」などの疑いの声が上がっています。

なるほどね。
安倍政権は、入試の分野にまで「民営化の促進」と「金こそすべて」の価値観が支配するグローバリズムを推し進めているってわけか。
文科省が推し進めている”入試改悪”は、これだけではなく、例えば、初めて「記述式」の試験が導入されることで、「採点基準が不透明になる」「採点者によって恣意的な採点が行われる」などの不安の声も上がっているみたいだ。

何よりも柴山氏が悪質なのは、学生や教育関係者から多くの反対の声が上がっているにもかかわらず、彼ら一般国民に対してあからさまに恫喝を繰り返しており暴力的な手段でこれらの反対の声を封じ込めようとしていることだ。
「公人の中の公人」である閣僚が、一般市民に対して露骨に牙をむいていること自体が信じられないような事態だけど、安倍政権による(私利私欲のための)「民主主義破壊の動き」がどんどんエスカレートしてきているね。

学生たちの間においては、日々着実に柴山氏への怒りの声が高まってきており、ついに文科省前でデモが開催されるまでになりましたが、安倍政権が露骨に国民を敵視し始めている様子が見られる中で、国民が一致団結した上で粘り強く反対運動を大きくしていく必要がありそうですね。

こうした学生たちによる反対運動が大きくなっていけば、安倍政権そのものを揺るがすような「大きな公憤のうねり」に発展していく可能性も大いにあるだろう。
ボクたち国民は、「国の主権者であり、社会を主導して作っていく側である」との意識を持ち続けることが大切だし、今後の文科省と学生たちとの”対立”の行方について、注目していく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事