【怒りの声続々】米軍ヘリの不時着に「それで何人死んだんだ?」と暴言ヤジの松本文明内閣府副大臣が辞任!沖縄・名護市長選の影響を恐れて早めに”処置”!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年1月26日、沖縄で頻発する米軍ヘリ不時着問題に言及した共産・志位委員長に対し、「それで何人死んだんだ?」と不謹慎な暴言ヤジを飛ばした松本文明内閣府副大臣が辞表を提出、受理された。

・一連の安倍政権による素早い対処に対し、「2月4日投開票の名護市長選の影響を考慮し、早めに火消しを図ったのでは?」との見方が大勢を占めている。

「それで何人死んだんだ」 松本文明・内閣府副大臣が引責辞任

松本内閣府副大臣が辞任 米軍機事故の国会ヤジで引責

松本文明・内閣府副大臣(自民党)は26日夕、安倍晋三首相と首相官邸で面会し、沖縄県で続発する米軍ヘリコプターの不時着などのトラブルをめぐって国会で「それで何人死んだんだ」とヤジを飛ばした責任を取り、辞表を提出、受理された。

松本氏は25日の衆院本会議で、共産党の志位和夫委員長が代表質問で米軍機の問題などに触れた際、議員席からヤジを飛ばした。首相に面会後、記者団に「不規則発言で、人が亡くならなければいいのかというような誤解を招いた」と述べ、「沖縄県民、国民の皆さんに迷惑をかけた」と謝罪した。

首相からは「この国が大変な時期なので緊張感を持って対応してもらわないと困る」と注意されたという。米軍普天間飛行場の移設先である辺野古を抱える同県名護市の市長選の告示が28日に迫る中、首相としてもその影響を考慮し、事実上更迭したとみられる。

【ハフポスト(朝日新聞) 2018.1.27.】

憤る沖縄「死人出なければ動かないのか」 松本氏辞任

沖縄県で続発する在日米軍機の事故やトラブルを巡り、国会で「何人死んだんだ」とヤジを飛ばした松本文明・内閣府副大臣(自民党)の発言に対し、沖縄では憤りの声が相次ぎ、「辞任は当然」との受け止めが広がる。しかし、県民の感情を逆なでするような発言はやまない。

~省略~

沖縄では昨年12月から米軍関係のトラブルが相次いでいる。米軍ヘリの部品が屋根で見つかった宜野湾市の緑ケ丘保育園の神谷武宏園長(55)は26日、講演先の福岡市内で取材に応じ、「この1カ月半、たまたま死人が出ていないだけ。死人が出なければ政府は動かないのか。人権を守る政治家の資格がない」と憤った。「沖縄の状況、沖縄の民に向き合わない政府に憤りを覚える」とも話した。

松本氏の辞任について、現職と、政府が支援する新顔が一騎打ちとなる見込みの名護市長選が28日に告示されることを挙げ、「市長選の前だから、沖縄の怒りをしずめるために切ったということでしょう」。

【朝日新聞 2018.1.26.】

米軍機、過去には小学校に墜落し18人が死亡 戦後73年、脅かされ続ける沖縄県民の命

米軍基地が集中する沖縄では米軍機による事故やトラブルが後を絶たない。住民が死傷する事故も多数発生しており、米軍機によって住民の暮らしが脅かされてきた。1959年6月30日には、うるま市(旧石川市)の宮森小学校に米軍ジェット機が墜落し、児童11人を含む18人が死亡、200人以上がけがをする事故が発生している。その2年後にはうるま市(旧具志川村)川崎で米軍ジェット機が墜落し、住民2人が亡くなっている。

住民の死傷者こそ出ていないが2004年には沖縄国際大学の構内に米海兵隊のCH53D大型輸送ヘリが墜落。16年12月、名護市安部の海岸に米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸機MV22オスプレイが墜落し、17年10月には東村高江の牧草地でCH53Eヘリが不時着し炎上するなど一歩間違えれば大惨事となりかねない事故も多数発生している。

【Yahoo!ニュース(琉球新報) 2018.1.27.】

根底に存在するマインドは増井安堵市議と同じ!安倍政権に蔓延する、腐臭が充満するほどの醜い優生学思想と隷米&ヘイト思考!

出典:Twitter(@ikarinoGuitar)

出典:Twitter(@unspiritualized)

またまた安倍政権の政治家が、とんでもない暴言とヘイト思考を剥き出しにしたみたいね!
こんな暴言をしている時点で、そもそも沖縄県民の生命を屁とも思っていないってことの表れじゃないのよ!!

ああ、そもそも、沖縄の人々を「人として扱っていない」ということだろうね。
まったく、腐臭が漂ってくるほどの狂気じみた優生学思想やヘイト思考、卑しいまでに米軍に媚びへつらう奴隷思考だし、その根底に横たわるマインドでいえば、野党の国会議員を「極悪非道の在日Korean」などと暴言投稿をしまくっていたことが発覚し、多くの苦情を受けたことで涙の辞職をした増井安堵町議とほとんど同じものだ。

そして、最近のこれらの議員がことに終わっているのは、自らの気分や感情をセーブさせる術を待ち合わせておらず、後々どういうことになるかも考えることが出来ずに、口をついてこうした暴言やネット上での投稿を行なってしまう点だ。
これは、昨今のヘイト議員らが、精神性が著しく幼児のままで、決定的に大人としての思考力が欠如していることを示しているし、まさしくグローバリストが日本人に長年施してきた3S政策(愚民化政策)国会議員にまで深く浸透してしまっていることを示している。

正常な危機管理力や思考力を持つ大人であれば、あくまで本音と建前を使い分けることで、どんな場やシチュエーションにおいても上手に付き合いを持ち、ある程度無難にやり過ごすものだけど、近年の安倍政権を頂点とした隷米ヘイト議員らは、こうした最低限の判断力や理性すら持ち合わせていない

かつての自民党の政治家は、まだそれなりに賢く、教養のある人間が多かったけど、安倍総理本人を筆頭に、現在の日本の与党議員の間で凄まじいまでの思考力の劣化が目立つし、もはや脳の病気を疑わざるを得ないレベルに達してきているね。

ほんとに、選挙の悪影響が怖いからって、すぐに辞任するような羽目になるなら、最初からこんなヤジ飛ばさなけりゃいいじゃないのよ!!
そんな簡単なことも理解できないなんて…もう完全にこの国の議員の知能レベルが壊滅的な域に達してきているってことねっ!

こんな連中をいつまでものさばらせている限り、間違いなく、彼らの劣化した知性がボクたち国民にまで深く伝染してしまい、日本はいよいよ再起不能なまでに壊滅してしまうだろう。
すでにネット上には、すでに深く罹患してしまった集団が「有害なウイルス」をまき散らしている状況なので、絶対にボクたちは世にも恐ろしい「愚民化洗脳」に感染してしまわないように、くれぐれも気をつけよう。

そして、せめて日本のトップを務める国会議員全体の知性レベルを上げるべく、まずは現在の安倍政権の思考停止のヘイト議員全員を一掃していく必要がありそうだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket