【信用性ゼロ】内閣府調査、「現在の生活に満足」が74.7%で2年連続”過去最高”を更新と発表!→ネットでは疑いの声が続々!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年月6日~7月に行なわれた内閣府調査において、「現在の生活に満足している」が74.7%で、2年連続過去最高を更新したと発表された。

・内閣府は「景気や雇用が緩やかに回復していることなどが背景にあるのでは」とコメントしているものの、これらの情報の信憑性について、ネット上では疑いの声が続々上がっている。

「生活に満足」74.7% 2年連続で過去最高 内閣府調査

~省略~

内閣府は、国民の生活に関する意識などを調べるため、ことし6月から7月にかけて、全国の18歳以上の男女1万人を対象に世論調査を行い、59.7%に当たる5969人から回答を得ました。

それによりますと、現在の生活に「満足」が12.2%、「まあ満足」が62.5%で、合わせて74.7%の人が満足していると答え、同様の質問を始めた昭和38年以降で、最も高かった去年を0.8ポイント上回り、2年連続で過去最高を更新しました。

満足していると答えた人を年代別に見てみますと、18歳から29歳が83.2%で最も多く、30歳から39歳が78.9%、70歳以上が75%などという順になりました。

また政府が力を入れるべき政策を複数回答で尋ねたところ、社会保障の整備が64.6%で最も多く、次いで高齢社会対策が52.4%、景気対策が50.6%でした。

これについて、内閣府の担当者は「景気や雇用状況が緩やかに回復しているため、生活への満足度が高くなっているのではないか」と話しています。

【NHK NEWS WEB 2018.8.24.】

公文書改ざん、障害者雇用虚偽報告など、嘘とインチキまみれの政府(大本営)発表!当然のごとく、その信憑性を疑う国民が続出!

日頃から公文書改ざんやら障害者雇用のデータ水増しやら、色々な嘘やインチキを繰り返している政府が、何やらまた胡散臭い数値を発表したみたいね!
オオカミ少年と同じで、これまでの行ないを見ても、こんな発表誰がまともに信じるっていうのよ!?

ただでさえ、日頃から改ざんや水増しなどの国家ぐるみで無法行為を繰り返してきた上に、安倍政権になってから、実質賃金が低下し続けている上に、貯蓄ゼロ世帯が大幅に増加しているというデータも出ているのだから、まともな感覚を持っている人は、この政府発表(大本営発表)に強い疑いを持つのは当然だといえるだろう。

出典:Twitter(@gnpthnt311)

ちょうど自民党の総裁選を控えていて、「安倍政権はこんなに国民に支持されている」という雰囲気を作り出すために、実際のデータから「満足している」の数値を水増しして発表した可能性もあるし、なんせ、「安倍内閣直属」の内閣府の発表だからね。

もし本当に、ここまで不安定な非正規雇用が大きく増え、結婚・子育てもままならないような低賃金の環境の中、大勢の国民が「生活に満足している」と感じているのだとしたらそれもそれでかなりヤバイ状況だと思うけどね。

しかも、上の表を見ると、特に20代の間で貯蓄ゼロが大幅に増加しているっていうのに今回の内閣府調査では「満足している」って答えたのが、18歳から29歳が83.2%で年代別で最も多い結果になっているじゃないのよ!!
この結果が本当だとしたら、結婚や子どもを作ることができないくらいに貧しくても、「現在の生活に満足」している人が大多数ってことで…これじゃ文字通りに日本は衰退・破綻まっしぐらじゃないのよ!!

ボク自身はこの数値自体が、何らかのやり口で水増しされている可能性が高いとみているけど、このデータがもし本当だったとしても、日本は末期的な危機に置かれているということだね。

ちなみに、近年の米国の経済指標なども多くの嘘が含まれている疑いが方々で指摘されているけど、「国家や権力(とその下部に位置するマスコミ)は絶対に嘘をつかないもの」と無根拠に信じるのは、(過去の国内事例や海外の国家のケースなどを見ても)いつの時代だろうとどんな政権であろうと危険だ。
どちらにしても、「これまでも権力は、民衆に多くの嘘をついてきた」との大前提の下に、あらゆる政府発表を「ある程度の距離」を置きながら受け取っておくことが大事なのではと思うよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事