■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【また大炎上】小山田氏に続き、オリパラコンテンツに”悪徳絵本作家”のぶみ氏の起用が判明!悪辣な描写や表現で精神を病む親子が続出&絵本に「炎上商法」を取り入れ売上倍増!

【また大炎上】小山田氏に続き、オリパラコンテンツに”悪徳絵本作家”のぶみ氏の起用が判明!悪辣な描写や表現で精神を病む親子が続出&絵本に「炎上商法」を取り入れ売上倍増!
Pocket

どんなにゅーす?

・東京五輪の開会式の制作スタッフに、凄惨な障害者への虐待行為を自慢していた小山田圭吾氏が入っていたことが判明し、世界レベルで大炎上したことで辞任に至った中で、今度は、東京オリパラ文化プログラム「MAZEKOZEアイランドツアー」に、悪徳絵本作家ののぶみ氏が参加することが判明。またも大炎上している。

・のぶみ氏は、絵本に下品で悪辣な表現を用いてきたことで、識者から「母子の精神に有害な影響を与える」との指摘が相次いできた上に、過去に反対署名運動が起こるなど、近年流行りの「炎上商法」を絵本に取り入れることで売り上げを伸ばすなどの手法を展開。小山田氏に続きネット上で辞任を求める声が噴出している。

ひろゆきさん「組織委員会は炎上マーケティングの専門家に人選任せてるの?」東京オリ・パラ文化プログラムに絵本作家・のぶみ氏が参加

~省略~

開会式についてひとまず騒動は収まったものの、今度は東京オリンピック・パラリンピック文化プログラム「MAZEKOZEアイランドツアー」に絵本作家の「のぶみ」さんが参加するということが判明しまたまた騒動となっている。

関連:橋本聖子会長×東ちづるさん「MAZEKOZEアイランドツアー」を世界に発信 すでにある、まぜこぜの社会に気づいて
https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/news-20210625-01-ja[リンク]

総合構成・演出・総指揮が俳優の東ちづるさんという人選も個人的にはいささか疑問ではあるが、件ののぶみさんは特にネット上で言動や作品内容に大いに疑問を持たれている人物。

19日午後11時30分すぎ、2ちゃんねる創設者・ひろゆきさんは他のユーザーがのぶみさんについてまとめているツイートを引用し

東京オリンピック・パラリンピック文化プログラム「MAZEKOZEアイランドツアー」に絵本作家ののぶみ氏が選ばれたそうですが、小山田圭吾さんといい、組織委員会は炎上マーケティングの専門家に人選任せてるの?

とツイートを行う。反響を呼び、賛同の返信が次々と寄せられていた。

~省略~

【ガジェット通信 2021.7.20.】

ヒットを飛ばすも次々炎上する絵本作家の商法はどこがマズいのか

~省略~

のぶみさんを絵本作家として一躍有名にしたのは『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)だろう。2015年7月に発売され、初版は4000部だったが、1年後には続編と合わせシリーズ累計53万部という売れ行きで、業界の注目が集まった。異例ともいえる売れ方だが、母親の死をテーマにした内容は賛否が分かれ、感動の「迷作」絵本としてSNSなどで炎上した。

その後も頻繁に、新刊を中心に批判的な声が上がり続け、『はたらきママとほいくえんちゃん』(WAVE出版)は、働く母親を理解していないと炎上した。

また、サンリオのキャラクター「ハローキティ」の誕生45周年を記念して、2019年2月からのぶみさんがコラボで作った「ハローキティのえほん」シリーズ(講談社)が現在刊行中だが、既刊の『まけずぎらいキティ』(2月)、『おひめさまキティ』(3月)では、行動や言葉遣いがあまりにも乱暴で、「子どもには読ませたくない」「今までのキティのイメージが崩れた」と批判の嵐。アマゾンのレビューも酷評が並んでいる。

のぶみさんの炎上は絵本だけではない。のぶみさんが歌詞を担当しNHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」の11代目うたのお兄さん・横山だいすけさんが歌った「あたしおかあさんだから」という歌は、「だい!だい!だいすけおにいさん!」(ネット動画配信サービスHulu)という番組で2018年2月1日に更新された。この歌詞に「母親には子育ての呪縛に聞こえる」など、批判が殺到。横山だいすけさんや、のぶみさん本人の謝罪コメントがSNSに上がった。しかしその後も、のぶみさんにはこの歌詞の盗作疑惑が浮上するなど炎上は続いている。

また、内閣府の「子ども・子育て支援新制度」のシンボルマークにもなっているのぶみさんのイラストは、母子手帳の表紙にも採用されているが、「絵本作家としての資質が疑われる作家の絵は拒否!」という理由などで炎上。のぶみさんの引きこもりから暴走族、そして絵本作家という注目のプロフィールも偽装が疑われており、もはや炎上商法ではないかという声も出ているほどだ。

批判が多くても
なぜ本が売れるのか?

