平壌で南北首脳会談を開催!「いかなる場合も武力使用しない」軍事合意文書を署名した他、鉄道や医療の協力も!トランプ大統領は賛辞をツイート!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月18・19日、北朝鮮・平壌で今年(2018年)3度目の南北首脳会談が開催され、北朝鮮の非核化や経済協力、戦争終結に向けての具体的な話し合いが行なわれた。

・文在寅大統領と金正恩委員長は、鉄道や医療の協力体制の構想に加え、南北朝鮮で「いかなる場合も武力使用しない」軍事合意文書に署名。南北の緊張や挑発に繋がるあらゆる軍事演習や訓練を中止する方向で合意し、トランプ米大統領もこの会談に大きな賛辞を示した。

北朝鮮、一部ミサイル施設の廃棄で合意 南北首脳会談で共同宣言

19日に平壌で行われた南北首脳会談の後、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は「9月平壌共同宣言合意書」に署名した。共同記者発表で文大統領は、金委員長が北朝鮮のミサイル実験・発射施設1カ所の廃棄に合意したと発表した。

共同宣言に署名した両首脳は記者発表に臨み、「非核化達成に向けた道筋で合意した」と文大統領が明らかにした。

一方、金委員長はこの合意を朝鮮半島の軍事的平和に向けた「躍進」だと説明した。

金氏はさらに、「近い将来、ソウルを訪問したい」と話した。実現すれば、北朝鮮の指導者として初めて、韓国を訪れることになる。

南北両国はこのほか、鉄道の相互接続や離散家族の再会、医療分野での協力なども計画しているという。

「核の脅威がない平和の地」

文大統領は合意書署名の後、金委員長が「東倉里(トンチャンリ)のミサイル・エンジン実験施設と発射設備を、関係各国の専門家の立会いの下、永久的に廃棄することに合意した」と話した。

金委員長はさらに、米国が相互措置をとった場合に限り、寧辺(ヨンビョン)核施設の永久的な廃棄など追加措置をとる用意があると表明したという。

共同宣言で両国は、非武装地帯をはじめとする地域での軍事的敵対関係を終え、朝鮮半島全体における実際の戦争の危険を取り除き、根本的な敵対関係の解消につなげると合意した。

さらに両国は、朝鮮半島を核武器と核の脅威がない平和の地にするため、実質的進展を速やかに実現するという認識で一致した。

両国はさらに、2032年のオリンピック南北共同開催を目指す方針。

この日は首脳会談に加え、韓国の国防相と北朝鮮軍のトップが軍事的な緊張緩和に向けて合意している。

文大統領は18日から3日間、平壌を訪れている。

韓国の大統領による北朝鮮訪問は11年ぶりで、両首脳が会うのは4月の歴史的な会合以降、3回目となる。

6月の歴史的な米朝首脳会談の成果を実現したいドナルド・トランプ米大統領はただちに、南北両首脳の合意をツイートで称賛し、「金正恩は最終交渉を条件に核査察の受け入れに合意したほか、各国の専門家の前で実験場と発射台の永久的廃棄に合意した。この間は、ロケット実験も核実験も行われない。英雄たちの遺骨は引き続き、米国に帰還する。加えて、南北朝鮮は2032年五輪の共同開催に一緒に名乗りを上げる。とてもわくわくする!」と書いた。

~省略~

【BBC 2018.9.19.】

南北「いかなる場合も武力使用しない」 敵対行為の全面中止で合意

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は19日、平壌で開かれた南北首脳会談で採択した「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書」で、「いかなる場合でも」武力を使用しないことで合意した。

合意書によると、南北は地上、海上、空中をはじめとするあらゆる空間で、軍事的緊張と衝突の根源となる、相手に対する一切の敵対行為を全面中止することにした。

双方は軍事的衝突を招く恐れのあるあらゆる問題を平和的な方法で協議・解決し、いかなる手段と方法によっても相手地域を攻撃、占領しないことで合意した。

相手側を念頭に置いた大規模軍事演習や武力増強問題、さまざまな形態の封鎖・遮断および航行妨害問題、相手に対する偵察行為の中止などについて、「南北軍事共同委員会」を稼働させて協議することにした。

