【祝】平昌五輪・女子団体パシュートで日本チームが悲願の金メダル!カーリング女子代表も初の準決勝に進出!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年2月21日、平昌五輪スピードスケート女子団体パシュート決勝で、日本代表チーム(高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃、菊池彩花の4選手)がオリンピック記録を叩きだし、悲願の金メダルに輝いた。

・また、女子カーリングも史上初の準決勝に進出することが決まり、オリンピックでの日本代表選手の躍進が目立っている

パシュート女子決勝で日本が金メダル 平昌オリンピックで新記録

平昌オリンピックで2月21日、スピードスケートの女子団体パシュート決勝があり、日本はオランダを破って、金メダルを獲得した。2分53秒89のオリンピックレコードだった。

団体パシュートは3人一組で隊列を組んでタイムを競う種目で、日本は高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃、菊池彩花の4人チームで臨んでいた。

これで今大会の日本勢のメダル獲得数は計11個となり、最多だった1998年長野オリンピックのメダル数を超えた。

【ハフィントンポスト 2018.2.21.】

カーリング女子が初の4強進出!米国が敗れ決定

<ピョンチャン五輪・カーリング:日本4-8スイス>21日◇女子1次リーグ

平昌冬季五輪(ピョンチャン・オリンピック)のカーリング女子でLS北見が初の決勝トーナメント進出を決めた。

1次リーグ最終戦でスイスに4-8で敗れて5勝4敗となったが、同時進行で試合をしていた残り1枠を争う米国がスウェーデンに敗れて4勝5敗となり、4位が確定した。

韓国、スウェーデン、英国とともに4強入りし、23日に準決勝を戦う。

【日刊スポーツ 2018.2.21.】

近年のオリンピックの日本選手の躍進は「ゆとり教育」の好影響!?

出典:Twitter(@y_kawaji)

日本代表選手の女子団体パシュートの金メダル、おめでとうございますですぅ~!!
途中はオランダチームにリードされたりして、手に汗握る試合展開でしたけど、最後の2周のラストスパート、本当にすごかったですねぇ!

いやあ、体力的にも限界に近かった本当に最後の1周は精神力で滑りきった感じだったね。
オリンピック記録の好タイムも素晴らしいものだし、金メダルを獲得した4人には心からおめでとうと言いたいよ

そして、個人的に注目していたカーリングの日本女子チームも、史上初の準決勝に駒を進めることが出来た
本当であれば、自力で勝って進出したかったところだけど、日本はスイス戦に敗戦し、キーとなっていたアメリカも共に敗戦したことで、やや悔しさが残る中での準決勝進出となった。

ところで、ここ近年は日本選手のオリンピックでの躍進がよく伝えられているけど、こうした日本選手活躍の背景の”一説”として「ゆとり教育が良かったのではないか?」との話がある。
実際のところはどうなのか、その因果関係ははっきりとはしていないけど、確かにかなりキツキツに学校での教育カリキュラムを詰め込んでいくよりも、ある程度の精神的・時間的余裕を持たせながらのびのびと子供から大人まで(生涯に渡って)過ごしていく方が、人間性や感受性がより豊かになり、好きなことや得意な分野にたくさん打ち込んだり、その能力を伸ばしやすい側面があるのかもしれないね。

このサイトで繰り返し伝えてきたように、確かに、今の日本の政治的状況はかなり劣悪になってきているけど、ボクたち国民にとっては、大きなストレスを抱えて精神的に病んでしまわないためにも、ある程度の気晴らしや息抜きの機会を持つことは大切だ。

なので、強い体力や精神力を身につけていくためにも、今後もこうしたバランス感覚を大切にしながら、スポーツやゲームなど、ある程度の息抜きやリフレッシュの機会を取り入れつつ、なるべく心身ともに健康な状態で毎日を過ごしていきたいものだね。

はぁい!
韓国チームとのカーリングの準決勝も見逃せませんし、平昌五輪でのさらなる名シーンを楽しみにしたいところですねぇ!

おススメ記事&広告

 
Pocket