■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

インスタ開設の尾身氏に「ワクチンパスポート反対」の声が殺到!「3か月しか効果が無いんですよね?」「非接種者に対して差別へ偏見が助長される」

インスタ開設の尾身氏に「ワクチンパスポート反対」の声が殺到!「3か月しか効果が無いんですよね?」「非接種者に対して差別へ偏見が助長される」
Pocket

どんなにゅーす?

・政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長がインスタグラムを開設、あっという間にフォロワーが62万人を超えたという。

・「皆さんの声を聞かせてください」と呼びかけた尾身氏に早速多くのメッセージが寄せられており、中でも「ワクチンパスポートに反対します」との声が非常に多く寄せられているという。

『ワクチンパスポート反対』 フォロワー62万人超え、尾身茂会長インスタにコメント相次ぐ 「差別や偏見に晒される」

政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長が開設したインスタグラムのフォロワーが9日までに62万人を超え、注目度はうなぎ上りだ。

尾身会長は8月30日に初投稿し、あいさつ。「皆さんの声を聞かせてください」と呼び掛けていた。8日の最新投稿では「初回の質問箱で7272件ものご質問やご意見をいただきました」と報告。

~省略~

一方で、コメント欄に多かったのが「ワクチンパスポート反対」の声。「3ヶ月しか効果が無いんですよね? ワクチン打ったからと言ってOKにはならないんじゃないですか」とブレークスルー感染なども取り沙汰される中、意味はあるのかという疑問の声が届いた。また「事情があって打てない人や打たない人が差別や偏見に晒される」と基礎疾患があってワクチンを打てない人から懸念の声も上がっていた。

【MSN(中スポ) 2021.9.9.】

ワクチン接種者が「多数派」になればなるほど、ワクチン非接種者に対する迫害・弾圧が増加していくのは確実!→最後は一般市民の大多数がグローバリストの”真性使い捨て奴隷”に…!

政府コロナ分科会の尾身会長が(なぜか)インスタグラムを開設
尾身氏に対して多くの国民がメッセージを送っているようで、中でも「ワクチンパスポート反対」の声が多数寄せられているとのことです。

すでに、ワクチン接種によっても感染抑制効果がほとんど無いことが確定的になってきているどころか、ワクチン接種者が増えれば増えるほど、より感染力が強くワクチンが効かない(危険度の高い)変異株が生み出される可能性すら指摘されるようになってきたけど…つまりは、ワクチンパスポートのシステムを社会に本格的にインストールしたところで、新型コロナウイルスを抑え込む効果は全くないどころか、ワクチン非接種者の自由や人権が奪われ、(これまで全ての人に認められていた社会活動や公共サービスなどが大きく制限されるようになるだけでなく)様々な弾圧や迫害が行なわれるようになる恐れが大きいということだ。
これはまさに、当サイトが(コロナ危機が発生する前からずっと)警鐘を鳴らし続けてきた「既存の民主主義社会の完全な死」と「(巨大資本勢力がより直接的に市民の生殺与奪を握る)グローバリズム」そのものだし、事実、世界的なコロナ危機の発生によって、こうした「ディストピア社会」がこの国においても半分インストールされかかってしまっている

みたところ、ワクチンパスポートに反対する声が多い一方で、(ワクチン接種者から)ワクチンパスポートの導入を強く支持・賛成している人も多く、中には、大々的なワクチン接種政策が(当初言われていたよりも)大きな効果が望めなかった事実が確定してきたことにより、ますます接種者が非接種者を憎悪したり中傷する声が強まり始めてきたようにも感じます。

これもボクが当初から強く懸念していたことだけど、みたところ、日本社会の中でも新型コロナワクチンを接種したことを「後悔」している人が一定数出始めてきており、これが「非接種者に対する恨みや憎悪」となって、今もなお(やや現実逃避しながらも)ワクチンの効果・効能を懸命に信じながら、以前からワクチンのリスクを訴えてきた人や、グローバル製薬企業や政府・マスメディアに対して一定の距離を取りながらワクチン接種に慎重な姿勢をとってきた人々を強く攻撃する動きが発生してきたように感じる。

こうなってしまうと、ワクチンを接種した多くの人々は無自覚のうちに「グローバル資本勢力の真性的な奴隷」と化していくことで、支配者側が直接的に手を下さなくとも、彼ら(ワクチン接種者)がワクチンを接種していない少数の人々を自ら進んで攻撃・迫害することで、まさに、グローバリストにとっては実に効率的に「真性的なデジタル奴隷監視社会システム」を構築できてしまうわけですね。

こうした展開こそ、全ての一般市民にとって「最悪中の最悪」のものだし、少なくとも、こうした事態だけは何としても避けなければならない。
そして、すでにワクチンを接種してしまった人々が「本来の健康や免疫力」を取り戻すための方策を全力で探していかないといけないし、ワクチン接種者と非接種者同士で争い攻撃し合うのではなく、全ての人々が「社会的な意識」を持って「99%の市民みんなが助かる道」を見つけていく必要がある。

全く同感です。
少なくとも、私たちが「利己的」な意識から脱却し、「利他的」で「平和的」な意識を持つようにならない限り、グローバリストによる「ディストピア社会」から逃れることは難しいということですね。

そういうことだ。
どちらにしても、コロナに発症した人に加えて、ワクチンを打った人々の間においても様々な健康被害が顕在化してきた中で、全ての市民が連携し力を合わせたうえで、この前代未聞の「コロナ危機」を脱していくための術を考えていかないといけないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事