■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

沖縄署前の暴動、(米民主党と懇親の)国際暴力組織が扇動に加わっている疑いも!?バイデン夫妻やハリス副大統領の夫、ホワイトハウスをフォローしているアカウントが動画を拡散!

沖縄署前の暴動、(米民主党と懇親の)国際暴力組織が扇動に加わっている疑いも!?バイデン夫妻やハリス副大統領の夫、ホワイトハウスをフォローしているアカウントが動画を拡散!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年1月27日未明、沖縄市で路上でバイクに乗っていた男子高校生が巡回中の男性警察官と接触し、高校生が眼球破裂し右目を失明した事故をきっかけに、沖縄署に多くの若者が集結し暴動に発展した事件について、一部で米民主党と懇親の国際暴力組織が扇動に加わっていた疑いを唱える声が上がっている。

警官、接触時に警棒 高校生が眼球破裂で失明 持ち手は調査中

27日未明に沖縄市宮里の路上でバイクに乗っていた男子高校生(17)=同市=が巡回中の男性警察官(29)と接触し、高校生が眼球破裂で右目を失明した事故で、警察官が接触時、手に警棒を持っていたことが県警関係者への取材で分かった。搬送された高校生は救急隊員や母親に「右側から警棒で殴られた」と証言している。沖縄署は今後高校生からも話を聞くなどして状況を詳しく調べる方針。

署はこれまで「警察官がバイクを停車させ職務質問しようとして右手が当たった」と説明。通常は腰に提げている警棒を手にしていたかどうかは明らかにしていなかった。左右どの手に警棒を持っていたか、棒が高校生に当たったかなど、詳細は調査中としている。

~省略~

同事故では高校生が大けがをした様子がインターネットの動画で拡散。27日深夜から翌28日未明に若者ら300~400人が沖縄署を取り囲んだ。一部が暴徒化し署のガラス窓や警察車両が壊されたため、署は器物損壊容疑でも調べている。

【Yahoo!ニュース(沖縄タイムス) 2022.1.30.】

《沖縄警察署破壊》生卵にロケット花火、壁には「しね」のラクガキも…暴徒と化した500人の少年たちが警察署を包囲 理由は「暴行“隠ぺい”疑惑」と「眼球破裂動画」

「最初は睨みあいだったのですが、どこからともなく生卵が投げられ、続いてロケット花火、爆竹、投石とどんどんエスカレートしていった。報道では『約300人が集まった』とされていますが、もっと集まっていたと思います。夜中にはテレビやSNSを見て、500人以上はいました。熱気が高まってくると、警察署の壁はスプレーで落書きされ、鉄パイプを振り回す者も現れて、窓ガラスも割れていました。若者たちは暴徒と化して、どんどんエスカレートしていきました」(近隣住民)

~省略~

暴動の発端は少年と警察官との「トラブル」

暴動の発端は27日未明におきた、17歳の少年と警察官とのトラブルだった。地元紙社会部記者が語る。

「県警によると27日の深夜1時ごろ、『複数の暴走行為がある』との通報をうけた警察官が市内路上をパトロールしていた際、バイクに乗った17歳の少年と接触。少年はその際に眼球破裂と眼底骨折の重傷を負ったと県警は発表し、地元メディアも『警察と少年の接触事故が起きた』と報じました。

報道後、少年の知人たちが『少年は警察官から警棒で殴られた』『失明するかもしれない』などとSNSに投稿。それを見た若者たちが『これはやりすぎだ』と警察署の周囲にどんどん集まったんです」

怪我を負った少年は自ら119番通報したという。少年の友人が撮影したとみられる動画には、救急隊員が介抱するなか、倒れた少年の目から多量の血がながれる様子が収められていた。

少年の知人によると、少年は暴走族ではなくコンビニにたむろしていた地元の高校生だったが、補導されるのを恐れ、逃げ出そうとしたところを警察官から警棒で暴行を受けたという。

警察からの暴行? 接触事故? 食い違う証言

「救急車が駆けつけた際に仲間たちが動画を撮影すると、警官が『撮るな』と撮影を妨げ、スマホを地面に叩き付けたそうです。その時に警官から殴られた子もいて、その様子を収めた動画も残っている。

警察が駆け付けた救急隊員に『事故だ』と話しているのを聞いた子どもたちが事件性を訴え、『警察の隠ぺいだ』という内容をSNSに書き込みました。それが一晩で拡散されたんです。子どもたちは最初の報道が『接触事故』として扱われたのにも違和感を覚えているようです」(少年の知人の保護者)

~省略~

【文春オンライン 2022.1.28.】


出典:YouTube

沖縄暴動、米国で多発している「警察官による黒人暴行を引き金にした暴動」と多くの類似点!動画を拡散しているアカウントの中に米民主党幹部をフォローしているものも!

沖縄の警察署で発生した暴動だけど、バイデン夫妻やハリス副大統領の夫など、米民主党の幹部をフォローしているアカウントが動画を拡散させていたことが話題になってるわ。
確かに、全体の構図をみても、米国で多発している「白人警察官の黒人への暴力行為を引き金にした暴動」と多くの共通点があるように感じるし、米国で暴動が頻発するようになっているのと同期するように、グローバリストが沖縄の若者たちに向けて暴力行為を扇動させていた疑いがあるわ。

ボクも、この事件について、かなり大きな関心と注意を払って色々調べていて、この暴動の背後に米民主党か中国共産党が関わっていることを疑っていたところだったんだけど、やはりそうした内情を示した断片が浮かび上がってきているね。

現在、米国内では、グローバリストが(黒人への暴力行為や深刻な貧困化、コロナ対策・ワクチン義務化に対する抗議など)意図的に暴動や内戦を惹起させて、米国国家そのものを破壊させようとする工作が行なわれているけど、実際のところ、同じような扇動工作がいつ日本で行なわれるようになってもおかしくないし、今後における予行演習やテストを兼ねて、グローバリストが沖縄の若者に向けて暴力行為を扇動・誘導していた疑いがある。

いくらなんでも、5つのフォローのうち4つが米民主党の幹部というのは、日本の普通の一般国民である可能性はかなり低いし、沖縄の暴走族やヤクザなどの中にも、アンティファなどの暴力組織やグローバリスト系アングラ勢力が入り込んでいる可能性がありそうだわ。

今回の警察官による少年への暴行事件が本当に起こったものなのかどうかは現時点では判然としないけど、少なくとも、米民主党と繋がる国際暴力組織が騒動の激化を扇動していた疑いがあるのは確かだし、彼らによる「暴動工作」がこの先日本で本格化していかないことを願うのみだ。

この先、沖縄で暴動がさらに繰り返されて激化していく恐れもあるし、今後の沖縄の暴走族や半グレ集団の動きについても注意してみていく必要がありそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事