【加計疑獄】愛媛県の中村時広知事、柳瀬元秘書官による「首相案件」文書の存在を認める!前川喜平氏「忖度ではなく、安倍総理自身が意思表示をしたとしか思えない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月10日、2015年4月の愛媛県・今治市・加計学園関係者による官邸での面会において、当時の柳瀬唯夫秘書官が「首相案件」と発言していた文書が見つかったとの報道を受けて、愛媛県の中村時広知事が「当時の担当職員の備忘録だった」と文書の存在を認めた

・その一方で、該当文書が現存しているかどうかは確認できていないとしつつも、「(担当の職員が当時に)国の複数の省庁に配布した可能性はある」とも話した。

「首相案件」文書、愛媛県知事「職員メモ」と存在認める

学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市への獣医学部新設計画について、2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会した際に同県が作成したとされる文書の存在が判明した問題で、中村時広・同県知事は10日夕に記者会見し、文書は「職員の口頭報告のためのメモだった」と、文書の存在を認めた。

中村知事は朝日新聞などの報道を受けて10日午前、調査を指示していた。会見では「会議に出席した職員が(作った)口頭報告のためのメモ。当時の担当職員の備忘録だった」と説明。一方で、「保管義務がないので、文書そのものは確認できていない」と話した。ただ、当時、説明のために国の複数の省庁に配布した可能性はあるとした。

【朝日新聞 2018.4.10.】

出典:日テレNEWS24

「忖度ではなく総理自身が意思表示したとしか…」前川氏

前川喜平・前文部科学事務次官は10日、「(愛媛県の)文書は政府がいっさい説明してこなかったブラックボックスの中身を説明する内容。首相秘書官が官邸で応対した時点で首相案件といえ、安倍総理ご自身の明確な関与を示している」と話した。参院議員会館で開かれた公務員制度をテーマとしたシンポジウム後に取材に応じた。

前川氏は加計学園の獣医学部新設について、「行政がゆがめられた」と告発してきた。取材に対し、「当時の文科省にも政府から『総理のご意向』が様々なルートで来ていた。そこにもう一つのルートが加わった」と指摘。「忖度(そんたく)ではなく、総理自身が何らかの意思表示をしたとしか思えない。総理は正直に認めるべきだ」と話した。

【朝日新聞 2018.4.10.】

 

愛媛県の中村知事が、朝日新聞がスクープした「首相案件」の文書について、「当時の担当職員の備忘録だった」として、この文書の存在について認めました(現存しているかどうかは明言せず)。
これによって、柳瀬氏が2015年の時点で「首相案件」と言っていたこともほぼ明らかになりましたし、この一件を「記憶がない」の一点張りで、かたくなに認めようとしない柳瀬氏の”怪しさ”がますます浮かび上がる事態となっています。

ああ。加計学園が国家戦略特区を利用して開学しようとしていたことについて、安倍総理も「2017年1月の時点で初めて知った」なんて虚偽答弁をしていたことが確定的になったし、よほどこれらの事実を隠したい”事情”があるということだろう。

前川氏もこの事態を受けて、「忖度ではなく、総理自身が何らかの意思表示をしたとしか思えない。総理は正直に認めるべき」と批判しているけど、これを一向に素直に認めようとしないということは、まだまだ隠された「重大な事実」がたくさん控えている可能性がありそうだ。

加計疑獄においても、今治市において文書改ざんがあったことが報じられていますし、全体的な構図としても森友事件と似た様相となってきますね。
森友だけでなく、加計疑獄においても大手マスメディアが本腰を入れて報道し始めた様子が見られますし、明日以降の国会やマスコミの動きを注意して見ていこうと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket