【ほんとそう】中村愛媛県知事が加計学園の発表に怒り!「嘘をついたのなら、まず愛媛県と今治市に対して謝罪し、記者会見するのが常識」「だから有り得ないんじゃないか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月26日、加計学園が「15年2月の安倍総理と加計理事長との面談を捏造し、嘘の説明を愛媛県と今治市にしたような記憶がある」などとのコメントを発表したことに対し、愛媛県の中村知事が強い不信感と怒りのコメントを発表した。

・中村知事は、「普通の常識で考えたら、もし嘘をついたのであれば、まずは愛媛県と今治市に対して謝罪・説明をして、責任者が記者会見して発表するっていう手順を踏んでいないとおかしい。」とコメント。その上で「だから有り得ないんじゃないか?」加計学園の説明が嘘である疑いを持っていることを示した。

愛媛県知事「本当なんですかね」怒りあらわ

加計学園問題をめぐる愛媛県の文書について、加計学園は実際にはなかった安倍首相と加計理事長の面会を引き合いに出して、愛媛県などに「誤った情報を与えた」とするコメントを発表した。このコメントを受け、愛媛県の中村知事は怒りをあらわにした。

中村時広知事「まだ何も聞いてないので、コメントしようもない。だって普通の常識で考えたら、当事者が嘘をついたと。もしそれが本当だったら、ついた愛媛県と今治市に対して謝罪をして、説明をして、それから責任者が記者会見して発表するっていう手順を踏んでいかなかったら、おかしいじゃないですか。だからありえないんじゃないですか。本当なんですかね」

その上で、愛媛県の中村知事は「愛媛県に報告はなく、なぜこのタイミングで発表したのか不可解だ」などと不信感を示し、怒りをあらわにした。

【日テレNEWS24 2018.5.27.】

嘘ですら辻褄が合わない事態になってもなお必死に嘘をつき続ける安倍総理と加計学園に、中村知事が怒り露わ!

加計学園による、まさかの「15年2月の安倍総理と加計理事長の面談はでっち上げでした」とのコメントに対し、愛媛県の中村知事が(当然のごとく)怒りのコメントを出しました。
中村知事は「もし嘘をついていたというのが本当なら、まず愛媛県と今治市に担当者が謝罪に訪れ、そのうえで記者会見を開いて説明をするというのが当たり前の常識」と言っていますが、これは至極当たり前のコメントですね。

ボクも、この記事で説明したけど、もし仮にこれが本当なのなら、森友学園以上に悪質な詐欺事件であり、面談の事実をでっち上げ、これを県と市に強くアピールしたことで官邸での面会に繋げ、その後の政府主導の開学に突き進んでいったということで、検察が立件すべき事案である上に、勝手に名前を利用され、面談をでっち上げられた安倍総理は、加計学園に大激怒すべき事案だ。

だけど、安倍総理の様子を見る限り、加計学園を訴えることなど絶対にしないだろうし、今後も加計学園を全力で優遇しながら、配下の政治家や官僚たちに加計学園の美味しいポジションを与え、美味しい利権をみんなで分け合っていくのだろう。

この時点で、安倍総理と加計学園が単なる友情を超えた異様な”近親関係”であることが確定的だし、おのずと(例によって)大嘘をついた安倍総理を守るために、加計学園が嘘のコメントを急ごしらえして発表したという内情が自然と浮かび上がってくるね。

もし捏造だったのだとすれば、具体的な日時や面会時間まで具体的に報告している上に、「新しい獣医学部の考えはいいね!」との安倍総理のコメントまで捏造したということになりますので、相当に悪質な事案です。
こんなとんでもない事態を、愛媛県にも今治市にもなんの謝罪や報告もないまま、あのようなFAXだけでこのような謝罪コメントを発表している時点で、もうメチャクチャですね。

だからこそ、今回の加計学園の発表こそがでっち上げの可能性が大であり、安倍総理の大嘘の辻褄合わせをするために急遽考え出した可能性が大ということだ。
でも、こんな言い訳を発表した時点で、今度は加計学園による詐欺事件に発展する事態になってくるし、すでに、嘘で辻褄合わせすることも困難な状況になりかかっているのが現状だ。

はい。「安倍総理が17年1月に加計学園が獣医学部を開設しようとしていることを初めて知った」という主張は、その他のファクターからもすでに虚偽答弁だったことが限りなく確定しかかっていますし、どれだけ次々と新しい嘘を考え出そうと、すでに安倍総理と加計学園は「終わり」という段階に差し掛かっていると言えそうです。

Pocket