■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【まっとう】宮本亜門氏、日テレの生放送で「日本が中止の意思を表明すべきだと思います」と発言!「五輪は先進国だけでなく、世界のもの、後進国のものでもある」→多くの賛同の声!

【まっとう】宮本亜門氏、日テレの生放送で「日本が中止の意思を表明すべきだと思います」と発言!「五輪は先進国だけでなく、世界のもの、後進国のものでもある」→多くの賛同の声!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年3月28日、「真相報道バンキシャ!」に演出家の宮本亜門氏が生出演し「日本が中止の意思を表明すべきだと思います」と発言、大きな話題になっている。

・宮本氏は、「ごめんなさい、炎上覚悟であえて言います」と前置きした上で、上記の発言をし、「オリンピックは日本だけのものでなく、世界のものであり、先進国だけでなく、後進国のものでもあります。今の感染状況の世界を冷静に見てて、インド、ブラジルを含めて。皆さん切り裂かれちゃうんですよ、国民の気持ちが」と訴え。多くのコメンテーターや芸能人が東京五輪の利権を掌握している電通に逆らえず、”忖度全開”の発言を繰り返す中、リスクを顧みずに真っ当な発言を行なった宮本氏に多くの賞賛の声が寄せられている。

宮本亜門がテレビの生放送で「日本から五輪中止を表明すべき」と勇気ある発言! 一方、東京は異常な検査の少なさ、五輪強行のため感染隠しか

昨日28日放送『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ)に出演した演出家・宮本亞門氏の発言に称賛の声があがっている。宮本氏は「ごめんなさい、炎上覚悟であえて言います」と前置きすると、こう述べたのだ。

「僕は日本から中止の意思を表明するべきだと思います」
「オリンピックは日本だけのものでなく、世界のものであり、先進国だけのものでもなく、後進国のものでもあります。もう、いまの感染状況の世界を冷静に見てて、インド、ブラジルを含めてなんですけど、これだけになっているなかで、みなさん切り裂かれちゃうんですよ、国民の気持ちが。みなさんの本当にやりたい気持ち、わかるけれども、いま誰がNOを言うか。やはり日本が勇気を持ってNO!と言うことを僕は期待したい」

宮本氏は東京五輪組織委員会が主催するイベントでモデレーターを務めたりコンサートの企画・構成を手掛けるなど東京大会の開催に協力してきた立場でもある。にもかかわらず、明確に反対だと声をあげたのだ。

この勇気ある発言には、ネット上でも「よく言ってくれた」「この発言をする覚悟がすごく伝わってきた。立派でした!」「素晴らしい!賛同します!」「拍手したい」と共感が広がっている。

~省略~

【リテラ 2021.3.29.】

宮本亜門氏が(電通や菅政権の圧力に屈せずに)全国ネットの生放送で「東京五輪中止」を訴える!→「よくぞ言った」と多くの賛同・共感の声!

出典:ホリプロ

ようやく、日本のテレビからも心あるまっとうな声が出てきたわねっ!!
言葉を慎重に選びながら、東京五輪の開催を望んでいる人々に対しても懸命に気遣いつつの発言だったけど、亜門さんの訴えは至極まっとうですし、ここまではっきりと「中止すべき」という言葉を発するには、相当な覚悟と勇気が必要だったんじゃないかしら!?

亜門さん、よくぞ言ってくださいましたぁ!
ほんとにカッコいいですし、一気にファンになってしまいましたぁ~!

組織内の凄まじい同調圧力や権力からの抑圧に屈せずに、社会弱者(一般国民)に寄り添った発言を堂々と行なう人は、いつの時代でもカッコいいし、本来であれば、テレビに出ている芸能人がみんなこうしたメッセージを発していくべきはずなんだけどね。
ネット上では、宮本氏の発言に賛同・共感する声が圧倒的に多いものの、その一方で、自民や電通の工作員と疑われるアカウントなどから)「聖火リレーを楽しみにしていた市民の思いを踏みにじっている」みたいな非難コメントも出ているね。
こういった「(腐敗した権力層によっていいようにダシにされていることを知りながらも)楽しみにしている市民のために東京五輪を強行せよ」といった考えって、実際のところものすごく冷血で薄情なものだと思うし、心あるまっとうな人であれば、東京五輪というものが「1%の支配層による(腐った)金儲けプロジェクト」である本質を指摘した上で、日本の一般市民がいいように”彼ら”に利用にされ、搾取されていることを懸命に伝えようとするだろう。

ネット上でも、こういったズルくて血が通ってない(既得権層側に寄り添った)意見が常に多く見受けられるし、テレビに出ているお笑い芸人なんかも、大多数がこういった(
表面的には「蚊帳の外からの意見」を装いながら)「私利私欲を最優先した意見やコメント」が圧倒的に多いのが現状だわっ!

それだけ、今の日本の芸能界やマスコミ界(そして政官財界も)は「自分さえよければいい」といった、ズルくて非情な考えの人間が増えているってことなのだろうし、こうした宮本氏の意見が「貴重な金言」として大きく称えられているというのも、とても寂しく悲しい事態だ。
こうした”きっかけ”によって、一人でも多くの有名人が「東京五輪を中止すべき」という声を上げて欲しいと思うし、日本や世界の反対の声を無視して強行されている聖火リレーの「こうした実情」を改めてよく見ることで、東京五輪の正体や本質を多くの国民が真に理解することを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事