【また暴言】麻生氏「不摂生な人の医療費を払うのあほらしい」との考えに同調!「(ある先輩に対して)いいこと言うなと思って聞いていた」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年10月23日、麻生財務相が閣議後の会見において、「『自分で飲み倒して、運動も全然しない人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしい、やってられん』と言った先輩がいた。いいこと言うなと思って聞いていた」とコメント。各所から批判の声が相次いでいる。

・麻生氏は「生まれつきもあるので、一概に言うのは簡単な話ではない」とも付け加えたものの、健康保険の概念を否定するような問題発言として、野党からも批判が相次いでいる。

麻生氏が不適切発言=医療費負担「あほらしい」に同調

麻生太郎財務相は23日の閣議後の記者会見で、不摂生が理由で病気になった人の医療費を健康のために努力している人が負担するのは「あほらしい」と指摘した知人の発言を紹介した上で、「いいことを言う」と同調した。

健康維持の必要性を訴える趣旨とみられるが、病気になった人に対する心ない表現として批判が出る可能性がある。

麻生氏の発言は、政府が検討している予防医療推進に関する質問への答えの中で飛び出した。78歳の麻生氏は「病院で世話になったことはほとんどない」と強調。生活習慣の乱れで自ら病気を招いた人の医療費を負担するのは不公平との考えをにじませた。

ただ麻生氏は「人間は生まれつきがある。一概に言える簡単な話ではない」とも語り、やむを得ない事情で病気になった人の医療費を保険制度で賄うことに理解を示した。

【Yahoo!ニュース(時事通信)】

麻生氏発言を批判=野党幹部

麻生太郎副総理兼財務相が、不摂生を理由に病気になった人の医療費負担を「あほらしい」と指摘した知人の発言に「いいことを言う」と同調したことに関し、野党から23日、批判が相次いだ。

立憲民主党の長妻昭代表代行は記者団に「またかという感じ。生まれつきの体質とかいろんな人がいる」と批判。国民民主党の玉木雄一郎代表は「傷つく人がいるということに対して想像力を働かせる大臣であってほしい」と注文を付けた。

【livedoorNEWS(時事通信) 2018.10.23.】

麻生財務相が「国民皆保険制度」を全否定するような暴言を炸裂!河野太郎外相に対しては「一般的な常識が欠けている」と自らを完全に棚に上げる!

麻生太郎氏
河野外相に「常識を磨かないといかん」

麻生太郎副総理兼財務相は23日、東京都内で開かれた自民党麻生派の河野太郎外相のパーティーで、「(河野氏が)政治家として今後伸びるのに何が欠けているかと言えば、間違いなく一般的な常識だ」と語った。財務省の一連の不祥事などで失言も多い麻生氏だけに、党内から「麻生氏には言われたくない」と失笑も漏れた。

~省略~

【毎日新聞 2018.10.23.】

出典:Sharetube

暴言・失言の常連、麻生財務相がまたも問題発言です。
不摂生が原因で病気になった人の医療費を、健康に気を遣っている人が負担するのは「あほらしい」との意見に同調するようなコメントを行ない、各所から多くの批判が上がっていますね。

なんだか、ネット上では、麻生氏の意見に「確かにその通りの部分がある」などと同調しつつ、この麻生氏の発言に怒っている人を叩く動きも発生している感じなんだけど…毎度ながら、なぜ、自らの首を進んで絞めるような方向に向かってしまう人々が絶えないのだろうか…

そもそも、どんな事情で病気になったとしても、「困ったときはお互い様」の精神で国民みんなが分け合って負担し合うというのが、「国民皆保険制度」の趣旨であり、麻生氏の発言は、これまでの日本政府が作ってきた国民皆保険制度を「根底から否定」するようなものだ。

しかも、なにをもって「不摂生」とするのか、その定義もまるで曖昧であり、自分では健康に気を遣っていたつもりでも万一病気になってしまった場合お役所から「健康への努力が足りなかったからだ(=不摂生していたからだ)」と言われてしまえば、はっきり言ってそれまでだろう。
つまり、「不摂生の人には医療費を出すな」との風潮が国民間で蔓延し、もしそのような制度が実際に作られてしまったら、それこそ、それまで声を上げていた国民自身が一番困ることになるだろう。
まったく、麻生氏のコメントに同調している人たちは、どうしてそうしたことが想像できないんだろうね…。

しかも、十分な賃金をもらえていない貧困層の国民においては、健康に気を遣いたくても、そちらにお金を回せずに、インスタントラーメンなどの身体に良くないものを日常的に食べざるを得なかったり、日頃のブラック労働や過労などのストレスも重なって病気にかかってしまうケースも大いに考えられます。
こうした人々などに対しても、「健康への努力が足りない」「不摂生が原因だ」と言われてしまえばまさしく社会的地位のない「弱い人々」が真っ先に見殺しにされてしまう世界がやって来てしまいます。

ボクの知り合いでも、低賃金労働や仕事環境におけるストレスなどにさらされていた中で重い喘息にかかってしまった人がいるけど、ボクたち一般国民自身が幸せで豊かな社会を作っていくには、国民同士が協調しつつ「困ったときはお互い様」の助け合いの精神で、日頃から一致団結しながら、支配権力(政府やその上にいるグローバル資本勢力)が不当に搾取したり、腐敗して税金を無駄遣いしないよう、厳しくチェックしていく意識を持つことが何よりも大事だ。

どうも日本国民は、こうした支配権力からの洗脳に深くはまっては、権力層を無根拠に信仰する一方で、本来団結するべきはずの立場の弱い国民を叩き、自分で自分の首を絞めようとする傾向が目立つので、もう少し、本来持っているはずの想像力や感性を働かせては、自分たちが豊かになるためにはどうすればいいのかを考え、行動していくことが大事なんじゃないかな。

そして、麻生氏に関しては、自らを棚に上げまくった発言も酷いもの(確かに河野氏は相当非常識だけど、森友文書改ざん事件でも一向に辞任せずに、いまだに財務相に居座り続けている麻生氏も同じくらいに非常識だろう)だし、最も国政のトップ閣僚を任せてはいけない精神性の持ち主なのは間違いないね。

Pocket

 

 関連記事