また、11月1日からは軍事境界線一帯で、相手側を対象と想定するあらゆる軍事演習を中止することでも合意した。

南北は、地上では軍事境界線から5キロ以内での砲兵射撃訓練と連隊級以上の野外機動訓練を全面中止する。

海上では、黄海で韓国北西部の徳積島より北から北朝鮮南西部の椒島より南までの海域、東海で韓国北東部・束草より北から北朝鮮南東部・通川より南までの海域で、砲撃および海上機動訓練を中止し、海岸砲と艦砲の砲口・砲身にカバーを設置して砲門を閉鎖することにした。

空中では、軍事境界線の東西の上空に設定された飛行禁止区域内で固定翼機の空対地誘導兵器による射撃など実弾射撃を伴う戦術訓練を禁じることで合意した。

【Yahoo!ニュース(聯合ニュース) 2018.9.19.】

南北の恒久的な平和に向けて大きな一歩となる「軍事合意文書」を交わした他、鉄道や医療など、南北(米中露)の経済・インフラ協力も動き出した模様

出典:TBS News

韓国・文在寅大統領と北朝鮮・金正恩委員長による(早くも)3度目となる首脳会談が開催され、非核化についての道筋が話し合われたほか、恒久的な南北の平和に向けた軍事合意文書の署名、そして、鉄道・医療などの協力についても合意が行なわれたようです。

トランプ大統領も今回の会談を高く評価しているようですが、これは、水面下ではかなり活発に「北の近代化」に向けて動き出しているとみるのが良さそうです。

夕方やっていたニュースでは、コメンテーターが「まるで中身の無いただの薄っぺらいパフォーマンスだ」みたいな、今回の南北会談をこき下ろすようなコメントが飛び出していたけど、相変わらず、日本のテレビはデマに近いほどの悪質なミスリードや国民洗脳目的のプロパガンダが激しいね。

安倍政権や(「韓国・北朝鮮敵視思想」を煽る)ネオコン軍産資本の忖度や利益誘導しか頭にない、日本の大手マスコミを鵜呑みにするとエラいことになってしまうけど、上記の海外報道を見ても分かるように、今まで南北が長年戦争状態が続いてきたのを劇的に変化させるほどに、恒久的な南北の平和と統一に向けて大きく踏み込んだ軍事合意を結んだようだね。
これだけでも大きな評価に値すると思うけど、これに加えて、鉄道や医療の協力体制など、いよいよ北朝鮮の”開国”に向けて、具体的な構想が表に出始めてきた

言うまでもなく、これらの経済協力の背後には、中国・ロシア・そしてトランプのアメリカが控えておりロシアや中国を中心とした「一大経済資本体制」の中に北朝鮮が本格的に組み込まれていくことがすでにある程度決まっているものと見ているよ。

確かに、色々と注目すべき点が多い今回の合意内容なのですが、日本の大手メディアは非核化ばかりにスポットを当てつつ、その他の重要な内容をほとんど報じていない上に、「進展見られず」などとかなり批判的に報じている始末です。
これでは、世界の潮流や情勢がまるで正確に読み解けない上に、日本国民だけがまるで間違った認識を植え付けられ、社会・経済だけでなく、思考回路までもが劣化・孤立化するばかりとなってしまいます。

日本のマスメディアは、世界的に見てもトップレベルの劣悪なクオリティであり、安易に信用すると、ボクたちの財産どころか生命すら危うくなる実情を念頭に置いておく必要があるね。
すでに世界は、これまでの「米国一強体制」から大きく様変わりしており、長年日本を強力に支配してきた(米・イスラエルの)ネオコン軍産資本も今や主流派から外れつつある状況だ。
いまだに日本国内ではこれらネオコンにくみする報道しかされない時点で、すでに日本の孤立化・弱体化が進んでいるし、世界を大きく動かしているトランプ・プーチン・習近平と、北朝鮮交渉のキーマンである文在寅らによる、「新しい世界秩序構築の動き」に対して、細心の注意を払っていく必要があるね。

金委員長がトランプ大統領に二度目の首脳会談を要請する書簡を送ったことも注目ですし、トランプさんが急速に進めている「世界の大変革」の行方について、今後もウォッチしていこうと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket