■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【遅すぎる】小山田圭吾氏、オリパラの楽曲担当を辞任!組織委は「高い倫理観を持つクリエーター」と留任を強調も、加藤官房長官が「組織委で適切に対応してもらいたい」と圧力!

【遅すぎる】小山田圭吾氏、オリパラの楽曲担当を辞任!組織委は「高い倫理観を持つクリエーター」と留任を強調も、加藤官房長官が「組織委で適切に対応してもらいたい」と圧力!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月19日、過去に凶悪犯罪レベルの障害者への虐待行為を雑誌上で自慢し、世界レベルで大炎上していたミュージシャンの小山田圭吾氏が、自身のTwitterで東京五輪の開会式の楽曲制作スタッフの辞任を申し出たことを明らかにした。

組織委が、小山田氏について「深く反省している」「高い倫理観を持つクリエーター」「開会式準備における貢献は大きなもの」として留任することを再三強調していたことで、ますます怒りの声が殺到していた中、加藤官房長官が「組織委で適切に対応してもらいたい」と圧力をかけたこともあり、最終的に辞任せざるを得ない状況に追い込まれたとみられる。

小山田圭吾氏の留任 組織委があらためて強調「貢献は大きなもの」

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(SP)が19日、メインプレスセンター(MPC)で会見し、過去に「いじめ告白」した開閉会式の音楽制作を手掛ける小山田圭吾氏(52)は留任するとあらためて強調した。

~省略~

高谷SPは「ご本人が発言について後悔して反省しておられると、おわび文を掲出した。我々は現在は高い倫理観を持って創作活動するクリエーターと考えている。開会式準備における貢献は大きなもの」と説明した。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日刊スポーツ) 2021.7.19.】

小山田圭吾、『月刊カドカワ』でもいじめ自慢 「小学校人生全部をかけて復讐した(笑)」

雑誌『ロッキング・オン・ジャパン』『クイック・ジャパン』で、障害のある同級生へのいじめを告白していたミュージシャン・小山田圭吾氏(52)は、別の雑誌でもいじめた経験を語っていた。

~省略~

小山田氏は、『月刊カドカワ』1991年9月号でも、同様のエピソードを話していた。
「『小山田君の嫌なこと』とかいうタイトルで…」

小山田氏は、「フリッパーズ・ギター(編注:小山田氏が所属していたバンド) お洒落な不遜」と題したインタビューで、幼稚園での思い出として「○○ちゃん(伏字は編集部)ていうちょっと知恵遅れの子がいて、クレヨンを投げまくって先生にひっぱたかれていたのを思い出すな」と語っていた。

小学生では、同級生へ執拗に嫌がらせをしていたと明かしている。

「小学校五年くらいのときに文集を作ったんだけど、みんな普通のことを書いてるのに、『小山田君の嫌なこと』とかいうタイトルで作文書かれてね(笑)。別に人気者じゃないヤツに書かれたからね、よけいにムッときて。親にその文集は見せられなかった。ぼくがそいつをいかにして迫害したかっていうようなことが切々と書いてあってね。でも、事実なんです(笑)。まさか文集にそんなタイトルで書かれると思っていない。ちゃんと印刷されてるもので、先生が見るだけじゃないの。みんなに配られちゃうの。けっこう挫折だった。だからそいつには、小学校人生全部をかけて復讐した(笑)」

そのほか、高校でのエピソードとして、「K(編注・小山田氏はインタビュー中で「知恵遅れ」と表現)は鼻炎だから、いつも鼻をかんでるんだけど、ポケットティッシュだとすぐなくなっちゃう。だから購買部で箱のティッシュを買ってきて紐つけてあげた。それでKはいつも首から箱をぶら下げてた」などと話していた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(J-CASTニュース) 2021.7.19.】

小山田圭吾の問題に加藤官房長官「主催者である組織委員会において適切に対応していただきたい」

19日午前の加藤勝信官房長官の記者会見で、記者から「東京五輪の開会式に音楽制作で参加する小山田圭吾さんが過去の雑誌インタビューで学生時代の同級生へのいじめ行為を明かし批判を受けている。本人は謝罪をしているが、ふさわしいのかと疑問の声もある。政府としての見解をお聞かせいただきたい」との質問が出た。

加藤官房長官は「ご指摘のあった雑誌の発言について詳細を把握しているわけではないが、障害の有無に関わらず、いじめや虐待はあってはならない行為だ。政府として共生社会の実現に向けた取り組みを進めており、こうしたことに照らしても全く許されるものではない。小山田氏については組織委員からオリンピック開会式のクリエイターの一人としてその名前が公表ところと承知しているが、いずれにしても組織委員会において適切に対応していただきたい」と回答。

