【これは酷い】自民・山東昭子議員「子供を4人以上産んだ女性は国で表彰してはどうか」→国民から批判殺到!「いつの時代か?」「産む機械扱いだ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月21日、自民党の山東昭子議員が、党役員連絡会において「4人以上の子供を産んだ女性に対して国で表彰する案」を主張し、国民から批判が殺到している。

自民の山東氏「4人以上産んだ女性、厚労省で表彰を」

自民党の山東昭子・元参院副議長が21日の党役員連絡会で、「子供を4人以上産んだ女性を厚生労働省で表彰することを検討してはどうか」と発言した。終了後、山東氏は朝日新聞の取材に「女性活躍社会で仕事をしている人が評価されるようになって、逆に主婦が評価されていないという声もあるので、どうだろうかと発言した」と述べた。申請制にして希望者を表彰する案という。

役員連絡会は非公開。終了後の二階俊博幹事長の記者会見で発言は紹介されなかったが、山東氏が朝日新聞の取材に発言を認めた。

【朝日新聞 2017.11.21.】

出典:YouTube

 

山東議員のおぞましい”優生学&選民思想”が表れた発言再び!

自民党の山東昭子議員が、またまたとんでもない発言を炸裂させて、ネット上で怒りの声が集まっているみたいね。
この人、どこまで上から目線で、国民を一体何だと思っているのよ!?

豊かな経済力と体力がある、お国に良く貢献する”強者”はどこまでも優遇し、その一方で経済力も体力も弱い”弱者”は容赦なく切り捨てるという、山東議員のおぞましい選民思想と弱者切り捨ての考えが表出した、看過することが出来ない問題発言だ。

ネットでも多くの指摘があるように、かつての独裁国家でも「富国強兵」の国策の一環として、国に尽くす多くの子供を産んだ女性に対して表彰した事例が存在しているし、これは、いってみれば身体的な問題でどうしても子供を産むことが出来ない女性や、経済力がないことで産みたくても産めない女性に対する”差別”に繋がる政策だ。

こんな狂った思想や政策を振りかざす前に、まずは一人でも多くの女性が素直に子供を産みたくなるような、行政からの手厚い支援や国民全体が豊かになれるような経済対策を最優先に行なうべきであり、山東議員の主張する政策は全く何の効果ももたらさないどころか、ますます国家が国民への締め付けや統制をより激しくする動きに繋がる、非常に恐ろしいものだといえるだろう。

前にも山東議員は、「犯罪を犯しそうな人間にはGPSのチップを埋め込むのがいい」なんてとんでもない発言をしていたし、どちらにしても、この議員は国民を完全に上から目線で見ている上に、私たち国民を”お国に貢献するかどうか”でランク付けをしようとしているように見えるわね。

今までの発言を見てみても、ナチスドイツや米・イスラエルのネオコンなど、シオニスト(特権ユダヤ)的な優生学思想が見え隠れしているのが、なんとも気持ち悪いね。
今後もこの議員は、色々な問題発言を繰り返していきそうな予感もするし、注意して見ていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket