【マジか】加計疑獄でも公文書改ざんか!?今治市による内閣府への出張を報告する「復命書」に2つのバージョンが存在!”加計ありき”を隠すため?

Pocket

どんなにゅーす?

森友疑獄での公文書改ざん事件が日本社会を震撼させている中、今度は加計疑獄においても公文書改ざん疑惑が持ち上がっている。

・問題となっているのは、今治市が2015年6月8日付けで菅市長あてに作成した、内閣府への出張内容を報告する「復命書」で、2016年秋に市民団体による開示請求の際に一部開示されたものと、加計疑獄が大きく報じられた後、一転して黒塗り扱いになった2つの”同一文書”において、明らかに異なる点が複数見受けられるという。

【スクープ】加計問題でも「公文書改ざん」疑惑が浮上

■今治市が作成した国家戦略特区WG出席の報告書

改ざん疑惑が見つかったのは、今治市の職員が2015年6月5日に国家戦略特区のワーキンググループ(WG)委員によるヒアリングを受けるため、内閣府へ出張した内容を記した「復命書」。市の職員服務規程(出張)によると、〈出張者が帰庁した場合は、速やかに復命書を提出〉とあり、同8日付で菅良二市長あてに出張内容を報告する「復命書」が作成された。

16年秋に今治市民が、この「復命書」を情報公開請求し、一部が開示されたのだが、昨年の通常国会で加計問題に注目が集まると、市は一転して「復命書」を含む関係文書を黒塗りして非開示扱いにした。

本紙は一部開示された当時の「復命書」と、その後、黒塗りで非開示扱いとなった「復命書」を入手。2つの文書を比べたところ、明らかに不自然な点が見つかったのだ。

まず、一目で分かるのは、副市長や部長、課長などの印鑑が押された「供覧」の部分だ。2つの文書には印鑑の名前こそ同じだが、押されている場所や印影、数は全く違っていた。そして、出席人数も一部開示された方が少なく、肝心の「議事要旨」についても明らかに一部開示の方が黒塗りよりも記載内容が短かったのだ。

市の公用文に関する規程には〈「復命書」等〉とあり、復命書は紛れもなく公文書だ。どちらも情報公開請求を受けて開示しているから「途中経過」や「決裁前」の文書はあり得ない。なぜ、一部公開と黒塗りで異なる2つの「復命書」が存在するのか。起案した市企画課に質問書を送ったが、「担当者がいない」などとノラリクラリで、締め切り時間までに回答は得られなかった。

【日刊ゲンダイ 2018.3.9.】

公文書改ざんは森友だけでなく加計までも!?安倍一派によって、国だけでなく地方にまで不正と腐敗、汚染が蔓延!

出典:Twitter(@yokohamarengouk)

はあああ~~っ!?
森友だけじゃなくって、今度は加計までも改ざん疑惑が浮上ですってぇ!?

一体この国はどうなっちゃってるっていうのよぉ!!

森友の場合は国(財務省)においての公文書改ざんだけど、今度は、加計学園を不正に優遇した疑惑のある今治市を舞台にした公文書改ざん疑惑が出ているようだ。

どちらも言うまでもなく、安倍夫妻による”国家の私物化”が招いた疑獄案件だし、こうした安倍一派に群がったり、されるがままに忖度する政治家や官僚、公務員が、安倍一派の圧力を受けながら、重大な不正行為に手を染めていた実態が明るみに出つつある状況だ。
今は森友の改ざん問題に全ての意識が注がれている状況だけど、この件についてもさらなるマスコミによる調査報道が必要だし、是非とも野党議員も(森友文書改ざんと並行して)こちらの調査も鋭意行なってもらいたいところだ。

いずれにしても、公文書の改ざんが日常茶飯事になれば、日本の国家としての信用は地の底まで墜ちるのは間違いないし、すでにその崩壊と壊滅に向かって確実に足を踏み込んでいる状態だといえるだろう。

ほんとにもう、”末期状態”に入る一歩手前まで来ている感じだわ…。
冗談抜きで、これ以上安倍政権に好き勝手されると日本は完全に沈没だし、少なくとも、森友&加計疑獄の徹底究明と犯罪行為の洗い出しが必要不可欠ねっ!

おススメ記事&広告

 
Pocket