■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【襲来】大阪港と岸和田市の倉庫で2千匹以上のヒアリを発見、2人が刺される!コンテナからヒアリが逃げ出した可能性も!

【襲来】大阪港と岸和田市の倉庫で2千匹以上のヒアリを発見、2人が刺される!コンテナからヒアリが逃げ出した可能性も!
Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月12日に中国・広東省から大阪南港に到着した後に岸和田市の倉庫に運ばれたコンテナについて、15日に作業員がコンテナを開けると大量のヒアリを発見。フタを閉じて南港に返した後に殺虫処理をしたものの、岸和田市で作業していた作業員と南港で処理に当たった環境省の職員、計2人がヒアリに刺されたという。

見つかったヒアリは合計2千匹に上り、刺された2人はいずれも軽傷で命に別状はないという。

コンテナからヒアリ2000匹、2人刺される

環境省は16日、中国から大阪南港(大阪市住之江区)に陸揚げされたコンテナから2000匹以上のヒアリが見つかり、男性2人が刺されたと発表した。いずれも軽症で医療機関も受診していないという。

同省などによると、コンテナを積んだ船は5日に中国を出港し、12日に南港に到着。その後、大阪府岸和田市の事業所に運ばれ、15日に従業員が積み荷を搬出していた際、背中と左手を刺されたという。

ヒアリは通報を受けた同省職員が駆除したが、作業中に職員の1人が手を刺された。

昨年7月にも福岡県でヒアリに刺された人がいたが、軽症だった。ヒアリは毒針を持ち、刺されると激しい痛みと腫れを伴い、海外では死亡例もある。

【読売新聞 2018.6.16.】

ヒアリ2千匹以上、コンテナから発見 大阪港と岸和田

岸和田市の倉庫では約100匹、大阪港では1900匹以上のヒアリが見つかった。岸和田市で作業員、大阪港で環境省職員がヒアリにかまれたが、健康上の支障は出ていないという。コンテナからヒアリが逃げ出している可能性もあり、見つかった周辺では殺虫餌と粘着トラップを設置している。

【朝日新聞 2018.6.16.】

出典:YouTube

2千匹ものヒアリの大群が日本に襲来!さらに2名が刺される被害も発生!

出典:Wikipedia

うにゃにゃ!?
ついに、心配していたヒアリしゃんが日本に本格襲来かにゃ!?
しかも、作業していた人達2人が刺されちゃったんだってにゃ!!

ひっ、つ、ついに日本も、ヒアリさんの生息域として本格的に加わってしまうのでしょうかぁ~!?

さなぎも含めて2千匹以上とは、こりゃまた大層な数のヒアリが入り込んでしまったね。
ボクも、いずれは日本にも本格流入してしまうことになると予測していたけど、すでに、世界中のコンテナが届く大きな港にはヒアリが生息しているものと見なした方が良さそうだし、これが住宅地や人里に広がってしまうのも時間の問題のような気がするよ。

というか、すでにどこかの内陸部にヒアリが本格的に居着いてしまっている可能性も否定できないので、ボクたちもそのつもりでいた方がいいのかもしれないね。

ちなみに、場合によってはアナフィラキシーショックで命を落とす危険性はあるものの、そこまで深刻な事態になることは比較的まれであるとのことだ。

うちの近所にはヒアリさんがいないといいんですけどぉ…素人目では日本のアリさんと見分けが付きづらそうでなかなか難しそうですぅ。

確かになかなか見分けは難しいけど、環境省のページその他のページなどでヒアリとそうではないアリとの見分け方が出ているので、参考までに見てみるのがいいかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事