【終わってる】奈良・安堵町の増井敬史町議(59)が山尾・辻元・福島議員らを「極悪非道の在日Korean」「股裂きの刑にしてやりたい」と投稿!→後に涙の謝罪!「反日勢力が私を潰そうと…」

Pocket

どんなにゅーす?

・奈良県安堵町の増井敬史町議(59)が、立憲民主党の山尾志桜里議員や辻元清美議員、社民党の福島瑞穂議員を「極悪非道の在日Korean」と綴った上で、「両足を牛にくくりつけて、股裂きの刑にしてやりたい」などとFBに投稿していたことが発覚。

・さらには、菅直人元総理に対しても「論外のアホである!ポア(殺害)して欲しいと思う」などと、オウム真理教を思わす表現で誹謗中傷。その後多くの批判が殺到したことで涙の謝罪を行なったものの、「反日勢力が私を潰そうとしている」「私のファンがいたので興奮した」などと話しているという。

町議がヘイトスピーチ、SNSに「股裂き刑したい」

奈良県安堵町の増井敬史町議(59)が、フェイスブックで特定の国会議員を在日コリアンと決めつけた上で「股裂きの刑にしてやりたい」などと投稿し、ヘイトスピーチに当たる内容で議員としての資質に問題があるとして町議会が処分を検討することが23日、同町への取材で分かった。

増井町議は20日、国会議員を名指しし、慰安婦問題に絡めて「極悪非道の在日Korean」と批判。「万死に値する」「両足を牛にくくりつけて股裂きの刑にしてやりたい」などと書き込んだ。オウム真理教で殺害の意味で使われていた言葉を用い、首相経験者の議員を「ポアしてほしい」とした投稿もあった。

町に抗議のメールがあった他、インターネット上で批判が相次ぎ、西本安博町長や議長らが22日午後、増井町議に事実関係をただした。議長は「人権侵害に当たる」としてフェイスブックでの発信をやめるよう求め、町議は謝罪したという。町議会は近く処分を話し合う全員協議会を開く。

22日夜までに「股裂き」などの記載は削除されたが、増井町議は23日、新たに「フェイスブックの規定に違反し、3日間アカウント停止になった」と投稿。自ら「半島人の表現がヘイトスピーチに該当するとの判断だった」とも書き込んだ。アカウント停止の理由を記す中で、再び同じ議員を名指しして「股裂き」「ポア」などの自身の投稿内容を列挙した。

増井町議は書き込みについて「言葉のあやだ。自分の投稿にファンがいて興奮して書いた」と共同通信の取材に話した。同町議は2015年初当選で1期目。

【日刊スポーツ 2018.1.23.】

FBに“ヘイト”投稿の安堵町議が「涙の弁明」

「お騒がせいたしまて誠に申し訳ございません。深く反省しております。一番の問題は自分自身が不勉強で、ヘイトスピーチや人権侵害についてまったく自覚がなく」(増井敬史安堵町議)

~省略~

町議会は、ヘイトスピーチに当たる内容で議員としての資質に問題があるとして、26日の全員協議会で対応を話し合う予定ですが、辞職勧告が出る見込みが高いといいます。

「安堵町議会に汚点を残した。本人の責任問題になってくる」(安堵町議会 森田瞳議長)

相次ぐ地方議員の不祥事に有権者はあきれるばかりです。

【MBS 2018.1.24.】

史上最凶のクレイジーヘイト町議がネット中で物議!「ここで辞めたら左翼の思うつぼ」と言ってたものの、結局辞職に!

出典:Twitter(@TAMA6SI)

これはまたまた、コメントに困ってしまうほどのとんでもないキャラが出てきたものね。
まあ、これが「今の日本の偽らざる現実」だってことね。

子供でも分かるくらいの最低限の一般常識すらも完全に欠如してしまっている上に、脳の病気を強く疑わざるを得ないほどのヤバさだけど…せなクンの言うように、こうした物事の分別も全くつかない「自称保守」の究極の反知性が日本の公人を多く務めているというのが、日本の紛れもない現実だ。

こうした、読むのもはばかるほどの下品なヘイトスピーチを公にまき散らしていること”そのもの”も、「私は知性&常識ゼロのヘイトスピーカーです」と自ら告白しているようなもので、究極の恥辱行為であるにもかかわらず、本人たちに全くその自覚症状がないこと、さらに、本人は「それが日本のために貢献している行為である」と思い込んでしまっていることなどを見ても、深刻な思考力や脳の退化が起こっていることが考えられ、まさしくこれは、戦後以降日本を強固に支配してきた国際資本勢力が日本国民に施してきた「3S政策(愚民化政策)」が影響しているとしか思えないね。

日本に原爆を落としたトルーマンらが提唱していた「3S政策」については、以前にもこの記事で紹介したけど、元々は、アメリカによって徹底的なまでに壊滅させられた日本が、いずれ自分たちを報復することがないように、日本人に「親米思想」を刷り込むために行なわれたのが最初で、戦後当時より、アメリカに対しての憧れや良い印象を与えるべく、国内のテレビ放送でハリウッド映画や米国製のドラマ、洋楽などを繰り返し流してきた経緯がある。
やがて、これがさらに発展して、隷米政党である自民党が安定した政権基盤を得るために、(国民が政治に対しての関心を失っていくように)広告代理店を通じて、エンタメやスポーツや芸能ゴシップやゲームなどを国民に多くあてがうようになっていった

結果として、これらの「3S政策」が大きく功を奏し、昭和の頃と比べて、選挙の投票率もどんどん下がり続けており、日本人の知性の退化や考える能力の低下は、特に最近は深刻化の一途を辿っていると見ているよ。

「政治そのものに関心がなく、どの政党や政治家がやっても同じだと思っている」人たちも、もちろん3S政策の被害者かもしれないけど、「アメリカ様こそがこの世の”神”であり、日本を支配している米軍や自民党を批判する人々は全員反日左翼」と思い込んでいる、増井さんらの「隷米カルト集団」は、まさに「究極の3S政策の被害者」ってことになるわね。

つまり、日本社会にはびこりつつある、「ネトウヨ」などと言われているおかしな隷米主義者やヘイトスピーカーというのは、まさしく、CIAによって作り出された、「究極の愚民化政策の成れの果て」ということだ。

こうした、増井町議のような思考を持ってしまった人間のみに埋め尽くされた時こそ、日本が本当に破滅する時だし、今の今でもネット上には同じような有害で危険な洗脳や誘導が溢れかえっているので、このような惨めで無残な姿をしっかりと脳裏に刻み込むことで、くれぐれもこうした悪しき思考が伝染しないようにみんなも気をつけよう。

結局は、この人辞職に追い込まれたみたいで、その点ではまだ良かったけど…今後も一般人としてネット上で有害な活動を続けていく可能性があるし、くれぐれも要注意だわ。

おススメ記事&広告

 
Pocket