■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

ロシアが次々ウクライナの重要施設を掌握!チェルノブイリ原発も!NATO軍は部隊派遣せず!21世紀最大の軍事戦争に発展する恐れ!

ロシアが次々ウクライナの重要施設を掌握!チェルノブイリ原発も!NATO軍は部隊派遣せず!21世紀最大の軍事戦争に発展する恐れ!
Pocket

どんなにゅーす?

・ロシアがウクライナへの本格的な侵攻を開始した中、早くもロシア軍がウクライナ軍の要衝施設を次々掌握しているとの報道が相次いでいる。

・報道によると、ロシア軍が制空権を完全に確保した上にチェルノブイリ原発を掌握したとの情報も。現時点ではNATO軍は部隊を派遣しない方針をみせているものの、21世紀最大の軍事戦争に発展する恐れが出ている。

“チェルノブイリ原子力発電所 ロシアが占拠” ウクライナ首相

ウクライナのシュミハリ首相は24日、北部にあるチェルノブイリ原子力発電所が戦闘の末、ロシア軍に占拠されたと明らかにしました。

~省略~

シュミハリ首相は、戦闘による犠牲者はいなかったとしていますが、敷地内にある放射性廃棄物の貯蔵施設の状態は分かっていません。

ロシアのプーチン大統領は今月21日の国民向けの演説で、ウクライナがソビエト崩壊後に放棄した核兵器を改めて保有するという趣旨の発言をしているとしたうえで「ウクライナが大量破壊兵器を手に入れれば、ヨーロッパやロシアの状況は一変する」と主張していました。

ロシアとしては貯蔵されている放射性廃棄物をウクライナ側に渡さないようにするねらいがあるとみられますが、ウクライナの大統領府顧問はロイター通信に対して「ヨーロッパにとって深刻な脅威の1つになった」と述べ、ロシアを非難しています。

IAEA事務局長「危険にさらすような行動自制を」
IAEA=国際原子力機関のグロッシ事務局長は24日、ホームページ上で「ウクライナ情勢に深刻な懸念をもって注視している」とする声明を発表し、チェルノブイリ原発を含むウクライナの原子力関連施設を危険にさらすような行動を自制するよう呼びかけました。

そのうえで、ウクライナの原子力規制機関から稼働中の原発に関しては安全性が確認されているという連絡を受けている一方、正体不明の武装勢力がチェルノブイリ原発の全施設を掌握したとする通知をウクライナから受けたことを明らかにしました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.2.25.】

出典:YouTube

バイデンが米大統領に当選してからあっという間に「最悪の事態」に!西側諸国による「グローバリズムの大波」に強く抵抗するプーチンが「本気モード」に…

あっという間に事態が一気に進んでしまったわね…。
そりゃ、ウクライナとロシアではその戦力差は歴然ですし、NATOが本格的に介入しないとなれば、ウクライナ全土の陥落も時間の問題だわ。

もっとも、これにNATOが全面的に介入すれば、完全に第三次世界大戦の幕開けだし、プーチンは、驚くほど早くに西側諸国が「これ以上抵抗できない(手も足も出せない)形」を作ってきたね。
改めて、プーチンという男の”恐ろしさ”を痛感するし、何より、プーチンを”本気モード”にさせてしまったバイデンの罪の重さは計り知れない

私たちは、(不正の疑いが極めて強い選挙によって)バイデン氏が大統領に当選した時から、「米露関係の悪化により危機的事態に発展する恐れがある」と強い懸念を示してきたけど、その予想をはるかに上回るほどに酷い事態になってしまったわね。

この戦争を大まかに論じると、「西側のグローバリスト勢力とこれに対抗する勢力との戦い」ということになるけど、しかし、「プーチンは正義の味方」だとする見立ては間違っている。
簡単にいえば、西側諸国にもロシアにも、その背後に控えているのはどちらもグローバル軍産資本勢力であり、さらにいえば、この「混沌」を利用して、さらなる莫大なカネ儲けや権益強化を狙っている連中が多数存在している。

いつもながら、本当に狂った連中だわ。
すでに多くの死傷者が発生しているとの情報が出てきているけど、現時点では、これがどこまで本当なのか分からないし、この先、西側メディアはかなり激しい情報操作を仕掛けてきては、西側のグローバリストを利する報道が徹底されることになるのは想像に難くないわ。

この先どこまで事態が悪化していくのか未知数だけど、「本気モード」になったプーチンが早くに矛を収めることを強く願っているし、この先一人たりとも死傷者が出ないことを願うばかりだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事