【突っ込み多数】柴山文科相「教育勅語は『国際的協調を重んじる』など使える部分ある」→ネット「そんなのどこにも書かれてない」

Pocket

どんなにゅーす?

柴山新文科相が大日本帝国時の教育勅語を礼賛する発言をしたことに多くの批判が寄せられている中で、柴山氏が「教育勅語は『国際的協調を重んじる』など使える部分がある」などと主張していることに対し、「そんなの原文のどこにも書かれていない」との突っ込みが相次いでいる。

柴山文科相、教育勅語「アレンジし道徳に使える分野も」

~省略~

発言のきっかけは、柴山氏が8月、ツイッターに「戦後教育や憲法のあり方がバランスを欠いていたと感じています」と投稿したこと。山口県の島で行方不明になった2歳児を保護した男性を紹介する記事と併せて「自己中心社会にあって、こうした無私の取組みをたたえるべきでないのか」と柴山氏が投稿し、「無私の取り組みをする国民を増やすためにどうしたらいいですか」と質問が寄せられたことへの回答だった。

就任会見で趣旨を聞かれ、柴山氏は「戦前は義務や規律が過度に強調されたことへの反動として自由や権利に重きを置いた教育、個人の自由を最大の価値とする憲法が制定された」とし、「権利とともに、義務や規律も教えていかないといけない」と述べた。

さらに過去の文科相が教育勅語を「(中身は)至極まっとう」と評価したことについて問われ、「現代風に解釈され、あるいはアレンジした形で、道徳などに使うことができる分野というのは十分にある。普遍性をもっている部分がみてとれる」と発言。使える部分として「同胞を大切にするとか、国際的な協調を重んじるとか、基本的な記載内容」を挙げた。

~省略~

【朝日新聞 2018.10.3.】

「教育勅語は国際協調を重んじている」の柴山文科相、早速安倍シンパ特有の反知性やペテンぶりを披露か!

出典:Yahoo!ニュース(TBS News)

柴山新文科相による「教育勅語礼賛発言」が多くの非難を浴びていますが、その柴山氏の発言の中で「『国際的な協調を重んじる』とか、基本的な記載内容は現代でも使える」など主張していたこと対して、「教育勅語の原文にそんな内容は存在しない」との突っ込みが相次いでいます。
私もネット上に何種類も上がっている現代語訳を軽く参照してみましたが、確かに「国際協調」を謳っていると思われる部分は見当たりませんでした

ボクも軽く調べてみたところ、どうやら、安倍シンパなどの長州礼賛カルトにとって都合がいいように、かなり内容を歪めて作られた現代語訳が出回っているみたいで、これは、まず旧文部省図書局が作成した原文に近い「全文通釈」を参照した上で、「長州礼賛勢力」とは距離のある第三者による現代語訳を参照するのが良さそうだ。

■教育勅語「全文通釈」(文部省図書局による)

『朕(ちん)がおもふに、わが御祖先の方々が国をお肇(はじ)めになったことは極めて広遠であり、徳をお立てになったことは極めて深く厚くあらせられ、又(また)、わが臣民はよく忠にはげみよく孝をつくし、国中のすべての者が皆心を一つにして代々美風をつくりあげて来た。これはわが国柄の精髄であって、教育の基づくところもまた実にこゝにある。汝(なんじ)臣民は、父母に孝行をつくし、兄弟姉妹仲よくし、夫婦互(たがい)に睦(むつ)び合ひ、朋友(ほうゆう)互に信義を以(もっ)て交(まじわ)り、へりくだって気随気儘(きずいきまま)の振舞(ふるまい)をせず、人々に対して慈愛を及(およぼ)すやうにし、学問を修め業務を習って知識才能を養ひ、善良有為の人物となり、進んで公共の利益を広め世のためになる仕事をおこし、常に皇室典範並びに憲法を始め諸々の法令を尊重遵守(じゅんしゅ)し、万一危急の大事が起(おこ)ったならば、大儀に基づいて勇気をふるひ一身を捧げて皇室国家の為(ため)につくせ。かくして神勅のまにまに天地と共に窮(きわま)りなき宝祚(あまつひつぎ)の御栄をたすけ奉れ。かやうにすることは、たゞに朕に対して忠良な臣民であるばかりでなく、それがとりもなほさず、汝らの祖先ののこした美風をはっきりあらはすことになる。

ここに示した道は、実に我が御祖先のおのこしになった御訓であって、皇祖皇宗の子孫たる者及び臣民たる者が共にしたがひ守るべきところである。この道は古今を貫(つら)ぬいて永久に間違がなく、又我が国はもとより外国でとり用ひても正しい道である。朕は汝臣民と一緒にこの道を大切に守って、皆この道を体得実践することを切に望む』(出典=文部省「聖訓ノ述義ニ関スル協議会報告」1940年2月。田中壮一郎監修、教育基本法研究会編著「逐条解説 改正教育基本法」から)

【AERA dot. 2017.4.20.】

この内容を踏まえた上で、ボクがざっと見てみたところ、作家の高橋源一郎氏の現代語訳がとても分かりやすく、かつその内容を比較的よく言い表しているかと思ったので、下記に引用しようと思うよ。

私もざっとネット上に出ている現代語訳を見たのですが、(神社本庁などの長州礼賛宗教勢力に近い)神社系のサイトなどにおいて、「万一危急の大事が起(おこ)ったならば、大儀に基づいて勇気をふるひ一身を捧げて皇室国家の為(ため)につくせ。」の部分などが「真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません」などと極度に”ライト”にねじ曲げた上で訳しているケースが見られました。
「一身を捧げて皇室国家のためにつくせ」というのは、本来であれば「自らの命を懸けて天皇や国のために尽くしなさい」とするべきかと思いますし、これを「真心を捧げて国の平和と安全に奉仕しなければなりません」と訳してしまうのは、あまりにも都合良くねじ曲げた解釈としか言いようがないのではないでしょうか。

うむ…。
よく分からないけど、柴山大臣は「これら天皇の祖先が残した教訓は世界中どこの国でも通用する(この道は古今を貫ぬいて永久に間違がなく、又我が国はもとより外国でとり用ひても正しい道である。)」などと唱えている箇所を「国際協調を重んじている」とねじ曲げて解釈したのかな?

こういうのも長州礼賛カルトの特徴だけど、何でも自らの都合のいいように様々な内容をねじ曲げたり改ざんしたりして、その「危険な本質」を隠しながら国民を騙すパターンで一貫されているんだよね。
安倍シンパの政治家や彼らを支援しているカルト集団は、こうしたインチキに近いような現代語訳を用いて「教育勅語はいいところがたくさんある」などと吹聴している状況だし、こうした教育勅語の内容を「国際協調を重んじている」などと宣った柴山文科相も、ペテン師同然の人物だといえるだろう。

本当に、管理人さんが繰り返し警告してきたとおり、(安倍総理を筆頭とした)安倍政権を形作る「自称・愛国者」の集団は、その主張や内容が嘘ばかりというより存在そのものが嘘のような人々ですね。

まさしく、今回の騒動一つとっても、安倍一派が、国民を騙すことに何のためらいもない「危険なカルトそのもの」であることを物語っているだろう。
そんな彼らが”神様”のように崇めているのが、安倍一族のルーツである「(欧米軍産資本と癒着していた)長州テロリスト」と、(彼らが建国した)罪もない大量の日本国民を死に追いやった「大日本帝国」であり、その内容を都合良くねじ曲げて”誤解”させてでも、現代の日本において(当時の「国民洗脳ツール」だった)教育勅語を復活させ、これを何としてもボクたち国民に刷り込もうとしているってわけだ。

そのやり口こそ、まさしくカルトそのものですね。
改めて私たちは、非常に危険な「大日本帝国復活」を狙う、長州礼賛カルト勢力に日本の政治やマスコミ界が乗っ取られつつある現状に危機感を感じなければなりません。

「何が問題なのかよく分からん」とか「たかが教育勅語くらいで騒ぎすぎ」などの(事態の本質を理解できていない)コメントもネットで散見されるけど…ボクたち国民は、より(本来の人間が持っているはずの)豊かな感性や危機管理能力を高めつつ、「現代の日本が何が起こっているのか」を敏感に察知し、その裏側を考え想像していく能力をより育てていく必要があるんじゃないかな。

おススメ記事&広告

 
Pocket