~省略~

【ABEMA TIMES 2021.7.19.】

小山田さん、組織委に辞任申し出 「配慮に欠けていた」

東京オリンピック(五輪)の開会式で楽曲の作曲を担当するミュージシャンの小山田圭吾さん(52)が過去に同級生や障害者をいじめた経験をインタビューで語っていた問題で、小山田さんが19日、大会組織委員会へ辞任を申し出たことを自身のツイッターで明らかにした。

16日に小山田さんが謝罪のコメントを出した後も批判の声がやまず、19日には加藤勝信官房長官が記者会見で組織委に「適切に対応を」と求めていた。

~省略~

【朝日新聞 2021.7.19.】

小山田圭吾さん 東京五輪作曲陣から辞任の意向 大会関係者

~省略~

知的障害者の家族団体 辞任申し出を受けて

小山田圭吾さんが、過去の発言をめぐって、大会の組織委員会に対し辞任を申し出たことについて、今回、声明を出していた知的障害者の家族で作る「全国手をつなぐ育成会連合会」の又村あおい常務理事は「そもそも私たちは辞任を求めていたのではなく、問題点を指摘するとともに説明を求めていた立場なので、小山田氏の判断についてはコメントする立場にありません」としています。

そのうえで「辞任は申し出たが、小山田氏が以前の謝罪文の中で『当時の記事には誤った内容や誇張がある』としていたのはどの点なのか、今回、制作チームに入る際に組織委員会に過去の発言を申し出ていたのかなど、詳しい説明はありません。また組織委員会は『いかなる差別も禁じる』という五輪憲章の理念に照らして、なぜ小山田氏を起用したのか、さらに、つい数時間前まで留任を強調していたことについて理由を明らかにすべきで、われわれは引き続き、対応を注視していきたいと思います」としています。

【NHK NEWS WEB 2021.7.19.】

大多数の国民が猛反対している「五輪強行」で次々と墓穴!「小山田騒動」も組織委が”最悪手”を連発、全世界にますます醜悪ぶりを自らアピール!

出典:Wikipedia

やっぱり、最後はこうなったわねっ!!
最初の時点で組織委が「毅然とした対応」を取らないと瞬く間に収拾がつかなくなることくらい、誰でも簡単に想像が付きそうなものだけど、つくづく、絶望的に無能で頭の悪い連中だわっ!!

森喜朗氏の”女性蔑視”の舌禍で大炎上した際も、自らますます延焼させるような対応を繰り返していたし、その時にも「日本の権力層(東京五輪に関わっている連中)が『とてつもなく頭が悪い』という事実を世界の人々に強烈に印象付けた」と評したけど、えてして「頭が悪い連中」というのは何度でも同じ失敗を繰り返すものなんだよね。

そもそも、組織委の連中そのものが、小山田氏の凶悪犯罪レベルの虐待行為を「大したことではない」と考えていたからこそ、ここまで判断が後手になった(こんなに炎上するとは思っていなかった)のだろうし、今になってクビにしてしまうと、組織委の判断が間違っていたことを自ら認めてしまうことになるので、「小山田氏自らが辞任を申し出た」という形にして自らの責任をどうにか免れようとしているのも実に醜悪と言わざるを得ない。
「全国手をつなぐ育成会連合会」も「数時間前まで留任を強調していたことについて理由を明らかにすべき」と指摘しているけど、全くその通りであり、まずは組織委が会見を開き、その場で、なぜ小山田氏をすぐにクビにしなかったのか、被害者が一生精神に深い傷を負っていくほどの、極めて悪質な虐待行為についてどのように考えているのかについて、オリパラ参加者だけでなく、世界中の人々に向けて説明する必要があるだろう。

形としては小山田氏は辞任することになったけど、小山田氏が作った曲は開会式でどんな対応がなされるのかについてもよく分からないし、少なからず、彼が作った曲は全てカットすべきだと思うわっ!!

いずれにしても、ワシントン・ポストが報じているように、東京五輪は空前絶後の「歴史的な大失敗」になるのは間違いないし、「アンダーコントロール」やら「選手にとって理想的な温暖な気候」やらの大ウソアピールや、「絆」「復興の証」などの美辞麗句や感情論を全開にした劣悪なプロパガンダ、反社会的なワイロや接待を総動員させた「日本の死を象徴する悪魔的イベント」にふさわしい、実に惨めな末路を迎えることになるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事