■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【どうなる?】イーロン・マスクがTwitterを買収へ!総額5.6兆円!トランプ元大統領の凍結時に「ハイテク企業が言論の自由の裁定者になったことを不満に思う人が大勢いるだろう」と批判!

【どうなる?】イーロン・マスクがTwitterを買収へ!総額5.6兆円!トランプ元大統領の凍結時に「ハイテク企業が言論の自由の裁定者になったことを不満に思う人が大勢いるだろう」と批判!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年4月25日、米ツイッター社の取締役会が、世界的な資産家・イーロン・マスク氏による買収提案を受け入れることで合意したと発表した。

マスク氏は、トランプ元大統領のアカウントが強制凍結された際、「西海岸のハイテク企業が、言論の自由の事実上の裁定者になったことを、ものすごく不満に思う人が大勢いるだろう」とTwitter社の対応を批判。今後のマスク氏の動きとTwitter内の言論空間に与える影響に注目が集まっている。

マスク氏とツイッター、買収案で合意 総額約5・6兆円

米ツイッターの取締役会は25日、大富豪イーロン・マスク氏による買収提案を受け入れることで合意したと発表した。買収総額は440億ドル(約5.6兆円)となる見込み。

ツイッターは今後、買収案について株主の承認を求める。買収手続きは年内に完了する見通し。同社は上場廃止となり、非公開企業になる。

~省略~

マスク氏は4月初めにツイッターの筆頭株主となった後、14日に430億ドル(約5兆4000億円)の買収を提案。ツイッターの取締役会はこれに対して15日、「ポイズンピル(毒薬)」と呼ばれる防衛策を取ると発表していた。

しかし、マスク氏が買収のための資金調達にめどがついたことや、他の株主から株式を直接買い取る「株式公開買い付け」も検討しているなど、買収方法をより詳しく説明したことで、取締役会は姿勢を軟化。協議が急速に進み、スピード合意に至った。

発表資料によると、マスク氏は借り入れなどで255億ドルを確保しており、エクイティファイナンス210億ドルを提供する。

マスク氏はツイッターに投稿できる内容の制限緩和や、偽のアカウント対策など幅広い変更を求めている。長文投稿や投稿後の編集機能追加も提案している。

米誌フォーブスによると、マスク氏の総資産は推定2736億ドル(約35兆円)で世界一の富豪とされる。最高経営者を務めるテスラの保有株が資産の大部分を占める。

~省略~

中でも特に話題になったのが、2021年1月の米議会襲撃事件の後、ドナルド・トランプ米大統領(当時)のアカウントを永久凍結したことだった。トランプ氏はそれまでツイッターを精力的に利用していたが、ツイッター社は「暴力行為をさらに扇動する恐れがある」としてトランプ氏の個人アカウントを凍結した。

これについてマスク氏は当時、「西海岸のハイテク企業が、言論の自由の事実上の裁定者になったことを、ものすごく不満に思う人が大勢いるだろう」と反応していた。

~省略~

ツイッターでは8000万人以上が、マスク氏のアカウントをフォローしている。そのマスク氏のツイートは時に、物議をかもしてきた。

2018年には米証券取引委員会(SEC)が、マスク氏は自分のツイートを通じてテスラに出資する投資家に誤解を与えたと指摘。総額400億ドルをSECに支払い決着したが、マスク氏はSECの指摘を否定し続けている。

2019年には、タイの洞窟(どうくつ)に閉じ込められた少年たちの救出に参加したイギリス人ダイバーを「小児性愛のやつ」とツイートしたことから、名誉棄損で訴えられたものの、米ロサンゼルスの連邦裁判所は原告の訴えを退けた。

~省略~

【BBC 2022.4.26.】

イーロン・マスクのTwitter買収で何が起こる!?「真の言論の自由がもたらされる」と歓迎・期待する声も!

出典:Twitter(@elonmusk)

なるほどね、これはなかなか興味深い展開だわ。
確か、マスクさんは、トランプさんのアカウントが強制凍結された時にも批判的な意見を発していたのよね。

イーロン・マスクについては、少し前に彼が出資している企業において、脳にチップを埋め込まれた猿が思念だけでゲームをすることに成功した一件を紹介したことがあったけど、今度は「Twitterの新たなる支配者」になることになったらしい。
この男、(メドベッドの開発といい)グローバル支配層の計画に沿って、最新のデジタル技術の開発・発展に大きく貢献してきたことは間違いないけど、一方で、グローバリズムを批判するような発言をしたりと、今一つ正体不明な部分があるのも確かだ。

今回、マスク氏は、Twitterの買収を通じて、内部のアルゴリズムを公開することを公言しており、これによって、これまでTwitterが(こっそりと)行なってきた世論誘導や大衆洗脳のノウハウやシステムが明らかにされる可能性がある。
当サイトでは、Twitterジャパンを含めて、Twitter社の体質そのものが「グローバル氏支配層にとって不都合な情報は有無を言わさず強制的に削除・統制する」という極めて共産主義的な腐敗体質にあることを批判してきたけど、マスク氏がTwitterをテコ入れすることによって、少なからずこうした体質が変わっていく可能性はあるだろう。

実際のところ、トランプさんの支持層や米共和党の支持者の人たちの間では少なからず歓迎する声が上がっているみたいですし、今後は、ウクライナ戦争の本質だけでなく、新型コロナワクチンについてのリスクに関する情報も、これまでと比べて自由に発信できるようになるかもしれないわね。

まだ蓋を開けてみないと分からない部分はあるけど、ボク自身は、これまでよりはいくらかマシな環境になるのでは…と楽観的に期待しているところもある。
どちらにしても、これらのツールを上手に使いこなし、どれだけ国内外で起こっていることを正確に分析することができるかは、ボクたち一般市民自身の能力にかかっているといえるし、今後のマスク氏とTwitterの動向について、注意深く見ていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事