【狂気】維新・丸山穂高議員「北方領土を戦争で取り返さないと」と発言→元島民が抗議!丸山氏は「酒に酔っていた」と釈明も、大騒動に発展!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月13日、北方四島ビザなし訪問団の一員として国後島を訪問した維新・丸山穂高議員(35)が、元島民の訪問団長・大塚小弥太さん(89)に対し、「団長は戦争で、北方領土を取り返すことには賛成ですか?反対ですか?」などと繰り返し問い質していたことが発覚。驚きと波紋が広がっている。

・大塚さんは、丸山議員の質問に驚きながら「戦争するべきではない」と諭すと、丸山議員は「でも取り返せないですよ」「戦争しないと、どうしようもなくないですか?」としつこく食い下がり、「戦争賛成」に誘導するような質問を繰り返したことが判明。

元島民の訪問団は、丸山議員に抗議の意志を表明しており、維新が釈明に追われている上に、国際問題に発展する危険性も発生してきている。

維新・丸山議員、国後島で「戦争しないと、どうしようも・・・」

~省略~

13日、北方四島の国後島から戻ったビザなし訪問団。参加した国会議員からとんでもない発言です。

「団長は戦争で、この島(北方四島)を取り返すことには賛成ですか?反対ですか?」(丸山穂高 衆院議員)

「戦争で?」(大塚小弥太 団長)

「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」(丸山穂高 衆院議員)

発言の主は大阪選出の日本維新の会、丸山穂高衆院議員。まるで「戦争をしないと島は返ってこない」とも受け取れる発言が続きます。

「戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」(大塚小弥太 団長)

「はい。でも取り返せないですよ」(丸山穂高 衆院議員)

「戦争するべきではない」(大塚小弥太 団長)

「戦争しないと、どうしようもなくないですか?」(丸山穂高 衆院議員)

「戦争は必要ないです」(大塚小弥太 団長)

これは11日、国後島の友好の家で訪問団の団長を相手に飛び出したもの。元島民らの地道な活動を否定するかのような発言を不快に思い、団員たちが丸山議員に謝罪を求めると。

「ホームビジット先でかなり酒をすすめられ、酒が入っていたところで。こういう形でご迷惑をかけたこと、改めておわび申し上げます」(丸山穂高 衆院議員)

そして、13日、根室で行われた記者会見で発言の真意を問うと・・・

「賛成か反対かという口調でそこにいる人に聞いている。あたかも私がそう思っていて押しつけるかのような話は間違い。誤解があるなら解かなければいけない」(丸山穂高 衆院議員)

~省略~

【TBS NEWS 2019.5.13.】

維新議員「北方領土を戦争で取り戻す」酔って発言 過去にトラブルで「禁酒宣誓書」提出…「いつ解禁したの?」

北方領土へのビザなし交流に参加した際、元島民で訪問団団長への「戦争で島を取り戻すことに賛成か」との発言をめぐって謝罪に追われた日本維新の会・丸山穂高衆院議員(35)は「酒が入っていた」というが、3年前にも飲酒トラブルを起こしていた。

しかも丸山氏は当時「禁酒宣誓書」を幹事長に提出したとツイッターで明かしていた。そのため、ビザなし交流での事態を受けてインターネット上では「いつ解禁したの?」と呆れる声が相次いでいる。

~省略~

「戦争」発言の時は「酒」を飲んでいたという丸山氏だが、この釈明で過去の飲酒トラブルが掘り返されることになった。15年末、酒に酔って居酒屋から出た後で、一般男性と口論になり、手を噛んだというのだ。16年1月上旬に報道され、党(当時は、おおさか維新の会)から厳重注意処分を受けていた。

「禁酒宣言をしていたのに酒飲んでたのはまずい」

さらなる問題はこのトラブル直後、丸山氏自身が「禁酒宣言」をしていたことだ。ツイッターで16年1月13日、

「先日の不始末について猛省と自重の決意の証として自主的に、禁酒宣誓書を今井(豊)幹事長へ提出してまいりました。あらゆるトラブルを予防するため、今後の議員在職中において公私一切酒を口に致しません」
と投稿していたのである。「32(当時)にもなって汗顔の至りでございますが、未だ至らぬ自らを刻苦精励してまいります」と反省する様子には、「応援してます」「失敗を成功に導ける議員であることを信じております」とエールも寄せられた。