なぜ、のぶみさんの作品は、これほどまでに話題に上るのだろうか?そして炎上してもなぜ本が売れるのか。図書館司書児童担当の研修を行う子どもの本の専門家で、家庭文庫「子どもの本の家ちゅうりっぷ」の主宰もする神保和子さんは、『ママがおばけになっちゃった!』が発売された当初から、子どもに与える心理的な悪影響を危惧していた1人である。

「のぶみさんが相手にしているのは、小さな子どもを育てるお母さんたちです。彼は、『お母さんたちが買ってくれる』という部分だけをマーケティングし、『大人にウケる』、あるいは『私、こんなに頑張っている』と承認欲求の強い母親が泣けるという部分に焦点を当ててきたのでしょう。そこに『売らんかな』というあざとさが見え隠れしています。お母さんの向こう側にいる、幼い子どもの発達段階や心理というものをまったく気にかけていないのです」

「だからこそ母子分離不安をあおる『ママがおばけになっちゃった!』のような、死を軽視し、子どもを不安に陥れる作品が描けてしまうのです。あの絵本がメディアによって持ち上げられ大ヒットしたことで注目を浴び、その作品がはらむ問題性がクローズアップされました。しかし、のぶみさんと彼を持ち上げる周囲の者は2匹目、3匹目のどじょうを狙ってくるのです。でも、読者はバカではありません。作品が発表されるたびに、だんだんと彼のあざとさに気づいていったのです。そして次第に彼の作品に目を凝らし、問題を見つけるようになっているのだと思います」(神保さん)

~省略~

【ダイヤモンドオンライン 2019.4.18.】

凶悪犯罪レベルの障害者虐待を繰り返していた小山田氏に続いて、今度は、”悪徳絵本作家”のぶみ氏の起用が発覚!まさに「類は友を呼ぶ」の悪魔的大会の東京五輪!

出典:Instagram

小山田氏の辞任で一旦は収束したかに見えたものの、あっという間に再び大炎上です。
今度は、東京オリパラ文化プログラム「MAZEKOZEアイランドツアー」に、悪徳絵本作家ののぶみ氏が参加することが判明
私もこれを機にいろいろと調べてみましたが、想像以上に酷い方でした。

自身のプロフィールについても、不良グループ「池袋連合」のボスだったと自称しているみたいだけど、どうやらこれも話題性を作るためのウソっぽいし、元々、安倍前総理とも共通するような虚言癖がある上に、自身の絵本が売れるために、消費者を騙したりわざと過激で有害な内容を発表させて売り上げを伸ばす手法を用いてきたようで、簡単に言えば、絵本の世界に「炎上商法」を取り入れてきた、いわば絵本界の立花孝志氏や悪徳ユーチューバーみたいな存在のようだ。

これも、言ってみれば、「自身さえお金儲けできれば、後は(社会が崩壊しようが多くの人々が不幸になろうが)どうでもいい」といった、グローバリズムの思想そのものといえるし、東京五輪そのものが「グローバリズムのシンボル」と化しているために、こうした私利私欲にまみれた社会性や使命感に大きく欠如した、ペテン師のような人間が集結しているということだね。

私たちが繰り返し指摘してきた「類は友を呼ぶ」そのものということですし、今日日の日本社会の縮図を表しているとも言えそうですね。

エンブレムにおいても、「自称デザイナー」の佐野研二郎による盗作を採用したことで大炎上したけど、恐らく、佐野氏も小山田氏ものぶみ氏も、組織委やJOC・電通などの東京五輪の運営組織の中においては、非常に親和性が高く深くなじんでいる(一方で、まっとうな倫理観を持っている人は組織になじまず辞めていくのだろうし、要は、東京五輪そのものが人並みのモラルすら破綻している、極めて反社会的な(グローバリズムに支配された)イベントであるということだ。

グローバリズムの本質そのものが、一般市民を欺き富を搾取するという、極めてペテン的・詐欺的な概念ですし、佐野氏や小山田氏、そして「オリンピッグ」の佐々木氏やのぶみ氏のような人物が関わっているのは、ごく自然なことであり必然であるということでしょう。

まっとうなモラルや愛国心を持っている国民であれば、東京五輪に全力で反対するのは全く当たり前のことだし、今回新たに発覚した問題についても、徹底的に批判し追及していく必要がありそうだ。

※7/21追記:小山田氏の大炎上を目の当たりしていたからか、のぶみ氏は実に素早く辞退を決断。今のところ、本人から公式なコメントは発表されていない状態だ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事