ところが約3年後の今回、再び飲酒時の言動で物議を醸すことになった丸山氏。発言は領土問題交渉にも影響しかねないとされている。

~省略~

【J-CASTニュース 2019.5.13.】

ついに、日本の国会議員が「戦争」を肯定する発言を炸裂!「北方領土を取り返すには戦争しないとどうしようもないのでは?」と元島民を執拗に誘導尋問!


出典:YouTube

日頃から色々な問題行為を繰り返してきた維新の丸山穂高議員が、ついに取り返しのつかないような「前代未聞の大暴言」を繰り出して、怒りの声が大殺到しているわっ!
いくらお酒に酔っていたとはいえ、完全に一線を超えたレベルの信じられない発言だわっ!!

戦争というのは、言ってみれば、権力者が主導する「無差別虐殺行為」だからね。
日本の国会議員がこうした「殺し合い行為」を肯定した上で、「北方領土を取り返すには戦争しないと…」などと発言したのは、恐らく日本の戦後でも例のなかったことなのではと思うし、ついに日本の議員の「反知性化」と「国民の生命軽視」がここまできてしまったんだね。

元島民の人にこんなことを繰り返し問い質しているということは、「あなたたちが自らの命を懸けて戦争しないと」と言ってるようなものだし、それだけでも、「失礼」なんていうレベルをはるかに超える、とんでもない次元の質問だろう。
こんな質問をされた元島民の人もさぞかし驚いただろうし、さぞ、昨今の日本の国会議員の狂気や劣化に恐れおののいたことだろう。

改めて考えても、正気の沙汰じゃないし、完全に常識や良心が破綻してるとしかいいようがないわっ!!
この議員の頭の中は一体どうなっているのよっ!!

丸山穂高議員と言えば、これまでも、安倍政権の共謀罪の強行採決を「鉄砲玉役」として全力で後押ししたり、一般の人のツイッターアカウントにストーカーと見まごうほどに粘着的に絡み、一般国民の精神を追い込んで面白がるような騒動を引き起こしたことも当サイトで紹介したことがあった。

これまでの丸山議員の行動パターンをみていた中で、いずれ、「さらなる問題」を引き起こすのではと思いながらみていたけど、(前にも述べたように)病的なまでに他者に対する配慮や思いやりが欠如しており、加えて粘着性や攻撃性がかなり強いのをみても、国会議員としてこの国の政治を任せるのはあまりにも危険であるといえる。
おまけに、本人は「酒のせい」にしてグダグダ言い訳してるけど、むしろ「酒によって本音・本性が出た」といったところだろうし、真正面から責任を認めようとしないずるさや卑怯さもよく出ている。

今回の騒動は本格的な日露の外交問題に発展する可能性があるし、領土交渉において、これまで以上に日本が不利な立場に追い込まれていく可能性があるだろう。
さらには、このニュースが世界の各国で報じられれば、日本の国会議員の異常性や狂気が世界に知れ渡ることになるし、日本の大幅なイメージ悪化も避けられないだろう。

ほんとに、日本の有権者が、政治へのチェックや審判を怠ってきたことで、こんなにまで日本の国会議員は腐りきってしまったのねっ!!
日々目に見えるように日本がどんどん崩壊していくし、この調子じゃ、”憲法改悪”とともに「戦争(殺し合い)やり放題」の国になってしまうのも時間の問題なんじゃないかしら!?

少なからず、丸山穂高議員については、議員資格剥奪などの厳格な処分を行なう必要があるだろうし、もっと日本国民が真に危機感を感じて、これまでの「人任せ」「政治権力のチェックの怠慢」を深く反省した上で、「議員の質の向上」に本気で取り組んでいく必要があるんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告